FC2ブログ
パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。
今日は、新潟から上田まで来て、ちょっと用事があり日中はうろうろ

午後3時過ぎに上田を出て、上高地に入りました。

沢渡に車を止めて、タクシーで入りました。上高地に行ったことがある方はご存知ですが、マイカー規制をしているため通常は新島々からまたは沢渡からバスで上高地に入ります。

残念ながら最終バスが出たあとでしたので、タクシーになったのですが、運転手さんがいろいろと観光案内をしてくれたため、知らなかったこともわかってラッキーな気分になりました。

そして午後4時過ぎになると、なんとタクシーは河童橋まで入ってくれるのです。

これは、びっくりでしたね。

さて、上高地の話は明日に・・・ということで今日は戸隠神社の話を少ししてみたいと思います。

天手力雄命を祀る、戸隠神社の本社。

日本神話にある、天照大神が天の岩屋にお隠れになった時、無双の神力をもって、天の岩戸をお開きになった天手力雄命を戸隠山の麓に奉斎した事に始まります。
戸隠神社の御本社として全国に開運、心願成就、五穀豊熟、スポーツ必勝などの御神徳が広宣され多くの崇敬者が登拝されます。
参道は約半里(2キロ)、中程には萱葺きの赤い随神門があり、その先は天然記念物にも指定されている樹齢約400年を超える杉並木が続いています
(戸隠神社公式ホームページより)


まず入り口からの写真を順番にご紹介しますね。


奥社入口大鳥居をくぐり、約2キロの参道が始まります。


奥社入口

奥社参道


杉並木入口(=随神門)までは徒歩約15分、そこから奥社本殿までは約25分。


隋神門


木漏れ日がきれいでしょ。

杉並木

杉並木



でもちょっと暑かったですね。それにずっと上り坂が続きます。

杉並木を抜け、階段を上り本殿に至ります。

この階段の写真は振り返って撮ったもの。結構急ですよね。最後にこれですものね。疲れます。


急こう配

本殿
本殿


写真はクリックすると大きくなります。ブラウザの戻るボタンでまたもとの画面に戻ります。


一度は、この杉並木を歩いてみてはどうでしょうか?

ちょっと健脚じゃないと厳しいですが、パワースポット、ゆっくりと歩いてみてもいいかもしれません。






スポンサーサイト




【2012/08/31 21:53】 | 旅行
|

しばらく、うどんからソバに
昭JIJI
nao先生

おはようございます。

戸隠には、学生時代に出かけたことがあります。
もう50年近く前です。
そこで食べたソバに魅せられて、また、学校を卒業して、関東に住みついたこともあり、「うどん」から「ソバ」を食べるようになりました。
しかし、どうしても関西の「ケツネうどん」が食べたくて、また、うどん派に戻りました。
ななかなか関西風味のうどんもここらでは食べられませんが。

昭JIJIさんへ
パソコン講師なお
おはようございます。

九州も基本はうどんです。おだしがきいたおうどんはおいしいですね。
東京に出てきて、おつゆがおいしいお店に出合っていません。
根本的にお醤油やおだしの取り方が違いますからね。
学生時代d一番値段が安かったのがかけそばでした。
まっくろなおつゆが嫌いで、徐々にざるそばを食べるようになり、関東ではお蕎麦主流になりました。
だって、真っ黒なおつゆの中のおうどんなんてナンセンスですものね。

戸隠のお蕎麦、旬の時期に来るといいのでしょうね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
しばらく、うどんからソバに
nao先生

おはようございます。

戸隠には、学生時代に出かけたことがあります。
もう50年近く前です。
そこで食べたソバに魅せられて、また、学校を卒業して、関東に住みついたこともあり、「うどん」から「ソバ」を食べるようになりました。
しかし、どうしても関西の「ケツネうどん」が食べたくて、また、うどん派に戻りました。
ななかなか関西風味のうどんもここらでは食べられませんが。
2012/09/01(Sat) 05:42 | URL  | 昭JIJI #-[ 編集]
昭JIJIさんへ
おはようございます。

九州も基本はうどんです。おだしがきいたおうどんはおいしいですね。
東京に出てきて、おつゆがおいしいお店に出合っていません。
根本的にお醤油やおだしの取り方が違いますからね。
学生時代d一番値段が安かったのがかけそばでした。
まっくろなおつゆが嫌いで、徐々にざるそばを食べるようになり、関東ではお蕎麦主流になりました。
だって、真っ黒なおつゆの中のおうどんなんてナンセンスですものね。

戸隠のお蕎麦、旬の時期に来るといいのでしょうね。
2012/09/01(Sat) 06:19 | URL  | パソコン講師なお #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可