FC2ブログ
プロフィール
 

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 
ブログ内検索
 
ブロとも申請フォーム
 

 

2011年05月22日(日)
WORDの基本 編集記号を表示しましょう

 
私は、よく人の文章の添削などをお願いされることがあります。

それは、学生さんの宿題の論文だったり、会社の中で外部に提出するための文書だったり・・・。

もちろんデータで受け取るのですが、「行頭が揃わないので文書の添削をするときに何とかしてほしいとか、「段落番号がガタガタになっているので、ついでに見てほしい」ということを言われます。

どちらかというと、文書の校正は、「ご本人の癖」のようなものがあるときは、それらを消してしまうと「らしさ」が消えてしまうため、本当におかしいところだけを訂正するようにして、ほとんどがWORDの使い方としておかしいところを訂正してあげることが多くなります。

私が最初に行うこと。

まず段落記号の表示をします。

★ファイル⇒WORDのオプション⇒表示⇒常に画面に表示する編集記号 欄-「すべての編集記号を表示する」にチェックを入れておきます。

これは、ホームタブ⇒段落グループ⇒編集記号の表示/非表示ボタンと連動していますので、文書の編集をするときにはクリックをして段落記号の表示をします。




作者がどこでどのような処理をしているのかを見ます。

WORDをきちんと勉強をした人は、無駄にスペースキーを使いません。

しかし、独学で勉強した人の多くは、やたらとスペースキーを使い行頭をそろえたりしています。

それらが原因でガタガタの文書になっている場合が多いのです。

結局ご本人を横にしながら、いったんいろいろと触られた書式をすべて解除して、1からやり直していくこともあります。

デジカメの講座のときも

「先生、デジカメってシャッターボタンを押すと、とりあえず誰でも撮れるからそれでいいと思っていたんだけど、こんなに機能がいろいろあるんですね」と何人もの方が講座終盤になり話されるようになりました。

WORDも入力さえ覚えれば、なんとなくそれなりの文章は作成できます。

しかし、きちんと理解をしていないと「このソフト私の言うことをきかない嫌なソフト」というレッテルを勝手に貼ってしまい、ソフトのせいにしてしまう人がいます。

私が担当しているビジネス講座は、まずこれらの基本をもう一度見直すところから毎年行っています。(今年度は2012年1月開催予定 ビジネスマンでなくても受講できます⇒さりげなくコマーシャル(笑)

我流のへんな癖をとってもらい、基本に戻ってもらうこと。

文書を作成するときは、編集記号を表示をして、ご自分でもどんな編集をしているかご覧になるといいと思います。

私のブログに遊びに来てくださっている皆さんは、覚えておいてくださいね。

スペースキーで行頭を揃えたりしてはいけませんよ!





さて、今日は雨がすごかったですね。

午前中、群馬の桐生まで出かけていました。

久しぶりの桐生だったのですが、相変わらず(>_<) 人が歩いているより車の往来のほうが多い街って感じでした。

お天気がよかったら、帰りに太田のジョイフル本田の英国風ボタニックガーデンにでも寄ってみようかな、と思ったのですが、大雨で諦めました。

雨の日の運転は疲れます。

昨晩、眠ったのが午前2時頃で起床が5時だったため、眠くて眠くて・・・。

帰ってきて、久しぶりにお昼寝をしてしまいました。

気が付いたらタフティが散歩に連れて行けとうるさいうるさい!


雨は上がっていてなんだかヒンヤリ!。

こういう時に風邪をひくんですよね。気をつけなくては・・・。

そうそう、散歩のときに「この花の名前なんだろう?」とずっと思っていた花があったのですが、「オオベニウツギ」?か「ワインアンドローゼ ウツギ?」というものらしいです。

オオベニウツギ

ウツギもいろいろな種類があるのですね?

園芸店で見た、更紗ウツギといううすピンク色のウツギがとてもかわいいな、と思っています。





スポンサーサイト



 
 
 

Comment


    
 

NoTitle

早速、Wordの編集記号の表示、しました!
Word2010にしていますが、あまり使っていませんので、使い方がわかりません。
教えてください!
よろしくお願いいたします。

2011/05/23(Mon) | モカ | URL | Edit
 

モカさんへ

コメントありがとうございます。

編集記号は編集しているときは便利ですが、印刷のときなどは消してくださいね。
WORDに関してもしっかりと時間をとってもう一度勉強するといいのですけどね。
今は目の前のことが忙しいかな。
また考えましょうね。

2011/05/23(Mon) | パソコン講師なお | URL | Edit