FC2ブログ

自分が知らない世界

前の記事ではたくさんの「拍手」ありがとうございました。

みんな、自分が知らない世界は興味がありますよね。

どうやって商品の撮影をするんだろう。

プロのカメラってどんなの使っているんだろう。

ってね。

それが拍手の数になっているのだと思います。

1つ教えてあげましょうね(別にもったいぶるわけではないけれど・・・)

講座のときにファイルの形式のお話をします。

写真の場合RaWファイルjpegファイルのことを話します。


一眼レフデジタルカメラや高級なコンパクトカメラでは、撮影でRAWファイルとjpegファイルを選択することができるようになっています。

RAWデータは、撮像センサーから出力されたデータをそのままに近い状態で、12~16ビットで記録しています。

生データなんて言います。

一方でJPEGは、カメラ内部の処理エンジンによって8ビットに圧縮記録しています。圧縮の際に色や階調などの情報が間引かれてしまいます。

したがって、jpegは最初から圧縮ファイルという言い方をします。

私たちは、RAWで撮ることはありません。ほとんどjpegですね。

で、雑誌用の写真を撮るカメラマンは・・・。TIFFファイルでした。

TIFFファイルは、JPEGに比べて滑らかな出来上がりになると言われています。

雑誌などの撮影では使われていますが、一般的にはデータ量が大きくなるので使われませんね。

でどのくらいのデータ量かというと・・・。

なんとなんと1枚が30MBから40MBのデータ量です。

えっ?分からない?

通常一般的なコンパクトカメラで1000万画素程度のカメラでjpegで撮影をすると、1枚のデータ量は4MB程度です。

つまり1枚のデータ量がその10倍だということです。

まぁですから、性能の悪いパソコンではまったくデータのコピーすらできないといった感じになります。

今回はWEB用でしたので本当はそんなデータ量は必要がなかったのですが、カタログにもリーフレットにもなんにでも使えるように配慮をしてくれました。

したがって、4GBのコンパクトフラッシュは、すぐにいっぱいになってしまいました。

結局撮影では12GB使用しました。

すべてのショットを露出を変え、ほんの少し角度を変えて撮影。

もちろんマニュアルモードです。そしてすべて失敗なし・・・(笑)ここがすごい!!!

さすがプロって感じです。

撮影会に1日出かけて200枚程度撮影をして、さてさて何枚お気に入りがあるかしら・・・なんていうのとはわけが違います。

撮影が終わり、「はい」ってメディアを全部預けるかっこよさ!

素晴らしいですね。(こんなことに感激をしています!!!)

そう思いません?思った人「拍手」なんてね。

うそうそ、調子にのって言ってるだけです。

6月7月の写真のテーマは「雨」

梅雨に入ってもちっとも雨が降りませんでしたが、ようやく昨日まとまって降りましたね。

鎌倉のアジサイも雨不足で色が悪いとのこと。

農作物への影響も気になりますね。

でも台風というのも困りますよね・・・。

昨日は全くニュースを見ていませんでした。台風はいずこへ。



スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる