FC2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

撮影した後は・・・

先週、サークル「花」でデジカメ撮影に群馬のボタニックガーデンとあしかがフラワーパークに行ったのですが、それぞれが撮影した写真を今日は持ち寄り、お互いに見てみました。


接写がうまくいかなかったもの、白飛びがおきてしまったもの、手ブレでぼけてしまったもの、反省点はそれぞれにありましたが、皆さんなかなか素敵な写真が撮れていました。

当日はお天気が良かったのに空が白く写ってしまったという人・・・これは太陽がある方向の空は白っぽく写ってしまいがちなんですよね。

それに対して太陽とは反対の方向の空は青く写ります。そのため太陽の光が風景に対して順光気味にあたる時間帯または方向に気をつけて撮影してみると綺麗に写せます。

おっとここで、順光について話をしておくと被写体がデジタルカメラ側に見せている面に当たる光のこと。

○太陽  カメラ▲ →  被写体□

逆光は、被写体の無効側からデジタルカメラに向かってくる光のこと

カメラ▲ 被写体□ ← 太陽○

被写体に対して斜めに当たり光を斜光 横から当たる光をサイド光といいます。

撮影をするときは、これらの光のあたり方も気にしながら撮影するといいですね。

自分が撮影した写真が、お天気がよかったのに何故か空が青くないとなげていた人・・・次は気をつけて撮影しましょうね。

次に白飛びというのは明るい部分が白くなりすぎてその部分の色や質感が出ていない状態になってしまったというもの。

生徒さんいわく、私のカメラはいつもこのように写ってしまうとのこと。(笑)

まぁ、AUTOモードで撮影をしていると、カメラのせいって感じがしてしまいますが、これは、後で修正したくてもレタッチソフトで修正があまりできません。

えっ、なぜかって?
写真の白飛びした部分はレタッチソフトで暗くしてディテールを出そうにもデータが存在しないために調整できないんです。

白く写った空を青くしろと言われても・・・私も困ります。(>_<)

原因は、露出オーバー。

マニュアル撮影に変えて、ISO感度を自分で設定してみること。
撮影した直後に、気がついたらすぐに撮りなおしをしたほうがいいですね。
カメラによっては、白飛び警告がでるものもあります。
もういちど説明書を見てくださいね。

ぼけてしまっているのは、1つにはファインダーではなく液晶を見ながら撮影をしている場合は、なかなかお天気の日は画面の確認もしづらくて、だいたいこの辺でパチリなんてやってしまっているので、ピタリとは撮影できていなかったりします。

カメラは簡単なようで難しいですね。

下手な鉄砲も数打ちゃ当たる・・・といった感じでの撮影・・・まぁ、これでもいいのですが、同じモードで数を打っても当たらないので、少し設定を変えて次回は撮影をするといいですね。

パソコンと同じでデジカメも経験ですよね。

色々と撮影しているうちに理屈じゃなく分かってくることがあります。



スポンサーサイト



<< さいたまアリーナに行って来ました | ホーム | 久しぶりに・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP