FC2ブログ
   
07
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

指導法入門講座 今年は土曜日開催

週末の土日はパソコンアート講座でした。

昨年メイン講師としてデビューしたE講師。

今年は2年目ということもあり私は担当からはずれて指導法入門の卒業生3名にサブを担当してもらいました。

受験に送り出す母親のような気分でした。

あちこちから聞こえてくる講座の様子から、無事に終了したのだな、ということがわかりほっとしています。

指導法入門講座も今年は11期生を迎えることになります。

卒業生たちはあちこちで活躍してくれています。

嬉しいことですね。

もちろん、単純にこの講座を受講すれば講師になれるわけではありません。

指導法入門講座を卒業してあるところで講師をやっている数名の生徒さんは、今でも生徒さんに○○を教えるときは何を注意したらよいのか?△△を教える教え方はこれでいいか?と聞いてきてくれます。
とても真面目にこの仕事に取り組んでいる様子がわかります。

パソコンの基礎知識があることが大事ですし、パソコンが好き 人が好き 人と接するときのマナーができている、などということが求められます。

基礎知識といってもこれば日々の勉強ですね。

パソコンの場合、新しいことが次から次へと出てきます。それらを自分で勉強する力が必要になります。

私は、同じように指導者になるための資格取得講座を都内でも担当し講師をしています。

5日間でテキストを勉強し、実技試験・プレゼン・筆記試験を受けなくてはいけません。生徒さん達は大変です。
(県活では倍程度の時間を使っていると思います)

試験だけをとりあげると合格するための勉強をすれば何度か失敗をしてもあきらめずに頑張れば合格はします。
しかし講師になるのは容易ではありませんね。

MOUSなどの資格も同じです。すべてのソフトの資格を持っていても講師にはなれません。

理解をしていることと人に教えることは違うことなのです。


指導法講座では、当初、修了証書をだすかどうか、ということについて議論されたこともあります。
しかし講座は誰でも10回受ければ終わってしまいます。

受講をして、身になる人もいればそうでない人もいます。

修了証書や資格を何か与えても講師になれると誤解されても困る・・・ということから何も出さないことに決定されました。


時々誤解をしている人がいて、自分が知っていることを勝手にしゃべっているだけの講師がいます。

生徒との対話ができていない講師です。

相手のことを思いやる気持ちがないとこういう講座になってしまいます。


指導法入門講座では、「勝手に講座を進める講師をつくらないため」のお話をさせてもらいます。

今年は、今までと違い毎週土曜日に指導法入門講座は開催されます。


1度目は全くついていけなかったけれど、2度目3度目受講して・・・という方もいらっしゃいます。



スポンサーサイト



Comment

Secret

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる