FC2ブログ
プロフィール
 

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
 

 

2008年01月20日(日)
お勉強

 
炬燵に入って、パソコンを目の前にしてテレビを見て・・・。

「所さんの目がテン」 皆さん見ました?
面白かったですよね。

今日は液晶テレビとプラズマテレビの違い 長所短所
そして有機ELや未来の3D映像が見られるテレビの紹介など興味深いものでした。

ついついテレビを見ながら、パソコンでレポートしてしまいました。

そしてパソコンでも検索して液晶テレビとプラズマテレビの比較をしっかりと調べてみました。

まず構造について・・・
プラズマ方式とは、重ね合わせた2枚のガラスの内部にネオンガスなど封入し、そこに電圧を加え、蛍光体を光らせる方式。赤(R)、緑(G)、青(B)に塗られた小さな蛍光ランプが並んで1枚の画面を作っているイメージ。それぞれの色が自ら発光するために暗い映像のときは、液晶よりも省エネになるとのこと。

逆に液晶ディスプレイは、2枚のガラス板の間に液晶を挟みこむ構造で、ブラウン管のように自身で光らないため、背後からライトを当てて映像を映しています。
液晶は電圧を加えることによって、光を透過したり遮断したりする特性があるため、「光のシャッター」の役割を果たしているとのこと。
正確には、液晶の分子の並び方が変わることで光の量が変化し、様々な明るさを作り出すことができるのです。これらが、ひとつひとつの画素で行われることで、前面にあるRGB(赤、緑、青)のカラーフィルターを通り、映像となって映し出されます。つまり明るい映像でも暗い映像でも光の量は同じということ。

明るい映像の場合、プラズマに比べてお得感がありますが、暗い映像でもおなじように発光しているわけですから、こちらはプラズマに負けてしまうことになるそうです。

液晶の欠点は、早い動きに対して残像を残してしまうこと。
液晶テレビは、今まで1秒間に60コマでの表示だったのですが、 これに倍速駆動を利用して1秒間に120コマにすることによりブレをなくしているものが出てきているのだそうです。
液晶を買いたいと思っている人は、お店でフルハイビジョンで、倍速駆動と書かれているものを購入するといいそうですよ。
そうそう、フルハイビジョン207万画素のことも説明していました。
きれいな映像に拘るならば、解像度の低いものでは駄目だということは、パソコンやデジカメで勉強済みですので、その辺は皆さんもよくわかりますよね。

我が家はまだ古いパソコンで、地デジでもありません。(>_<)

まだ壊れていないテレビを手放すことができなくて、ぎりぎりまで使うつもりです。

早く有機ELが安くならないかな・・・と思っています。

有機の"EL"はElectroluminescence(エレクトロ・ルミネッセンス)の略。

電気的な刺激によって光が出る冷光現象の総称ということで、白熱電球のように、熱の副産物として得る光と区別されるそうです。ホタルの光をイメージして・・・ということでした。

特長は、画質の良さ、消費電力の低さ、薄さ。特に有機ELの薄さは、既に発表されている試作品でも3mm程度と、液晶やプラズマとは一線を画しています。 壁掛けテレビや壁貼りテレビがドンドン出てくるでしょうね。

電気製品もしっかりと勉強をして買いにいくといいですね。

パソコンも実は同じように勉強していくと楽しいんですけどね・・・・。

ふぅ~、朝から勉強したなぁ~。









スポンサーサイト



 
 
 

Comment