FC2ブログ
パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。
遅めの朝ごはんを食べてチェックアウト。

父:せっかくだから今まで行ったことがないところに連れて行ってあげよう・・・写真だって撮りたいだろう?

私:嬉しいけど私今回カメラ持ってきていないんだ。まぁコンデジは持っているけれどお天気も悪いし、どこに行くの?

父:九重に日本一の夢吊橋っていうのがあるんだ。そこに連れて行ってあげようと思って・・・。

私:絶句・・・・・・・。


父:ニヤリ(大丈夫大きくて揺れないし、見るだけだから)

私:えっ?山の中なんでしょ?車で近くまで行けるの?

父:すぐそばまでいける

ここまで読んで何人の人が笑っていることか・・・(>_<)

私は高所恐怖症ではありません。しかし、吊橋だけは大嫌いなのです。

怖いのではありません。嫌いなのです(ーー;)

だめ?こういうのは? バレバレ???

で、行ってみると、確かに立派な日本一のつり橋が目の前に。

サークル花のメンバーとも吊橋のところに確か行きましたよねぇ~。あそこも渡るのに有料でした。

ここも500円取られます。

駐車場からだって写真は撮れます。これで十分だと言うと、しっかりチケットを母が買ってきて渡されました。

ここで引き下がっては・・・と元気にゲートをくぐりました。

監視員のおじさんにさりげなく「揺れます?」と聞くと

おじさん:「はい、揺れますよ!!!」としっかりとしたお返事が。 全く躊躇なしで答えられました。

私:ハハハハハハ。そうですかぁ~。

橋の手前に大きな看板。

九重 日本一夢吊橋



いつもだったら何でも先頭で歩いて行くのですが、写真を撮りながら様子を見ていると、薄情な母親はさっさとわたり始めました。

傘をさしてはいけません。帽子は飛ばされますからはずしましょう。決してジャンプなどしないでくださいと監視員の人が注意をしています。

父は、私が本当は苦手だということを知っていて少し距離を置きながら見ています。

私、手前から10mいや20mは進んだかな。一応そこで床の写真とまわりの滝の写真も撮りました。

吊橋説明


もうここで十分、と戻ってきました(笑)

まぁそれが半端な揺れではないのです。縦揺れではなく横揺れです。

橋の床?はさほど穴が大きくないのですし足元がそのまま自分が落ちてしまうような感じではないのでいくらか大丈夫と思ったのですが、ここで頑張ってだれかに褒めてもらえるわけでもありませんからね。

小さい子も渡っているんですよねぇ~。情けない(@_@;)
橋の床

それにこの橋渡って何があるの?向こうに行って戻ってくるだけ?


くくくくくくぅ苦しい言い訳。

気が動転しているせいか写真が全部斜めです(笑)

皆さんには、楽しんでいただけたかしら・・・。

いつだったか生徒さんにどうして観覧車とか乗れるのに吊橋だめなの?と聞かれたことがあります。

乗り物は大丈夫です。でも吊橋ってこちらの意思を無視するでしょ。誰かが故意に揺らしたり上下の揺れも左右の揺れも予知できないじゃないですか?

実は、一度本当にぼろぼろのつり橋を渡らされてすっごく怖い思いをしたんですよね。

腰が抜けるというかいったん座り込むと動けなくなるんですよね。

とても優しい父親の配慮でまさかまさかの吊橋に行くことに。

もう帰ろう・・・ということで以前にも紹介した三連水車のところを通って帰ってきました。

実はお盆である明日から夜ライトアップされるのだそうです。

ちょっと夜ここにわざわざ来ることはできないため以前も撮影しましたが一応パチリ。

朝倉三連水車

なかなか雰囲気があるでしょ?

まわりはブドウ畑とか田んぼが広がる田舎なんですよね。ライダーさんや旅の途中の人が寄り道をしていましたよ。

水車

水がきれいなのはいいですよね。

水車

次回はきちんとカメラを持ってきたいと思いました。

まぁ本当はいつでも持ち歩かなくては・・・と思っているんですが、今回は仕事をするためパソコンだの書類を持ってきていたためさすがに重たくて最後の最後に諦めて置いてきました。

九州もいいところがいっぱいですよ。


特に九重の夢吊橋はいいですよ~!!!(しらじらしぃ???)(笑)

良かったら皆さんもお出かけください。



スポンサーサイト




【2012/08/12 20:06】 | 旅行
|

別府&吊り橋
みなみ
なおこ先生、こんばんは。

昨日の別府の記事は、いいなあ…と思いながら読ませていただきましたが、今日はクックックッ…含み笑いをしながら、読ませていただきました。

なおこ先生にも、弱点があったのですね。



みなみさんへ
パソコン講師なお
みなみさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね、みんなに怖いものがあるんですね?
なんて言われるんですが、私ってそんなに豪傑に見えるかしら?
結構駄目なものが多いんですよ(笑)

橋の床の写真に写っている左側の黒いズボンの男性が父です。
まったく、ブログネタとしてはgoodなんですけどね、私としてはなんでまたここに?といった感じでした。


吊り橋は、怖いですね
昭JIJI
nao先生

おはようございます。

先週、鬼怒川に出かけ、竜王峡にある虹見橋という数十メートルの橋を渡りましたが、橋の中央をさっさと歩き、渡り終えました。
すると娘も早く渡ってきました。
聞くと「嫌い」とのこと。
似たのですね。
家内と孫は、悠々と渡ってきました。

ところで、朝倉の三連水車は、何度も九州に行っているのに、行けませんでした。
写真で楽しんでいます。
今度は、行ってみたいと思います。

昭JIJIさんへ
パソコン講師なお
コメントありがとうございます。

昭JIJIさん、優しいお父さんでいてくださいね。
無理やりは・・・いけませんよ。(笑)

朝倉の三連水車は田舎にあるので、なかなかいけないと思います。
自由に車でいどうできないとこんなところはいけないのではと思います。


No title
カワゲー
なおこ先生こんばんは~

なんで苦手なことってあるんでしょうかね~
お墓参り千葉に行って来たんですがお墓の前に大きな木があって
そこで蝉がミンミンいってるんです

怖くて、怖くて2mぐらい離れたところから手を合わせ終ってしまいました・・・橋は大丈夫なんですけど。。。虫こわ・・・

カワゲーさんへ
パソコン講師なお
あれまぁ!!!

カワゲーさんが虫が嫌いだとは・・・。

むんぎゅと捕まえそうなのに(冗談!!!)

実は私はチョウチョが全く駄目です(^_^;)
蛇よりもダメです。

まぁ苦手なものは誰にでもありますよねぇ~。
それをネタにいじめてはいけませんよねぇ~。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
別府&吊り橋
なおこ先生、こんばんは。

昨日の別府の記事は、いいなあ…と思いながら読ませていただきましたが、今日はクックックッ…含み笑いをしながら、読ませていただきました。

なおこ先生にも、弱点があったのですね。

2012/08/12(Sun) 23:12 | URL  | みなみ #-[ 編集]
みなみさんへ
みなみさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよね、みんなに怖いものがあるんですね?
なんて言われるんですが、私ってそんなに豪傑に見えるかしら?
結構駄目なものが多いんですよ(笑)

橋の床の写真に写っている左側の黒いズボンの男性が父です。
まったく、ブログネタとしてはgoodなんですけどね、私としてはなんでまたここに?といった感じでした。
2012/08/13(Mon) 07:02 | URL  | パソコン講師なお #-[ 編集]
吊り橋は、怖いですね
nao先生

おはようございます。

先週、鬼怒川に出かけ、竜王峡にある虹見橋という数十メートルの橋を渡りましたが、橋の中央をさっさと歩き、渡り終えました。
すると娘も早く渡ってきました。
聞くと「嫌い」とのこと。
似たのですね。
家内と孫は、悠々と渡ってきました。

ところで、朝倉の三連水車は、何度も九州に行っているのに、行けませんでした。
写真で楽しんでいます。
今度は、行ってみたいと思います。
2012/08/13(Mon) 08:26 | URL  | 昭JIJI #-[ 編集]
昭JIJIさんへ
コメントありがとうございます。

昭JIJIさん、優しいお父さんでいてくださいね。
無理やりは・・・いけませんよ。(笑)

朝倉の三連水車は田舎にあるので、なかなかいけないと思います。
自由に車でいどうできないとこんなところはいけないのではと思います。
2012/08/13(Mon) 08:56 | URL  | パソコン講師なお #-[ 編集]
No title
なおこ先生こんばんは~

なんで苦手なことってあるんでしょうかね~
お墓参り千葉に行って来たんですがお墓の前に大きな木があって
そこで蝉がミンミンいってるんです

怖くて、怖くて2mぐらい離れたところから手を合わせ終ってしまいました・・・橋は大丈夫なんですけど。。。虫こわ・・・
2012/08/14(Tue) 23:44 | URL  | カワゲー #-[ 編集]
カワゲーさんへ
あれまぁ!!!

カワゲーさんが虫が嫌いだとは・・・。

むんぎゅと捕まえそうなのに(冗談!!!)

実は私はチョウチョが全く駄目です(^_^;)
蛇よりもダメです。

まぁ苦手なものは誰にでもありますよねぇ~。
それをネタにいじめてはいけませんよねぇ~。
2012/08/15(Wed) 05:57 | URL  | パソコン講師なお #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可