FC2ブログ
3月16日の朝日新聞の「てくの生活」にスマートフォンの選び方という記事が掲載されていました。

私が、スマートフォンの説明をしきてきたものと同じことが掲載されているのですが、ここで携帯電話のことを「フィーチャーフォン」と紹介していました。

皆さんはそういう言い方をしていましたか?

ちょっと舌を噛みそうな感じですよね。

フィーチャーというのは「特色」といった意味があり、それと電話を組み合わせた造語

インターネット接続、音楽再生、動画再生、GPS、デジタルカメラによる静止画・動画撮影、電子マネーな度が使えるのですが、スマートフォンとは異なるもの。

もちろん、皆さんがお使いのもので電子マネーが使えないものもGPS機能がないものもありますよね。

また「ガラケー」という言い方をするのですが、これは「ガラパゴス携帯」のことで、日本独自の携帯電話のことをいいます。

日本は平和な国ですからね、電子マネーなんていうのが使えちゃったりするのですが、こういう点が世界標準とは異なり、独自のものとなっていたりします。

もともとガラパゴスとは外の世界と断絶された環境をあらわす、という意味です。

ガラパゴス諸島が、外部から断絶された場所であったため、生物が独自の進化をとげたとされていることから、こういう意味になったと言われています。

先日の講義の時も私が「ガラケーが・・・」と話しているとそれってなんですか?と質問をされました。

ついつい使ってしまっていますが、こういう意味があるということ改めてご紹介しておきましょうね。

朝日新聞の記事は、初心者にわかりやすく書いてありますので、改めてお勉強になると思いますよ。

スポンサーサイト
Secret