FC2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

シニアのためのデジカメ入門講座5回目

今日はホワイトバランスのお勉強。

室内で撮影すると赤っぽくなってしまう・・・とか、雪の日に撮影をしたらなんだか青っぽく写ってしまった

なんてことを調整するのが「ホワイトバランス」

思っていた色と撮影した写真の色が違っていたなんてときに調整をします。

私たち人間の目はどんな環境下でも色を正しく判断できるのですが、カメラはそうではありません。
ホワイトバランスは、光源によってメニューが用意され、状況にあったものを選択することができます。

基本はAUTOで撮影して問題がなければ大丈夫。

そこで、教室で白い紙を用意してきちんと白く撮影できるのか。などという実験をしました。
ホワイトバランスのお勉強


AWB:オート カメラの設定に任せて撮影
太陽光:晴天の屋外で撮影
曇天:曇天や夕焼け空などを撮影
電球:白熱電球下で撮影
蛍光灯:蛍光灯下で撮影
マニュアル:基準となる白い被写体で設定

などというものがあります。
蛍光灯は3種類くらいにわかれているものもあります。
それぞれの設定を確認

フラッシュあるなしの違いで色にどんな影響があるかも・・・。

曇天
曇天

電球
電球

なんでもAUTOで撮影をしていたのにホワイトバランスなんてメニューはどこにあるの?

といったところからのお勉強。

なかなかメニューを覚えるのは大変ですね。

AUTOのメニューとプログラムモードやマニュアルモードのメニューは違います。
細かく設定するときは、まずAUTOからもモードを変えるところから覚えなくてはいけません。
説明書はこのメニューはどんなモードだったら使えるか、ということが書かれています。

「みなさ~ん、どうですか?ちゃんと違いがわかりましたか?」ってたずねると・・・。

「せんせ~い、みんなぼけてます~」という答え。(笑)

なになに?どうしてどうして?ホワイトバランスの前にピント合わせにまた戻ってお勉強?

ということで、ピントが合わない人にはちょっとしたコツ ポイントを再度個人レッスン。

「あ~できるようになった!!!」

1枚1枚完璧にピントが合うようになって、生徒さんも思わずにっこり

「この講座に出て、せめてピントが合うように 撮影ができるようになって帰ってね・・・。」

「もう残り1回の講座、そのあと一人で大丈夫???」と聞くと

生徒さん「だめー」との答えで、みんな笑っていました。

「ここにくるとできるんだけど、家に帰るとできないんだよなぁ~」って。

残り1回の講座。しっかりと最後は復習をして、今回の入門講座を終えましょうね。

秋にはステップアップのデジカメの講座もありますし、この講座が終わってからすぐ続けてファイルの整理の仕方や写真の活用の講座もあります。


だんだん撮影することが楽しくなってきたとおっしゃってくださる生徒さん。

そのうち「生徒の部屋」にも投稿してくださいね。

そうそう、6月7月の課題の「雨」  このところの大雨はチャンスではないですよ。 間違っても命がけで撮影しないでくださいね。





スポンサーサイト



<< 不安定なお天気 | ホーム | 夜中にくるわくるわ・・・ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP