fc2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴30年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

カメラのAI機能

この頃、Aiの話題を多くここで取り上げています。

「興味がないわ」 というひともいらっしゃるかもしれませんが、私たちは「知らない関係ない」と言いながらいつの間にか使っていたりします。

例えばもうずいぶん前からカメラ機能に顔認識機能などがあります。

カメラが人を認識してきちんとピントを合わせてくれる機能。

とても便利だと感じたと思います。


これは、 被写体認識AF機能というもの。

AI技術を用いて、人物、動物、乗り物など、さまざまな被写体を自動で認識し、ピントを合わせることができるようになっているのをご存知だと思います。
この機能はコンパクトデジカメの時から人の顔に四角い枠が表示されて、ピントがあうようになっていました。

カメラが新しくなればさらに進化し、動物の顔なども認識できるようになりました。
高速で精度の高いピント合わせが可能になり、動きの速い被写体や暗い場所での撮影でも、ピントを外しにくくなりました。
私も以前のカメラでは人だけ認識できましたが、鳥などはできませんでした。
新しく購入したカメラには「鳥」という設定もありました。
ただ、望遠で遠くにいる鳥に対しては、まだまだ認識はしてくれず、「おぉ認識した」と感じたのはまだ数回ほどです。

またこの頃のカメラには 高画質処理というものにもAIが使われています。
AI技術を用いて、ノイズを抑え、解像度や色再現性を向上させることができるというもの。
特に、高感度撮影時や暗い場所での撮影において、ノイズが目立ちにくくなり、より鮮明な画質を実現することができるようになっています。
デジカメが出始めのころ、ISOをあげなくては撮影できないし、上げて撮影すると粗いし使い物になりませんでしたよね。
この頃はISOをあげても粗くならないというのがあります。

ミラーレスデジカメも新しければ新しいほどこれらの機能が進化していっています。

誰でもきれいな写真が撮れる・・・もちろんこれでは面白くないというのもあると思いますが、デジタルカメラというのはそういうものだということです。

また、先日も生徒さんたちに画像編集ソフトの説明をする際に、カメラで明るさの調整ができなくても後ろボケがうまく撮影できなくても画像編集ソフトでどうにでもなる・・・なんてことを話をしました。

画像編集ソフトも進化しています。

カメラを購入するときは、より新しい機種でどのようなAI機能が搭載されているのか?チェックが必要ですね。

さて、写真展のご案内はがきをいただきました。

3月20日水曜日~3月24日日曜日
9時半から17時まで
響きの森 桶川市民ホール

第14回 桶川市写真連盟展

桶川市Y紗伸連盟展

スポンサーサイト



<< 雪が降りだしちゃった 小鹿野 | ホーム | 接種証明アプリ終了!次は・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP