FC2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

芸術の秋 モネ展へ

先週の日曜日は、クラシックコンサートへ

そして今日の午前中は、東京都美術館で開催されているモネ展へ出掛けてきました。

芸術の秋ですものねぇ~。

スマホで撮影したので画像は汚いですが・・・。

モネ展


モネ展
モネ展


印象派を代表するフランスの画家。「光の画家」 クロード・モネ。

今回の展示会で面白いと感じたのは、モネが子どもの頃に授業を聞かずに描いていたカリカチュア(風刺画)
人物の特長をとらえて誇張して表現するものです。

そしてやはり素晴らしいと感じたものは

マルモッタン・モネ美術館でもっとも知られている「印象、日の出」

モネ展は12月まであるのですが、この「印象、日の出」は10月18日までの特別出展ということで、早く行かなくちゃ~といった感じでした。

美術館入り口には絵が描かれた位置から見る今の日の出の様子をビデオで見せてくれたりしていました。

19世紀に撮影された写真や地図をもとに、モネが作品を描いた場所を特定し、さらに作品から太陽の位置や潮位を調べ日にちなども導き出し、その時期と同じ状態で日の出を見ると・・・といったことでした。

数多い作品の中で、やはりこの「印象・日の出」は素晴らしかったですね。

近くで筆のタッチを見た後に・・・少し離れた位置から絵を見ながらしばらくその絵から受ける素晴らしい空気感を味わう。多くの人が足を止め、その絵を見入っていました。

何気ないように書かれたかの太陽 しかしその大きさ 色 は何ともバランスよく温かく、水面に映るその太陽の光 単純に線の組み合わせのようで・・・その存在感は素晴らしくその色は素晴らしかったですね。


モネの「睡蓮」は有名ですね。

庭園の池に浮かぶ睡蓮が、光により色々な表情を見せる・・・光の効果・水面に反射する情景を何枚も連作で描いています。

モネの作品は「積みわら」なども連作で描かれています。今回の展示会では、しだれ柳もそうでした。

同じ被写体でも季節や時間によって全く違う表情を連作で描いているモネ。

絵に関してまったくの素人の私は、単純に絵から受ける印象のみで「好きか嫌いか」と分けてしまいます。

私は、やはり強い色で描かれたものより、淡い色で描かれた絵のほうが好きですね。

静寂な雰囲気・その絵の中から感じる音や風

モネが人生の後半を過ごしたといわれるジヴェルニーという街。いつか行ってみたいという希望があります。

ジヴェルニーに行った後は、睡蓮の大作があるオランジュリー美術館の他、オルセーやマルモッタンなど、モネ作品を所蔵するパリの美術館などに行きたいですね。

まだモネが過ごした家も残っているそうですからね。

今年実はフランスに行く予定だったのですが、ボツになってしまいました。

いつか・いつか・・・って思っています。私がフランスに行きたい理由のひとつかな・・・。




スポンサーサイト



<< いろいろ・・・ | ホーム | インターネット・セキュリティ講座 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP