パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。

私の周りに、高知出身の人が多いことは以前ブログでもご紹介しました。

当然日曜日の福山龍馬は、皆が見ており、回を重ねるごとに高知弁がやっと聞けるようになった、とか あれは歴史上あったとかなかったとか、岩崎弥太郎と龍馬の関係はどうだという話を月曜日に会うと話題に上り、時間を忘れて話をしています。

そんな中、今日9時から「「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説2010 春の2時間スペシャル!」 があり、龍馬のことが放映されるから見ると面白いかも・・・とお薦めが。

普段あまりテレビを見ていない私なので番組のタイトルを聞いても分かりませんでした。
9時になりテレビ東京を見ていてもなんだかタレントさんのよくわからない話が続いていたのですが、幕末、龍馬とフリーメイソンの関係の話になり、出演者も食い入るように話を聞き出しました。

Mr.都市伝説といわれている関氏がが日本の歴史は、かなり書き変えられたり嘘があるという衝撃的な発言からはじまり、「革命の裏にフリーメイソンあり」 坂本龍馬と密会していた黒幕の正体とは?GHQ最高司令官マッカーサーの本当の目的とは?さらに新紙幣、政権交代の真相が明らかに!
と話を盛り上げていきました。

私がダン・ブラウンの小説「ロスト・シンボル」を先日購入した話を書きましたが、これもその秘密結社フリーメイソンがらみのお話。

はじめて話を聞いた人はあの話を全部そのまま受け止めたかもしれませんが、以前から興味がありちょっと調べたことがある人は、見たり聞いたりしたことがある内容が出てきていました。

千円札1ドル紙幣の話は有名。


薩長同盟が坂本竜馬の海援隊から入手した武器は、イギリス人武器商人トーマス・ブレーク・グラバーが仲介しており、彼はフリーメイソンだったという話も出てきました。

しかし、グラバーは幕末長崎に住んでいたが、かれがフリーメイソンだった証拠はないという説もあります。


フリーメイソンに関する都市伝説はかなりたくさんあり、ネットで検索すると出てきます。

興味がある人は自分で調べてみるといいですね。


スポンサーサイト
2010.03.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nao1219.blog102.fc2.com/tb.php/779-07b68f48