FC2ブログ

メモ帳って?写真サイズって?

mさんコメントありがとうございます。

ご質問の回答が長くなるので、こちらに書かせてもらいますね。

まずメモ帳ですが、スタートボタン→すべてのプログラム→アクセサリ→メモ帳
ということで探してみてください。矢印はマウスをポイントさせていきアクセサリという黄色いフォルダを探してください。その中に誰のパソコンでもこのソフトはあります。

メモ帳にあらかじめ記事を書いておきましょう。とブログ講座の時に話をしたことがあります。
これは、メモ帳で書く文章には属性がなく、テキストデータとなるためほかのソフトにコピー貼り付けするのに便利です。

ブログの記事に限らず、ネット上で調べ物をしたときにコピーをしてWORDなどに貼りつけると、何やら表が貼りついたりびっくりマークの記号が付いたりすることがあります。

文字のデータだけがほしいときは、WORDではなくこのメモ帳を利用すると、文字のデータだけを貼りつけることができます。

またメモ帳は、上の順番で探さなくてもスタートボタンをクリックしてスタートメニューにある検索のところでメモ帳と探すとすぐに出てきますよ。


ムービーメーカーなどで写真のスライドショーを作成するご質問ですが、写真の画像は、この頃1000万画素以上のものが普通ですね。
600万画素程度で撮影をしても3088×2056の大きさで1枚あたり1.8MBのデータ量があったりします。

スライドショーを結婚式や50インチ以上のテレビの画面で見るのであれば、サイズを小さくすることは薦めませんが、パソコンやネット上にアップする場合は、必ず写真サイズを小さくします。

これは、パソコンの画面の解像度が、ノートパソコンワイド画面でも1388×768程度しかありませんので、このサイズ以上にする必要がありません。

赤く数字を注目させていますが、つまり1388の横幅で表現するのに3088はいらないですよね。ということです。
したがって、何枚もの写真を使って使うスライドショーの場合、最初にサイズを小さくして作成するとよいということです。
このことによりパソコンにも負担がかかりませんし、出来上がりのスライドショーのデータ量も軽く作ることができます。

今はWindowsLiveフォトギャラリーで簡単にまとめてサイズ変更をすることができます。

フリーソフトでは縮小専用というソフトもあります。もちろんPhotoshopElementsを使うとほかのソフトと違って画質を荒くしないようにする設定などもありバッチ処理により一気にサイズ変更することができます。

1つのことをするのに色々なパソコンの知識が必要になってきます。

しかし、一度慣れるとなんでもスムーズにできるようになります。

是非チャレンジをしてみてください。

さて、今日は連休最終日。

変な天気ですね。晴れていたかと思ったら雷が鳴って雨が降ったり、そしてまた晴れたり。

明日から仕事かぁ~。気持ちを入れかなくてはいけませんね。



スポンサーサイト



コメント

なおこ先生、ご丁寧にお答を頂き、ありがとうございます。

ブログ講座で聞いたお話の中には、深~い意味があったのですね。
なかなか全部理解するところまでは行きませんが、少しずつやってみます。

みなみさんへ

みなみさんへ
わからないことがありましたら、なんでも質問をしてください。
何度でもわかるまで説明をしますので。
ところでメモ帳見つかりましたか?

No title

何度もおそれいります。

私のパソコンで見つけても、すべてのプログラム→アクセサリ、の中では
「メモ帳」という名前は見つからず、その下の「プログラムとファイルの検索」窓で
notepadと入れてみると、メモ帳と同じ画面がでたので(たぶん…)
それを使いました。

その後、グーグルの検索で、しつこくnotepadといれてみました。
「はてなキーワード」というページで、
「Windows付属のメモ帳というソフトの英語名」と書いてあったので、
まあ、同じものなのかな、と思いました。

たった一つの単語にも迷わされますv-11




みなみさんへ

確かに英語表記はそうですね。
ということは、みなみさんのパソコンは日本のメーカーパソコンではないのかな?

まぁ、同じですので、起動して使ってくださいね。
Secret

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる