FC2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

シンガポール交通事情

2005年にシンガポールに行った時には、タクシーやMRTを使用して移動をしました。

今回は、ほとんど友達の運転する車とタクシーで移動をしました。

そんな中で気がついたこと。

まず一方通行が多く、3車線4車線で走ります。
しかし、行きすぎてもUターンできるところも結構あり、ぐるりと戻ってくることができます。

(シンガポールでは当たり前のことなのでしょうが、友達の運転がとても大胆に見えちゃいました(笑)許して~)


街中の道路では、ERP(Electric Road Pricing)と記されたゲートを多く見ることができます。

日本ではETC(Electric Toll Collection:自動料金収受システム)に相当するものであり、ゲートを通過するときに料金が発生します。


高速道路は基本的に無料で利用できるとのこと。しかし、場所や時間帯に応じて料金が変わるとのことでした。


高速道路には、日本のようにここから高速道路といったゲートがないため、いつの間にか高速道路に入り込んでいつの間にか高速道路を出ているといった感じです。

一番料金が高い時間帯は朝の通勤ラッシュ時といわれているようです。

こうした制度を導入するにあたり、ゲートを通る車を認知する必要があるため、シンガポールの車両には識別装置IU(In-vehicle Unit)の備え付けが義務付けられています。

場所場所によってカードが使える使えないではなく、どこでも使えるものになっているのがすごいなと思いました。



識別装置は期限付きで、無料で貸し出されているとのことなのですが、たとえばホテルのパーキングにあちこち車を止めたのですが、日本のように人が立っているのを見たことがありません。



通常のパーキングでは、最初の1時間当たりは2ドル~3ドル程度。高級ホテルはさすがに6ドル7ドルとられるところもありました。

(私が、行ったときは、シンガポールは1ドル65円~67円程度)

日本も早くこのシステムを導入すべきですよね。ETCの設置などは個人持ちですからね、それよりはシンガポールのように無料で貸し出して、すべての施設を共通で使えるようにしたほうが便利だと思いますね。


ただひとつ、カードを認識するときに微妙に調節が必要らしく、車を前後にちょっと移動したりしていましたね。

ゲートによっては、カードを挿さなくてはいけないところもあるようです。

4車線道路


一時シンガポールに交通渋滞はない・・・と言われたこともあったようですが、車の台数も増え、雨の日はどうしても車での外出が増えるため混むようです。

クリスマスイルミネーションに見とれちゃうと渋滞にもなりそうですよね。








スポンサーサイト



<< セカンドライフが終わっちゃう!(>_ | ホーム | シンガポールの写真をUPしました >>


コメント

シンガポール素敵です!

こんにちは。
テンプレートクリスマスバージョンですね、素敵です!
小学生の娘とシンガポールの写真見させていただきました。
夜景の素敵なこと~
娘も「シンガポールってゴミを捨てたら罰金取られる国なんだよ!だからきれいなんだって!」と、最近学校で習ったことを、自慢げに言ってました。(本当かはわかりませんが…)

気まぐれネコさんへ

コメントありがとう!

お嬢さんがいうようにシンガポールは、ガムを持ち込むことも禁止。煙草に関してもとても厳しい制約があります。

ホームレスもいませんしね、街を汚す人はいるのですが、ちゃんとお掃除をする人がいます。

No title

シンガポールのイルミネーション素敵ですね。やはりその国によっていろいろルールが違い それもまた お勉強になります。ハワイも高速がなく そのまま通ったような覚えがあります。でも 先生はお顔が本当に広いですね。パソコンの先生として世界デビューも近々あるのでは??

娘の話は本当なんですね~

日本はポイ捨てする人が多いですよね…
シンガポール、見習いたいです。

ホームページ、何とかそれらしいものが出来てきました。
まだあちこち工事中ですが、地道に作っていきたいと思います。

http://homepage3.nifty.com/hana-neko/index.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP