FC2ブログ
パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。
USBの普及で、ほとんどCDに書き込みをしたことがないという人が増えました。

しかし、先日ある会社ではUSBのウィルス感染を防ぐためにUSBの使用が禁止になり、CDを急に使うことに。

Vistaパソコンを使い始めて1年以上経ってはじめてCD-Rへデータを書き込もうとCDを入れるといきなりフォーマットの画面が出てきてビックリ。

XPのときとは違い、簡単に考えていたのにこれって????

パソコンの説明書は、ほとんど何も書いていない状態。

自分で買ったVistaの参考書にも特にCD-Rへの書き込み方などの説明がなかったと、生徒さんから質問がありました。

今までもCDについての質問は何度かありました。

そうなんですよね。
Windows VistaではDVDやCD-R/RWへの書き込み方式として、「ライブファイルシステム形式」と「マスタ形式」があります。 

ライブファイルシステム形式は、フロッピーディスクやUSBメモリのように、データを気軽に追加したり削除したりできたりします。(削除といっても消したことで容量は元に戻りません)

マスタ形式 ・互換性が高いため、作成したDVDやCD-R/RWを、別のパソコンやCDプレーヤー、 DVDプレーヤーなどの他の機器でも読み取れる形式です。


ただ、すべてのファイルを一度に書き込む必要があり、書き込み後に個々のファイルを 削除することはできません。ライブファイルシステム形式よりも速く書き込むことができるので、ファイルの数が多かったりデータの容量が大きかったりする場合に適しているといわれています。

ただ、問題は他のOSとの互換性の問題。

XPで読み込めないという問題やXPで追記ができないという問題があります。

私は、G○○eW○yのノートパソコンを購入してすぐこのことをメーカーに問い合わせたことがあります。
そのときは、書き込み用ソフトを使ってくださいという回答でした。

ライブ形式にはバージョンを選択するところがあります。このバージョンによってCDの読み取りができなかったりします。

CDなどは、一度書き込みをして、他のもので読みとれなければ意味がありません。

フォーマットの形式なども古いものを切り捨てるような方法ではなく過去のものもすべて使えるように互換性があるようにしてくれるといいんですけどね。






スポンサーサイト




【2009/10/22 08:14】 | 生徒さん質問
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック