FC2ブログ
パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。
今、県活の展示フロアに「ウィズNAO展」と書かれて、写真や絵や手作り絵本のようなものが展示されています。

ここ数日、県活に行くたびに「NAO」という名前が気になっていました。

私の「直子」という名前はドラマでもやたらと出てくる名前です。

まぁ、時としては幸せになるのですが、朝のドラマ「カーネーション」の怪獣のような「直子ちゃん」には少々苦笑いです。(>_<)

昨晩、パソコンデジカメ同好会の講座があったため午後6時頃に県活に行ったときに、生徒さんと一緒にぐるりと見せてもらいました。

誰かの個展?いやいろいろな人の作品があります。作品の傾向もさまざまなものが・・・。

どんなコンセプトで開催されているのか?

そこにいた方に聞いてみると・・・。

NAOというのは、息子さんの名前で「直人」のNAOでした。

数年前に友達の結婚式に出席するために出かけ、交通事故に遭い亡くなられたのだそうです。

ひとり息子の直人さんの遺品には、素人とは思えないような作品、イラストが数々あります。

お母様は、息子のために挿絵付の物語をご自分で書かれ、お父様は息子さんの赤ちゃんの頃から大きくなった姿を1枚の絵の中に納めて描かれています。

息子さんのイラストの中に十二支が描かれたはがきがあります。

蛇年の年賀状なのですが、蛇が中央にいて回りに他の干支がぐるりとお祝いに集まっているという構図。

とてもかわいい素敵な作品です。

こんな年賀状をいただけたら、とても嬉しいと思いました。

この展示会は今週いっぱい開催されています。

また自分たちと同じように子どもを突然亡くされた、家族を亡くされた方が震災のときにはいらっしゃる・・・ということで絵葉書や松ぼっくりのリースなどが売られて義捐金を集めていらっしゃいます。

この展示会を開催すると、「息子がそばにいるような気がする」とお母様が話をされていました。

そんな深い意味がある展示会だとは最初は思いませんでしたが、息子が自分たちよりも先に逝ってしまったというのは、本当に辛いことだと思い、この展示会が沢山の方の目に触れてほしいと思いました。

私は何もできませんが、ひとりでもこのブログを読んで展示会に行ってくれればいいな、と思って書きました。

ぜひお時間がある方、お出かけください。




スポンサーサイト




【2011/12/02 06:09】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック