FC2ブログ
パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。
昨日のイブは、どう過ごされましたか?

私は、年賀状作りでした。

最悪なのが、宛名の印刷を一気にやろうとセットをして1枚目を確認をしてプリンタから離れてほったらかしにしていたら・・・。

戻ってみると若干斜めに印刷されてしまい、やり直しになってしまいました。

う~ん、もったいない!

プリンタの後トレイに何故か?シャープペンのキャップが挟まっていてその分ずれてしまいました。

まぁ、気持ちが焦っているときってそういうトラブルってありますよね。

反省をしてしっかりと確認をしながら、再度印刷をしました。


★こういう私が失敗したネタをとても喜ぶ生徒さんがいます。 「先生もあんな失敗するんだぁ~、ときっと今頃笑っていることでしょう。

今年は、皆さんに教えたPhotoshopElementsの機能を使って作成しました。

私から習った人は、あぁ、これはこんな風に作っているんだぁ~、あれをつかったんだぁ~とわかる感じになっています。

いつもは写真の枚数も多いのですが、今年は少なく1枚の写真がしっかり見えるようにしました。

これは、以前ブログでも紹介をしたのですが、法事の席で会った、年賀状だけやり取りをしていた親戚の方に「年賀状楽しみにしているよ」と声をかけてもらい「もうちょっと1枚が大きいと写真が見られるのにぃ~」とリクエストをしてくださったのを受けてそのようにしました。

といってもあのハガキの大きさですからね、大したことはないのですが。

私にしては今年は年賀状作成はかなり早い取り組みでした(笑)

なんとか元旦には皆様のところに届くことになりそうです。


さて、昨日クリスマスカードを送ってくださった皆さん、ありがとうございました。

ネットのグリーティングカード、手作りカードもWORDで作ったもの htmlで作ったもの メールにいっぱいイラストを入れて送ってきてくれたものなどありました。

とても嬉しかったです。

そんな中、私が卒業した学校の姉妹校が東京にもあるのですが、関東支部の卒業生にはそこにいるシスターから毎年クリスマスカードが送られてきます。
全員に送られているのかな?たぶん、今から20年前くらいにシスターを訪ねたことがあったためだと思います。

私はクリスチャンではなく、在学中も宗教の時間などとてもいい加減に受講をしていたのですが(仏教でもキリスト教でも神教でもそれ関係の学校では必ず宗教の授業があります)やはり、聖書の中には胸打つ言葉がいろいろとあります。

カードに書かれている言葉を年に1度見るだけで、反省をしたり来年について希望を持ったりできます。
ありがたいことだと思っています。

イタリア系のシスターたちに対して私たちは「madre」と呼んだりもしていました。
madreってお母さんといった意味なのですが、シスターたちは当然独身。

あの頃、まだ30歳になるかならない年齢だったと思いますが、私たちは何も考えず「お母さん、お母さん」と呼んでいたのですね。


今ふと思い出しました。
スポンサーサイト




【2011/12/25 05:49】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック