FC2ブログ
プロフィール
 

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
 

 

2011年09月07日(水)
ところ変われば・・・

 
今回、2泊3日の旅行に出かけたのですが、1日目2日目は大雨に降られながらもだいたい予定のところを回ることができました。

そんな中ご当地の食べ物をいただいて驚くことがありました。

まず行く前から一度は食べてみて…と言われていた「伊勢うどん」

一杯400円で、目の前に出されたうどんを見てびっくり。そして食べてびっくり。

伊勢うどん

最初お汁を入れるのを忘れられたのかな?と思ったのですが、「混ぜて食べるんですよ」と言われてかき混ぜてみると真っ黒のお汁が。

あっというまにおうどんがお汁をすって、真っ黒うどんができあがりました。

珍しくて写真を撮っていると、隣に団体でいた若いお兄さんたちが「めずらしいの?」と声をかけてくれました。

「こんなの初めて見ました」「これふつう?」と聞くと

「ふつう~」「でもね、お汁のうどんと比べたらだめ、これは別物だから」ですって。

コシがなく、ふにゃふにゃの麺。

普段、コシがあるおうどんが好きな私は、なんだかすき焼きに入れたうどんを次の日に食べているような感覚。

のびきっていて、まとわりつく感じでした。

別物だと言われれば別物です。

お汁が濃いですね。しかし、これは簡単。かまぼこ一枚とネギがほんの少し入っているだけですものね。

お汁は専用のものが売っていますので、うどんを茹でてこれをかければ出来上がり・・・。

主婦にとってありがたい食べ物です。でも・・・やっぱり四国のおうどん 埼玉のおうどんのほうが好き!

みそうどんというのもあったのですが、これは赤だしというか赤味噌がこの伊勢うどんにからまったものでした。

喉に引っかかる感じ。でも食べなれるとおいしく感じるのでしょうね。

この柔らかさに慣れているとコシがある讃岐うどんなどを食べると呑み込めないということになるかもしれませんね。

この旅の中で一番おいしいと感じたのは、もちろん海の幸もおいしかったのですが「めはり寿司」でした。

一口サイズで酢飯を高菜のお漬物で巻いてあるものです。西日本では野沢菜よりも高菜を食べることが多いですよね。



めはり寿司

なんだか懐かしい感じがしてほっとする味でした。

ご当地のいろいろな食べ物にチャレンジするのは旅の楽しみでもありますね。

スポンサーサイト



 
 
 

Comment


    
 

おいしい話をありがとうございます

naoko先生

おはようございます。
伊勢うどんを私も食べたことがあります。
先生が言われているように感じました。
その話の中で、「すき焼きにうどん」とありましたが、関西では、よくやっていましたが、こちらに来ては、やっていません。
先生のお宅では、こちらでもそのようにしておられるのですか。
久しぶりに今度やってみようかと思っています。

めはり寿司も大好物です。
こちらでは、青高菜を売っているところが少なく、なかなか食べられません。
都内に出かけたときに、デパートとか、漬物専門店があるとのぞいてみて、あれば買ってきますが、あまり日持ちがしませんね。

本来、大きなものに高菜をまいて、かぶるときに大きく口をあけると目も大きく開くということで、めはり寿司という名になったと聞いています。
来週、都内へ出かけるので、探してこようと思います。

2011/09/08(Thu) | 昭JIJI | URL | Edit
 

昭JIJIさんへ

おはようございます。

そうですね、やはり西の人間なのですよね。
すき焼きは、高級品というより手抜きの料理でした。
九州は牛肉が安いですからね。
よく母親が、今日は晩御飯を作るのにあまり時間がないからすき焼きにしようかな、といった感じでした。
こしのあるうどんをちょこっと入れますよ。
身内だけのときは・・・。
きちんと作るときは入れませんが。

2011/09/08(Thu) | パソコン講師なお | URL | Edit