FC2ブログ

クラウドって何?③もうクラウドなしでは考えられない

あまりにもたくさんあるクラウドのサービス。

そしてクラウドの多くは、サブスク(サブスクリプション(subscription)という契約が多くなりました。

サブスクとは、料金を支払うことによって、一ヶ月や一年などの一定期間サービスを使う「権利」を得られるビジネスモデルのことと言われるものです。
アプリの提供は、ネットからになりました。

継続してずっと使ってもらうためにこのような購入の仕方になってきています。
これによって月々の支払いが安く常に最新の状態で使えるようになっています。

パソコンショップ や 電気屋さんでアプリを購入するということがなくなりましたね。

アプリはネットからダウンロードするもの。例えばウィルスソフトはそのほとんどがクラウド型です。
マカフィーもウィルスバスターもノートンアンチウィルスも・・・。

これによって、昔はウィルスソフトをインストールすると動作が重くなるといわれていた原因のパターンファイルをクラウド側に保管しているので、端末の負担は少ない状態になっています。



会計ソフトもクラウド型です。
従来までの会計ソフトは、ソフトウェアを購入してそれを会社のパソコンにインストールすることで利用ができました。

これに対しクラウド会計ソフトは、ソフトウェアそのものを購入するのではなく、サービス提供会社に対して使用料を支払うことで、インターネット経由で利用できる会計ソフトのことを言います。つまりサブスクです。
これによってバックアップをUSB等に取る必要がなくもしパソコンが使えなくなってもデータをすぐに取り出せるようになっています。


皆さんの身近なものでは写真の管理をするのに便利なクラウドがあります。

前回説明をしたGoogleの中にあるGoogleフォトもそうですが、カメラのメーカーガ提供してくれているNIKONやCANONなどのクラウドのサイトがあります。
サムネイルで表示されていて写真を閲覧するのにフォルダーごとに整理ができて便利です。
またamazonのプライム会員になっている人は、ビデオを無料で閲覧できたり配送料がただになったりamazonのドライブも自由に使えて写真をこちらに保存していらっしゃる方もいます。

色々なサービスがクラウドを使うことにより
◆USBメモリーやHDDなどにデータを保存する必要なくなりました。

◆データファイルの共有が簡単にでき、共同作業も可能になり、いちいちデータを送るという手間がなくなりました。

◆万が一パソコンが壊れてもまた災害に遭ってもクラウドにデータがあればすぐに復旧させることができます。

◆新しいパソコン、スマートフォンでも即座に今までのデータが利用できます。

◆パソコンのHDD SSDは大容量のものを用意しなくてもよくなりました。

どうですか?クラウドの利点はご理解いただけましたでしょうか?

もちろんデメリットもあります。
なんといってもネットにつながっていないとダメだということです。

またネットにつないでそのサービスを利用するための「鍵」をなくしてはいけないということです。

それはアカウント(メールアドレス)とパスワードです。

他人に盗まれないようにしなくてはいけないため定期的にパスワードの変更などが必要です。

まだまだ便利なクラウドのサービスはあります。
ネット上に音楽をアップロード また権利を購入することによりいつでもどこでも音楽をどのデバイスからも聴くことができます。
昔レコードやCDを購入していたんですって、そういうお店があったらしいわよ と言われる時代がきます。


スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる