FC2ブログ
パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。
昨日は1日K社で仕事でした。

そして、社長の配慮で私は新しい分野の勉強をさせてもらいました。

皆さんは、ARという技術を知っていますか?

興味がある人は、是非自分で調べてほしいと思うのですが・・・。

ウィキペディアより引用
Augmented Realityの日本語訳

「オーグメンテッド・リアリティ」や、省略形のARも用いられる。

拡張現実感(かくちょうげんじつかん)とも言う。

拡張現実(かくちょうげんじつ)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。

スマートフォンなどにダウンロードしたアプリで、対象物にかざすと、バーチャルな世界が広がるもの。

この技術は、スマホやタブレットの普及により、急速に広がっています。

飲料水やお菓子などにはどんどんパッケージに使われています。

今年の春は、キットカットのパッケージに使われていて、受験生応援メッセージ ナオト・インティライミさんの歌 声が聞こえてくるというものもありました。

http://nestle.jp/brand/kit/campaign/juken2013/ar/

この技術についての説明。そしてどのように作っていくのか。

もしその技術を実際に御願いして自分の会社に引用するにはどうしたらよいのか。

話はどんどん進み、ARを作成するための素材集め。

そしてかしこまって改めて何かをするのではなく、iPhoneやiPadで録音をし、カメラで撮影し、ビデオで録画し・・・と瞬時に物事を進めていきます。

う~ん、このスピード、そして作成工程 とても興味があります。

えっ?いまいち何を言っているかわからない?

一番楽しく感じたのは、このアプリをダウンロードしたスマホやタブレットを持った人が池袋の駅からサンシャインビルまでペンギンがナビゲートしてくれるので、それを見ながら歩いて行けるのです。

360度の画像・GPS機能も使われていて、間違った方向に向けても歩きませんがきちんと方向を指示して教えてくれます。
目的地に着くとペンギンが踊っちゃったりして・・・。

う~ん、まだわからない?

私が使ったアプリは、ドイツで開発されたもの「junaio」というもの。

ドイツのmetaio(メタイオ)が開発したiPhone 3GS向けモバイル端末向けAR(拡張現実)アプリ「junaio(ジュナイオ)2.0」が5月11日、日本語対応で配信。

本当にできたてほやほやのアプリを私はアンドロイドスマホ プレイストアでダウンロードしました。


これを使ってカルピスウォーターのパッケージ AR広告が入っているものにかざすと人が飛び出してきて方言をしゃべったりします。

これは話を聞くより体験をしてみたほうがいいですね。iPhoneやAndroidスマホ タブレットを持っている人は是非経験してみてください。

こんな世界が広がっていっているんですよ。ちょっとワクワクする世界です。

今、政治家の皆さんもかなり興味津々。自分の分身たちがあちこちでおしゃべりすることもできるんですからね。バーチャルな世界を瞬時にそこに作ることができて、とても面白いものです。

私の生徒さんたちには、機会があったら経験させてあげましょうね。


朝から長くなってしまいました。

今日はお天気下り坂。

デジカメ入門講座も残り2回となりました。

今日は室内で「ホワイトバランス」のお勉強。そしてWindowsLiveフォトギャラリーやWORDに画像を取り込み編集をすることを勉強をします。

蒸し暑いかな?

夏大嫌い!な私です。元気を出そうとしてもだるくなってしまいます。

でもそんなこと言っていられませんね。今日も頑張りましょう!
スポンサーサイト




【2013/06/07 04:45】 | 会社サポート
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可