FC2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

東京大学生態調和農学機構 観蓮会

東京大学ハス見本園 というのが西東京市にあります。

今年は6月25日と7月23日 7:00~11:30 一般公開される日
200種を超える品種コレクションのうち見学可能な一部が公開されるということで行ってきました。

普段いつも原市蓮池で見ている古代蓮とは違う品種
色の違い 花弁の数の違い 色々と勉強ができました。


東京大学ハス園

観蓮会

蓮の種類は豊富です

東大ハス園
この花弁何枚あると思いますか?

学術員の方のお話では数えたらなんとなんと3000枚の花弁があったのだそうです。

ハス園

白とピンクのコントラストがなんともかわいいですよね。
ハス園

品種によって中央部分の花弁が内側に曲がるものがあるとのこと。
ハス園

東大ハス園

1つの茎に2つの花がついています。
公開日が限られているために私達は見ることができません。
もしかしたらホームページなどで公開をしてくれるかもしれないとのことでした。
とても貴重なものだそうです。

1つの茎に2つの花が

ハスの茎にホースがつけられていました。
水が葉脈を伝って放出しています。
面白いですね。
茎にホースがつけられています

水が葉脈をつたっています。
面白いですね

葉脈から水が飛び出しています

黄色とピンクのコントラストもかわいい

月のほほえみ

つぼみ

入り口のところにはひまわりの迷路もできていました。
久しぶりにひまわりの写真も撮ることもできました。

ひまわり

ひまわりの迷路


限られた時間 近くの方は毎年来ているという方もいらっしゃいました。
ちょっと埼玉からでは遠いですね。

しかし近くに小金井公園もあり、以前ブログでも紹介をしました江戸建物博物館などとセットで、興味がある方は来年計画をされるといいかもしれませんね。

ハスに関する色々な質問にも答えてくださいますよ。

睡蓮と何が違うの?とか食べるハスと何が違うの?といったことにも応えてくれていました。

私の写真館でも写真をご紹介をしますので、ご覧になってくださいね。
スポンサーサイト



<< 東京大学生態調和農学機構  農場博物館その他 | ホーム | 私の撮影場所 秩父 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP