FC2ブログ
プロフィール
 

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
 

 

2007年07月05日(木)
一時ファイルのお話

 
テレビのテンプレートいかがでした?

見にくいと不評でしたので、通常の形に変えることにしました(笑)

さて、ちょっとひと言に書いておいた一時ファイルのお話。

今パソコンサークルでもこの削除の仕方について話をしていたので、ちょっとひと言にも記載しておきました。

ロマネコンチさんがコメントの欄に書いてくださったようにマイコンピュータのCドライブを右クリックしてプロパティを表示  ディスクのクリーンアップボタンをクリックすると出てく一覧の中にTemporary Internet Filesというのと一時ファイルと書かれたものがあります。

簡単に分かるのは、それらの言葉の左にあるアイコンの形。
Temporary Internet Filesには、ブラウザのマークがついていて、一時ファイルにはWindowsのロゴマークがついています。

この2つは保存されているフォルダが違います。

一時ファイル(Temporaryファイル)とは、色々なプログラムが動作するときに一時的に作られるファイルのことです。
通常はそのプログラムが終了するときに一時ファイルも自動的に削除されるものです。
しかし、強制終了してしまった場合や、フリーソフトなどの中のちょっとタチの悪い(?)プログラムの場合は、一時ファイルを残したままにしてしまうこともあります。これら一時ファイルの残骸は無駄にディスク領域を取ってしまうばかりか、残しておくと色々と問題を起こすことがあるようです。
Windowsの一時ファイルはC:\Windows\Tempの中に作成?保存されています。

一方Temporary Internet Filesは、インターネットで、初めて訪れたページを読み込むときには時間がかかったのに、2度目以降はすんなりと読み込める・・・つまりこれはキャッシュファイルのおかげです。
ただ、この頃はブロードバンド時代。キャッシュに頼らなくてもよくなってきました。

キャッシュファイルは、Internet Explorerの場合はC:\Windows\Temporary Internet Filesフォルダに保管されています。

なんだかパソコンの動きが悪いな・・・なんて感じだしたらこれらのファイルを削除してあげる ディスクのクリーンアップをしてあげるといいですね。

初心者の人は、なんだか難しそう・・・と思ったかしら。
でもこのことは、大切なことなので覚えておくといいですよ。



スポンサーサイト



 
 
 

Comment


    
 

有難うございました

質問を主題として取り上げていただき、また分り易くご説明いただき、大変有難うございました。

2007/07/06(Fri) | ロマネコンチ | URL | Edit