FC2ブログ
パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。
パソコン初心者の方にネットの便利さを教えることは楽しいのですが、ネット上に潜む危険なことを話をするのは講師としてあまり好きではありません。

ネット=危険なんて思ってほしくないですからね。

でもきちんと情報を伝えることが大事。

このブログでもこんなことには気を付けて…とお声掛けをすることで、自分の身にふりかかった時に回避できますからね。


今日は「詐欺」について、情報を少し。

ネット上の「詐欺」は色々あります。

言葉だけでも覚えてもらって自分でも調べてみてください。

「ワンクリック詐欺」

画像やリンクをクリックしただけで契約は成立したと言い張られて、料金を支払わないと高額な延滞金を加算するとか法的手段に出るとか、あなたの家は分かっている・・・なんて脅されるものがあります。


「フィッシング詐欺」

私のところによくメールがくるのですが、ある銀行のそっくりさん。

本物そっくりの詐欺ページに誘導されて、そこで暗証番号などを聞きだそうというもの。


このフィッシング詐欺に類似した詐欺「ファーミング」というものもあります。

利用者に偽造メールを送るなどしてリンクをクリックさせるところはフィッシング詐欺と同じ。
次にネットワーク設定を変更させるウィルスに感染させて、この設定変更でルーターなどの設定も替えてしまうものなどもあります。

「ドライブバイファーミング」というものもあるので、皆さんも調べてみてください。



「架空請求詐欺」

メールで身に覚えのない請求書が届いたりするもの。

これは、裁判所や公証役場などが訴訟関係者に書類を郵送する際に利用する「特別送達」というのに似せたものがあります。

こういうのが届くと一般的にはぎょっとするのですが、まずポストに無造作に配達されるということはありません。

きちんとしたものはまずハガキではこないとのこと。

また郵便局員がきちんと配達証明書にサインをするためにピンポンしてくるということ。

よーく考えて身に覚えがないことやポストに投げ込まれていたら、これはおかしいと思ってください。

では、これらのものをどうやって調べたらいいのか?

私が「  」で書いているところは自分で言葉をまず検索をしてみてください。

NPO 日本ネットワークセキュリティ協会  というサイトや

フィッシング対策協議会  情報処理推進機構(IPA) などのサイトもご覧になってみてください。

ご自分がインストールしているウィルス対策ソフトのメーカーサイトも必ず見ておきましょう。

色々な情報が掲載されています。

何事も予防が大事ですね。


いまさらですが、あなたのパソコンはちゃんとウィルス対策はしていますか?

スポンサーサイト




【2014/01/21 08:03】 | インターネット
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可