FC2ブログ
パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。
先日サポートに行ったある会社で、社長さんにWORDのレクチャーをしました。

入力の基本 ファンクションキーの使い方の話をすると「えっーーーーーーー」「それって、前からついてた?」とのご質問。

私「・・・」

「ファンクションキーが以前からあったかどうか?ファンクションキーの6から10がひらがなやカタカナ・半角カタカナ・全角や半角英数字になる機能ですか?」

「私の記憶が確かであれば・・・私がパソコンを始めた20数年前から確実にこの機能はありました。」

と答えると

社長さん「うっそぉー」

全部スペースキーで変換していて、WORDってちゃんと変換しないとか、いちいち日本語入力ONOFFを切り替えて入力をしていたとのこと。

社長「天を仰ぎ・・・今までの苦労が・・・」「今までの時間を返して・・・」(笑)

じゃあ、何でも分かっていないかというと、なぜかこの社長さん、文節の区切り直しなどはばっちりできていました。ここを理解しているのはすごいですよね。

思わずパチパチと拍手!!!

それからWORDの素晴らしい機能をまるで私が作ったソフトであるかのようにレクチャーしました。(笑)

社長「WORDってすごいんだね」

ですって!

WORDって使いづらいなんてことを思っている人がいますが、実はちゃんと勉強をするとなかなかすぐれた機能があり、文書作りをするうえでとても便利な機能がたくさんあります。

知っているか知らないかということ。

この頃サークルでは、小冊子のつくり方の勉強をしています。

スタイルの設定、目次の設定 表紙の挿入 そして小冊子の印刷といったことなのですが、難しいと感じていたことがちょっとした作業で簡単にできてしまう。

勉強をしているかしていないか、ですね。

我流で勉強することは悪いことではないのですが、きちんと順序立てて勉強することも大事ですね。


スポンサーサイト




【2013/10/09 13:14】 | パソコン
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可