FC2ブログ

神降地(かみこうち)散策

9月2日、昨晩帰ってきてからずっとパソコンに向かい仕事をしています。

そういえば、まだ上高地のことをUPしていなかったなぁ~ということで、ご紹介。

私のブログを読み続けている人は、私が何度も上高地に来ていることをご存知ですね。

今回タイトルは、神降地と書いてみました。昔はこう呼ばれていたんですよね。

なんだか素敵ですよね。

宿泊するところも色々と変えているのですが、今回は西糸屋山荘さんにお世話になりました。


西糸屋山荘


ネットで予約したので、プレゼントをいただけました!(^^)!

それから、宿泊客にはコーヒーがセルフサービスで朝と夜飲めるんです。

夕食後に一杯 そして朝食後にも一杯。 外からのお客様はコーヒー350円と書いてありましたから、なんてラッキーなんでしょう。
私はこれだけでも超HAPPY そしてお風呂から穂高が見えるのです。

無線LANも使えました。部屋から昨日の記事をUPしました。

まぁあいにく到着した夜は雷雨だったので、朝早く外に出ると雲が穂高にかかっていて残念でしたが、徐々に明るくなるにつれて雲も取れてきました。

奥穂高

河童橋から梓川の左岸沿いを上流へ、徒歩1時間あまり。

途中、水面から水蒸気が立ち上りそこに朝日が当たってとてもきれいな風景に出合うことができました。

写真でその雰囲気が伝わるでしょうか??? 

水蒸気と朝日

水蒸気と朝日


明神から梓川に架かる明神橋を渡ると明神池へと到着します。明神池は一之池と二之池、大小2つからなる池で、池畔には穂高神社奥宮が鎮座する神域です。

明神池

上高地は上でも書いたように、古くから神降地、神合地、神垣内、神河内と呼ばれていました。

善光寺名所図会(一八四三)に霊湖とされている明神池は鏡池、神池ともいわれています。

明神岳(穂高岳の一峯)の直下にして一の池・二の池からなり、奇石奇樹の島影は神秘ただよい、十月八日神池に浮かぶ龍頭鷁首の御船は碧潭に映えて美しく平安朝の昔を偲ばせると言われています。

明神岳


河童橋から明神池まで、ここに来たら必ず歩きます。往復10km 左岸から右岸へ

結構速いペースで今回は歩きました。

11時過ぎに戻ってくると雲も取れて朝と違ってかなりきれいに穂高が見えるようになりました。

河童橋より お昼

大正池
大正池から

大正池も来るたびに変わっていきますね。立ち枯れた木もだんだん減ってきて様変わりです。

去年の6月、長野県松本市の上高地に通じる県道と国道158号で、大雨による土砂災害が発生し、 道路が寸断されたことは記憶に新しいのですが、その爪痕がしっかりと残っていました。

また大雨が降れば、同じようなことが起きるのではないかと思うくらい、山肌が削られて手つかずになっているところもありました。怖いですね。

上高地には30年前から通っていることになります。

河童橋も今の橋で5代目。旧釜トンネルを知っている人も少なくなってきていますね。

とても薄気味悪い感じで、色々な言い伝えが残っています。

梓川の透き通った水の色 山の新鮮な空気 癒しの時間はあっという間に過ぎていきました。

さて、現実に引き戻されて、また頑張らなくっちゃ・・・。

次はいつ行けるかな?

そのうち、昔のように横尾まで入ってキャンプを張って、せめて涸沢あたりまで行きたいなと思うのですが、10kgを超える荷物はもう担げませんからね。

ちょろちょろとトレッキング いやハイキング程度を楽しむ感じでしょうか。



スポンサーサイト



コメント

No title

nao先生こんにちは!

先日の朝日新聞に、東電が大正池の土砂を浚渫しなくなったら池が無くなってしまうという記事が出ていました。

まさか?とは思いますが、一回は出かけないと思っています。

夫は退院して、徐々に良くなっています。
ご心配して頂き有難うございました。

ペコちゃんへ

まずは退院おめでとうございます。
本当によかったね!
心ここに非ず、旦那様のことが心配でパソコンどころではなかったと思います。
大正池、本当に様変わりしてきていますよ。
Secret

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる