FC2ブログ

冬を撮る デジカメの扱い方

窓越しに外を見ると、お天気も良くさほど寒くないだろう・・・とサークルの皆さんと外に出て撮影をしました。

ホワイトバランスを変えての撮影、AUTO 太陽光 曇天 日影 電球 蛍光灯そしてカスタム設定

コンパクトデジカメだとあまり差が感じられないというものもあったりします。

ホワイトバランスはK(ケルビン)という色温度でバランスを取ったりします。

ケルビン値を下げてみたりあげてみたり・・・今日は風が冷たくて、10分ほど外にいるともう嫌になっちゃいました。

速攻、撤収・・・といいながら部屋に戻りました。

いやぁ~寒かった!!!

で、撮影したものなどを比較しながらお勉強をしたのですが、そこで出てきたのが冬、おでかけ時にどのようにカメラを扱ったらいいかということ。

説明書を見ると、カメラの対応気温が必ず記載されています。

一般的には0度から40度くらい。
カメラや電池、メモリカードなどの電子機器は寒さに対してデリケートなので扱い方を気を付けなくてはいけません。


特に気温が零下になるような場合には十分な寒さ対策が必要で、電池が使えなくなったという話はよく聞くことです。

ポケットで電池を温めておく。 時には人間ではなくホカロンで電池を温めて使ったりします。


そして最も怖いのは結露。

寒い屋外から温かい室内に入ることによって急な温度差が生じることで、カメラが曇ってしまう事があります。

内部まで曇ればカメラが故障する原因になります。

温度には次第にならして行く必要があります。

私は、タオルで巻いて使わなくなった毛糸の帽子の中にくるんでデイバックなどの中に入れていたりします。

冬場、どこに撮影に行きますか?

生徒さんたちに氷や雪の撮影大丈夫?って聞くと「寒いのはいっぱい着れば大丈夫だからOKとのこと」

う~ん、でもすぐに逃げ込むところがなくては、ちょっと辛そうですね。

冬の撮影会なんぞもできればいいですね。

靴は、アイゼン付きのものをご準備いただくようでしょうか。

ヘルメットもかぶってもらわなくてはだめかな・・・。(笑)

まぁ、冬も楽しんで撮影をしましょうね。



*********************
話はまったく変わって・・・

皆さんは「ずいき」ってご存知ですか?

私は大人になるまで食べたことがなかったのですが、昔初めて料理をしたときに何倍にも増えて・・・といった経験があります。そのずいきを使った五目寿司を差し入れしていただきました。

シイタケのだしがきいていて、人参やずいきがいっぱい入っていて、美味しくいただきました~!!!
ずいき 五目御飯





スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる