FC2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

スタンバイ・休止・スリープ

前のコメントの欄で質問をいただいたので、ここで答えたいと思います。
まず、XPのスタンバイ状態とVistaのスリープ状態の違いは微妙にあります。

詳しくは後で話をしますね。

次にセキュリティのことが心配なのだと思いますが、スタンバイ状態にしていて、勝手にネットワークを介して「知らぬ間に自分のパソコンが悪用されていた」ということは、セキュリティの設定をきちんとしているパソコンでは、基本的にありません。

「いつの間にか勝手に・・・」なんていう記事は、FireWallの設定などを全くしていない、セキュリティソフトの導入をしていない、Windowsのアップデートもしていないパソコンで、スタンバイ状態で何かがあるのではなくて、復帰した際に・・・といった感じだと思います。

ただ、スタンバイ状態でもソフトの設定でタイマーでセットした録画予約やウイルススキャンなどの時間になれば自動的に復帰して実行することなどもできます。このときに何か?あればわかりませんが・・・。

また、WakeOnLANが有効で外部からのPacketでスタンバイから復帰して、侵入されその後スタンバイになった・・・なんてことも考えられますが、そういうことは本当に稀なことです。


せっかくですからXPの機能のスタンバイ状態や休止状態について、Vistaのスリープ状態について少し勉強してみましょう。

以前は(XPSP1)スタンバイ状態からの復旧状態で良く問題が起きるということで結構皆さん敬遠していました。

スタンバイ状態とは、グラフィックス機能やハードディスク、そのほかのデバイスの電源をオフにすることで、消費電力を抑えるモードです。

ただし、メモリには電力が供給され、実行中のデータがそのまま保持されるため、復帰するのに数秒程度しかかからないという便利さがあります。

よくビジネスマンが、ノートパソコンを持ち歩いていて途中いちいち起動だのシャットダウンだの切り替えるのが面倒なときもこのスタンバイを使うのですが、メモリへの電力供給は行われているため、バッテリ不足になってしまうことがあります。

 休止状態とは、ハードディスク上にメモリの内容を退避してから、メモリを含む各デバイスの電源をオフにするモードです。

電源オフと同様の状態となるため、ノートPCのバッテリ駆動でもバッテリの電力は消費されません。
 
スタンバイ状態ではデスクトップの状態をディスクに保存しないので、スタンバイ中に電源障害が発生した場合は、情報が失われることがあります。したがって、スタンバイにする場合、自分で必要なものはきちんと保存してからにしてください。


Windows VistaではXPとは違い、終了させようとマウスを電源マークのところに重ねると、「スリープモード」に入るようになっています。

シャットダウンは、違うメニューから入る形になっています。スリープモードとは、これまでのスタンバイと休止状態を兼ね備えたモードといわれています。

デスクトップPCでスリープに入ると、パソコンの現在の状態をメインメモリーとHDDの両方に保存します。

この状態で電源がオンになるとスタンバイから復帰するのと同じこととなり、高速に復帰できます。そしてスリープ中に停電したり誤って電源コードを引き抜いてしまった場合など、電源が完全にオフになってメインメモリーからデータが失われてしまった場合は、HDDに保存されているデータから復帰する。つまり休止状態からの復帰になります。

 一方ノートPCの場合はデスクトップPCとは違い、スリープに入るとまずスタンバイ状態になり、一定の時間が経過、またはバッテリー残量が一定以下になると、HDDへデータが待避されて休止状態に入るようになっています。

聞くところによると、Windows Vistaのロゴを取得するPCは、スリープモードからの復帰時間が2秒という企画があるそうです。家電感覚で即座に復帰できるようにというマイクロソフトの考えの表れだそうです。

また、話は違いますが、セキュリティの面からいうと、Vistaの機能として何か新しいソフトを起動したりインストールしようとすると必ず私たちに許可を求めてきます。つまり勝手に何かをインストールしたりはできないよう工夫されています。私もVistaを使っていて、勝手にプログラムを変更しようとしているフトドキものに出くわしたことがありますが、おかしいと思ったら、許可しなければいいので、便利でした。

なんだかだらだらと書いてしまいましたが、少しは、わかっていただけたでしょうか?


スポンサーサイト



<< 父の日  | ホーム | パソコン ストレス >>


コメント

有難うございました

各モードの微妙な違いを分り易くご説明いただき、大変有難うございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP