FC2ブログ

WORD2010

WORD2007が発売されて3年半。

WORD2010が6月に発売されました。

この頃は2010で文書作成をしています。慣れると色々と便利な機能がみえてきます。

WORD2007と大きく変わったところ・・・

Word 2007では、写真を挿入すると自動的に書式タブに切り替わり、リボンの左端にある画像の明るさやコントラストを変更したり、画像全体の色調を変化させる効果がありました。

Word 2010ではそれらに加えて、「アート効果」機能が搭載されています。

アート効果では、画像にぼかしをかけたりブラシ処理をしたりといった、画像編集ソフトに搭載されている「フィルター」のような効果を与えられているため前もってレタッチソフトで作業をしなくてもWORD内で加工ができます。

また、Word 2007以前では、テキストのデザインはフォントの種類や大きさを変更すること、色を変更することぐらいしかできませんでした。

文字のデザインを変えたいときは、「ワードアート」を使うことをやっていましたが、Word 2010では、テキスト自体の輪郭を強調したり、影や光彩などのデザイン指定ができるようになっています。



Word 2007にも翻訳機能は搭載されていましたが、「リサーチ」を使って翻訳結果を別ペインに表示するといった方法でした。

Word 2010では「ミニ翻訳ツール」を有効にしておくと、単語や段落を文書上で翻訳できるようになっています。
これってとても便利な機能だといえます。


私が今後是非使ってみたい機能のひとつにOffice 2010全体の目玉機能となっているコラボレーション機能があります。

SharePointまたはWindows Live経由で、複数のユーザーが文書を同時編集できるようになったというのです。

Word 2010も共同作業が可能で、複数のユーザーが同時編集した場合、各ユーザーが編集している段落ごとに、排他制御がかかる仕様になっているとのこと。

つまりひとつの文書を複数の人で編集をできるということ。

これって試してみたいなと思っています。

まぁ、ただ、かえってイライラすることになるかもしれないかな、とも思いますが。

今日はネットで購入したPhotoshopElements8をWindows7マシンにインストール。

VistaマシンにはPhotoshopElements7を入れているのですが、やはり8との違いも把握しておかなくてはいけないと思い購入しました。


写真を最大化するところが、いきなり違っていましたね。画面にフィットなどというアイコンができていましたね。
そうそう、はじめてPhotoshopElements8を購入する方。

正規版じゃなくて、乗り換えアップデート版がお薦めですよ。フリーソフトのレタッチソフトなどを持っているだけで乗り換え版対象者となりますので、安く購入することができます。

ネットで安く買うのがいいですね。ショップによってはアカデミックや乗り換えアップデート版を取り扱っていないところもあったりもします。




スポンサーサイト



Comment

Secre

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム