FC2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

言葉を楽しもう

生徒の部屋に10月11月のテーマ「秋の空」の投稿写真を掲載しています。

まだ全部ではありませんので、時々チェックしてくださいね。

秋の空といえば・・・

「女心と秋の空」なんて言いますよね。これって本当は「男心と秋の空」だったらしいですよ。
男の好色さに関する諺だったとされるらしいのですが、いつからか、女心に変わったそうです。

秋を表す言葉はいっぱいあります。

写真を見てもらうとわかるように青天の日の空の色がとても綺麗ですよね。

うららかな秋の日のことを「秋麗 あきうらら」といいます。

湿度も低く、さっぱりと乾燥した感じで爽やかな様子を「秋乾く あきかわく」といいます。

秋の朝の表現は、「秋暁」といった季語を使ってもいいですね。

秋に現れる雲は 鰯雲 鯖雲 うろこ雲 羊雲

みんな同じものらしいですね。見る人によって自由に表現をしていいとなっているようです。

雲のひとつひとつの大きさによって使い分けている人もいらっしゃるようですね。
秋の大きな特徴ですね。

コスモスなどが咲き乱れる風景なども秋に良く見られますね。

今年は早い時期から見られていた感じがしますが、秋草の花が咲き乱れた野などは「花野」といったりします。

花野原 花野風 花野道 花野人なんて言葉も綺麗ですよね。

日本語は素敵な言葉がいっぱいあります。

夕暮れ時の様子を表す言葉には「黄昏時」「逢魔が時(おうまがどき)」「薄暮(はくぼ)」なんていうのもあります。

「逢魔が時」「薄暮」は、日が暮れて闇夜が訪れる時間帯のことを言います。

日が沈む前のこの時間が空の色がとても面白いと思っています。

浅葱色に見えることもありますよね。

う~ん、どこか見晴らしのいいところで素敵な写真を撮りたくなりました。

スポンサーサイト



<< 秩父路(上長瀞)撮影会 | ホーム | 久しぶりのお休み >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP