FC2ブログ

太陽光発電に注目が

昨日、5グループに分けられているのをさらに細分化した25グループに分けて停電が今後行われると発表がありました。

暖房器具に関しては色々な方法がありますが、これから夏に向けてエアコンを全家庭が使うようになると、確実に電気が足らなくなる・・・とうことで太陽光発電に注目が集まっています。

電気屋さんでは、自宅に導入できるかどうか問い合わせが多いとのこと。

また実際に太陽光を使っているのに停電になったときの使い方が分からないという問い合わせも多いとのこと。

我が家は、家を新築した時に太陽光発電を入れていて、オール電化住宅にしました。

私が住んでいる地区は都市ガスにはなっていないためプロパンガスだったのですが、これが高く冬場お風呂をしっかり沸かすと毎月15000円程かかっていました。
これに電気代を足して・・・という感じだったのですが、今は電気のみで10000円程度。

余剰電気を売っているのですが、発電量が多い月などはかなりプラスになっています。

つまり自宅で使った電気以上に売っているということです。
自宅は発電所として登録されています。

家庭用の太陽光発電装置は、パワーコンディショナー(パワコン)という装置を使い、太陽電池で発電した直流電流を、家庭で使用できる交流電流に変換しています。

ただ、パワコンを動かすための電気は、通常、電力会社から送られる系統電力に依存しており、そのままでは日中発電していても、電気が使えない状態です。

停電になったときは、家のブレーカーをオフにし、パワコンに付属したコンセントに直接、電化製品の電源コードを差し込む必要があります。


我が家の場合、シャープの太陽光で台所に専用コンセントを設置してくれているため、パネルで自立発電に切り替えて、今一番電気が止まっては困る冷蔵庫のコンセントをつなぐことにしています。

自立運転というやり方なのですが、これを聞くと凄く良さそうですが、あくまでも電気が発電されている昼間のことだけです。夜にはこれは使えません。

東京電力でも言っているように蓄電は難しいのです。

貯めるわけではなく、インバーターを利用して、電力会社に売っているほうが効率がよく、夜間の電気料金は安いため太陽光発電できない時間帯は電力会社から買ったほうがいいのです。

そのため売電と受電用メーターがあり差し引きする事になります。

今回の電力不足で、考え方が変わってきています。

太陽光発電も我が家の2年前のタイプと違い、年々確実に性能がよくなっていて発電効率が素晴らしくなってきています。


今、手続きをすると電気の買い取り価格が10年か○○円というのもあり、急いで導入する方も増えています。

太陽の恵みは素晴らしいですね。それを使わない手はありません。効率よく低コストで自分の家の電気は自宅の太陽光で賄えるようになるといいのですけどね。




スポンサーサイト



Comment

Secre

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム