FC2ブログ
   
07
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

自動バックアップは外付けHDDへ

今日は、いきがい大学OBの皆さんたちと各自のパソコンのバックアップCDまたはDVDの作成をする方法を勉強しました。

メールアカウントの設定も単純にエクスポートするだけではなく、設定画面をキャプチャーして保存することや各設定の見直し、メールアドレスのバックアップ メールのエクスポート さらにインポートしなくてもそのままメールを確認できる方法なども勉強し、容量を確認しながらCD-RやDVD-Rに書き込みました。

バックアップは大事なのですが、自動バックアップに関しては注意が必要です。

今日も1件ご相談を受けたのですが、いつのまにかDドライブが真っ赤になってしまった。いつの間にかHDDがいっぱいになってしまったのですが、なぜ?というもの。
これはCドライブのバックアップを自動で行うように設定し、それも同じHDDのDドライブに指定してしまったために起きる現象ですね。

容量がいっぱいになり表示が真っ赤になり、もうこれ以上書きこめないというところまできてしまう・・・。

自動バックアップをするのであれば、外付けのHDDなどを用意して行う必要があります。

ただ、これも自分が意識をして、いざという時にそこから復元できなくては意味がありません。

したがって、まずこのような現象になったら、バックアップを停めてしまうか、外付けHDDを購入してそちらにバックアップ先を指定しなおす必要があります。

自動バックアップは、パソコンを起動して検索で「バックアップの作成」と入力してみてください。
生徒さんはWINDOWS7でしたので
7の場合
1.[スタート]ボタンスタート→[コントロールパネル]をクリックします。
2.「コントロールパネル」画面が表示されます。”システムとセキュリティ”項目の[バックアップの作成]をクリックします。
3.「バックアップと復元」画面が表示されます。画面に左側のメニューの中から[スケジュールを無効にする]をクリックします。
4.”バックアップ”項目の”スケジュール”に”なし。[今すぐバックアップ]を選択して、バックアップを手動で実行してください。”と表示されます。
5.右上の[×]ボタンをクリックして閉じます。

外付けHDDを購入して、バックアップを取るということであれば、ドライブを指定しなおしてあげればいいということになります。
そしてDドライブのファイルを削除してあげれば、Dドライブを有効に使うことができます。

バックアップは、自分が後で見てわかりやすく作っていくことが大事ですね。

今日は、生徒さんたちにフォルダの名前も 20141105バックアップという名前を付けて、中のファイルにも最初に読む必要があるうものには、自分で最初に読む・・・などというファイル名を書くようにと指示をしました。

バックアップはとったけれど、今度それをどのように使ったらよいかわからないということがないように、きちんとファイルを作っていくことが大事ですね。

スポンサーサイト



Comment

Secret

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる