FC2ブログ
プロフィール
 

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
 

 

2020年10月19日(月)
トラッキング防止を自分でコントロール

 
トラッカーとかトラッキングという言葉をご存知でしょうか?

トラッキングとは、追跡、追尾という意味の英単語です。

ITの世界では、人の行動やシステムの挙動、データの推移などの情報を継続的に収集、監視することによってネット上での営業活動をしていたりします。

行動ターゲティングもそのひとつですが、この頃は各会社が導入しているCRM MAなどにそれらのシステムが入っていて多くのトラッカーがネット上では動いています。

CRMとは、Customer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネージメント)の略語で、「顧客関係管理」や「顧客管理」などと訳されます。

MAは、マーケティングオートメーションの略です。

なんのこと?と思われるかもしれませんね。例えばあなたがあるネットにアクセスをします。

気になる商品を検索してそのサイトに行きつくともっと詳しい情報の動画をご覧になるには、簡単なメールアドレスとペンネームだけ入力してください と書かれていたりします。
そこに入力をすると、あなたが喜びそうな情報を次から次へと情報を送ってくるようになります。

企業のほうから見ると、自分の会社自分たちが売る商品にユーザーが興味を持ってくれたけれどまだ買ってはくれていない状態です。
この状態から何とか商品が売れるようにユーザーを育てていくといったことをしていくのです。
この流れの中でトラック(追跡)というのが行われていきます。

Web サイトは、トラッカーを使って、閲覧の動作に関するデータを収集します。
ユーザーが、クリックしたコンテンツなど、サイトの操作方法に関するデータを収集していきます。

また、Web サイトによっては、コメント セクション、記事をソーシャル メディアに共有するボタン、パーソナライズド広告などの機能を有効にすることもできます。

トラッカーには、ユーザーがお気に入りのショッピング サイトやニュース サイトに移動したことを追跡できます。Web での行動に関連した広告が表示されているように感じられることがあるのはこのためです。

自分たちの会社に何分滞在したか。どの商品情報に何分アクセスしていたかということをもとに営業活動をするのです。

コロナ禍で、営業マンが企業をまわって営業活動することができません。どこの会社も「足で稼ぐ」なんていくことができなくなっています。
オンラインでの営業活動が増えています。そして各会社にCRM MAの導入の検討が進んでいます。

しかしユーザーがわからするとちょっと気持ち悪いと感じたりもしますね。
システムによっては、お客様がメールを受け取ったこと いつメールを開いたか なんていうのもわかるようになっているものもあります。
そこでいやいやこれらのトラッキングに関してユーザに管理させようとしているのがブラウザのトラッキング設定です。

EdgeやGoogleの設定の中でトラッキングの設定などをするところがあります。
これが働くと「ネットの表示ができません」とか「このサイトにつながりません」なんていうのが表示されたりします。

トラッキングすべてが悪いのではありません。もし全部拒否をしてしまうとどのホームページも見ることができなくなってきたりします。
自分でコントロールする必要が出てきます。

皆さんも自分がネットサーフィンする際にそういうことがネットの世界ITの世界で行われていることを意識しておくことは大事だと思います。

トラッキング


この画面にもあるブロックされたトラッカーというところ見てみるとどんなところからのトラッカーなんていうことも見ることができます。

皆さんも確認をしてみてくださいね。そして自分でコントロールしてくださいね。

あぁ、サイトが見えなくなるのは困るから気にしないという人も定期的にCookieや閲覧履歴は削除するといいですね。
Microdoft Edge Google Chromeの両方ですよ。


スポンサーサイト



 
 
 

Comment