FC2ブログ

ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。

Top Page › Category - 電子決済
2019-03-19 (Tue)

いやでも広がる電子決済

いやでも広がる電子決済

★画面の文字が小さい人は、CTRLキーを押しながらスクロールマウスのスクロールボタンをくるくるして大きさの調整をしてくださいね。皆さんは、カードでの支払いと現金での支払いはどちらが多いですか?この頃、payと名前が付いた支払いの仕方色々あるということ、テレビのコマーシャルを見ていてもまたお店のレジ周りにも〇〇payという言葉を目にすることも多くなってきていると思います。日本では、現金主義が多く海外に比べて電...

… 続きを読む

★画面の文字が小さい人は、CTRLキーを押しながらスクロールマウスのスクロールボタンをくるくるして大きさの調整をしてくださいね。

皆さんは、カードでの支払いと現金での支払いはどちらが多いですか?


この頃、payと名前が付いた支払いの仕方色々あるということ、テレビのコマーシャルを見ていてもまたお店のレジ周りにも〇〇payという言葉を目にすることも多くなってきていると思います。

日本では、現金主義が多く海外に比べて電子マネーの普及がかなり遅れています。

去年発表された「支払い方改革宣言」において日本では、キャッシュレス決済比率を、2025年までに40%程度に引き上げることを目指し、将来的には世界最高水準の80%まで引き上げることを発表しています。(現在18%程度 世界では40%前後とのこと)

興味がある人は以下のキャッシュレスビジョン 資料をご一読を

http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180411001/20180411001-2.pdf


自宅に現金を置いておいて「アポ電詐欺にあった」なんていうニュースもありますね。

銀行に預けていても・・・といってご自宅に現金を持っている方も多いためにこういう詐欺もあります。
しかし電子マネーだったら? オレオレ詐欺はなくなるかもしれません。

もちろん電子マネーだって違う方法で詐欺に遭うかもしれませんが、少なくとも自宅に押し入られて殺されるということはなくなるかもしれません。

カードは持たない主義という人もいらしゃいますね。スマホも持たない。

でもだんだん現金で買い物ができないようなしくみになってきている現実があります。

昨日コンサルタントで伺った会社の社長さんもWeb管理の会社の支払いで、「カード決済ではなく仮想通貨決済(ビットコイン決済)が導入されていたために訳が分からない」とおっしゃっていました。

ビットコイン決済とは、リアルタイムのビットコインレートに従い、ビットコインで商品が購入できる決済方法です。
支払い手段でビットコイン決済を選択後、現在のビットコインのレートから価格が表示され、IDとワンタイムパスを入力し決済完了となります。

契約をしている会社が、このような支払いの方法を導入すると、ユーザーはそれに従うしかありません。

ビットコイン(Bitcoin)とは、インターネット上の「仮想通貨」のことです。一次ニュースで騒がれていたあれです。

「暗号通貨」や「デジタル通貨」と呼ばれたりもします。

ビットコインなどの仮想通貨は、インターネット上であれば、国に関係なく送金できる仕組みを持っており、その技術は「ブロックチェーン」と呼ばれる「公開分散元帳」に記録されます。

仮想通貨決済の最大のメリットが、決済手数料の安さのため導入するところが増えている、と言われています。

以前のブログでも書きましたが、毎日現金をやりとりする支払いの仕方は必ず一日の売り上げを店員さんは計算をしなくてはいけません。お釣りの間違いがあったり、銀行に預けに行ったり引き出しにいったりしなくていけません。
しかし電子決済になれば、それがなくなります。
お店からレジがなくなるのです。

現金がなければ、強盗に入られるということもありません。海外は偽札もある、強盗も多い などということから急速に電子マネーが導入されました。日本はそれだけ平和だったのだと思います。しかしこれからはそうではありません。

今は、あまりにもたくさんの種類の電子マネーが目の前に出てきて正直戸惑っている状態です。

私自身もどのpayを使おうか・・・と悩んでいます。

他人事ではなく、目の前にいきなりこういう支払いの方法が出てくることになります。その時に対応できるように準備をしておくことは大事ですね。

私は、iPhoneの講座などでもこれらのことを話していこうと思っています。

さて、先日ご紹介した「雪割草」インスタグラムに色々な色の雪割草を掲載しました。
インスタグラムは、アカウントを持っていないと見られませんのでまとめてご紹介。一つとして同じものはないというほど色々な種類がある直径1cm〜2cm程度の花です。

インスタグラムにて
スポンサーサイト