FC2ブログ
   
07
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

新しいもの 古いもの

WindowsXPパソコンとWindowsVistaパソコン、2つ並んでいると、ついつい古いほうのパソコンのほうの電源を入れてしまいます。

しかし、この頃は生徒さんもVistaでOffice2007を使っている人が徐々に増えてきて、質問も多くなってきました。

そしてデータもEXCEL2007で作成したものが送られてきます。

しかし、EXCEL2003で開こうとするとそのままでは開けません。

この辺がマイクロソフトのいやらしいところ。


もちろん私は、VistaマシンでExcel2007で開けばいいので問題がないのですが、まだもっていない人も多いですよね。

初心者の場合、いくら親切にマイクロソフトホームページより、「Word、Excel、および PowerPoint 2007 用ファイル形式互換機能パック」をダウンロードするサイトに勝手に繋いでくれてもダウンロードすることに慣れていないために躊躇してしまいます。

不親切ですよね。2007を使っている人は、ファイルを作成して他人に渡すときは、相手のバージョンを聞いてそのバージョンにあわせて保存形式を選択しなくてはいけません。


まずファイルの拡張子を確認します。するといままで3つの文字で構成されていた拡張子が、うしろにxがついて4つ文字になっています。

エクセルの場合、エクセル誕生以来、行数は増えても、列数は変わりませんでした。それが、エクセル2007では16,384列に増えてしまいました。

行が増えるのはこれまでもありましたが、データの下の方が変わるだけで、使わなければ問題ありませんでした。しかし列数は1行目から使うので、互換性が無くなってしまって当然のことだといえます。

えっ、なに言っているかわからない?

う~ん、つまりOffice2007になると色々と変わっているよ・・・という話でした。






スポンサーサイト



Comment

Secret

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる