FC2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

夜景の撮影について

私はカメラのプロではありませんので、エラそうなことは言えません。

でもデジカメになって、フィルム代がかからないようになり、デジタルの世界ということでパソコンをやっているものにとってはとても身近になりました。

カメラがここまで普及したのもやはりデジタルになったからだと思いますね。

比較的パソコンはテキスト通りにやっていればできるものですが、カメラはそうはいきませんね。

同じシチュエーションがありませんので、その場その場でやはり設定も変えていく必要があると思います。

まぁだからこそ面白いのかなとも思います。

先のブログも読んでいただけましたか?

写真を見ていただけるとわかるのですが、街灯の写真を撮った時間帯が実はベストの時間帯のようです。

空がちょっと青みがかっているでしょ。

この写真です。
街灯



夜景を撮るときには、本当に真っ暗になる前の時間帯がいいと言われています。

その下の2枚はまだちょっと早い時間といった感じ。

本当に真っ暗になると難しくなりますね。

私の講座を受講している方ホワイトバランスの違いについて勉強をしていますよね。

青っぽく写るのは?

そう、電球モードでしたね。

AUTOで撮影をしたものと本当はホワイトバランスを触ったものを撮影したものとを比較のために撮影するべきだったと今になって後悔しています。

皆さんもこれから夜景を撮影に行かれる時は、日が完全に落ちる前にスタンバイをして、ほんの短い時間ですが狙ってホワイトバランスなども変えて撮影されることをお勧めします。
最低でも1か所で5枚ずつくらい撮影をしていくといいみたいですね。

それからキャンドルの撮影は、やはりなんとなく撮影してはだめですね。

きちんと望遠などでピンポイントで被写体をとらえれば、他の灯りを玉ボケとして撮影ができます。
きらきらと光った感じで撮影するためには、やはりピントを合わせることが大事ですね。

私は普段三脚を使わないので、実はとっても使うこと自体が下手です。

ある程度はブレない自信があるので、シャッタースピードが遅くても「大丈夫」と自信満々に撮りますが、やっぱりボケボケになってしまいます。
昨日はあっちもこっちも短時間に回りたいといった感じでしたので今度は1か所で、そうですねレインボーブリッジや港または工場地帯の撮影なんぞにも挑戦したいですね。


今日からメール・セキュリティ講座がスタートしました。

金曜日のインターネット講座にも日曜日のPhotoshopElements講座にも出席している受講生の方から、先生もう席がどの講座どうだったかわからなくなったよ~(笑)と言われました。

毎回講座ごとに当然ですがお席が違います。

沢山受講してくださる方はリザーブ席をご用意したほうがいいかな、なんてこともちょっと思ったりしてしまいました。

あくまでも勝手に私が思ったことですが・・・。


スポンサーサイト



<< 生徒の部屋 | ホーム | 撮影のお稽古 ライトアップ編 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP