FC2ブログ
パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。
| Login |
2019年02月09日 (土) | 編集 |
YouTubeの楽しみ方

昨日書きこんだようにYouTubeって好きなアーティストの演奏やわからないことを動画で調べることができるという便利さがあります。
また常時ライブ配信されているものなども結構楽しいものです。

24時間猫の様子や犬の様子を撮影して配信されている物

渋谷やスキー場の様子をライブカメラでずっと見ることができます。
メニューの中のライブをクリックしてみてください。

ライブ

今日なんて渋谷の雪の様子や小田原の雪の様子などを自宅で確認ができますよ。

天気情報や地震情報等 また癒されたい方は猫や産まれたばかりの子犬の様子を見ることもできます。

ライブ1


ライブ2


是非楽しんでほしいですね。



スポンサーサイト

2019年02月08日 (金) | 編集 |
今日の午後からYouTube講座がスタートします。
youtube講座


そもそもYouTubeってご存知ですか?

YouTubeとは誰もが無料で動画を共有・視聴できる動画共有サイトのこと。

まぁこのように書くと「共有」って?ということになるかもしれませんね。

撮影した動画をYouTubeにアップロードしたり、他のユーザーがアップロードした動画を視聴して、世界中の人々と共有する事ができます。

LINE・Twitter・FacebookなどのSNSと違うところは、アカウントなしでも動画を視聴できるということが特長ですが、きちんとGoogleのアカウントとパスワードでログインすれば、自分の動画を動画をアップロードすることができますし、お気に入りの音楽や動画をきちんと保存することができます。

また、よく「Youtubeの動画を音楽をダウンロードしたい」と相談されます。
著作権があるものは勝手にダウンロードして勝手に使うことはできません。

しかし、楽しむ方法があります。
スマホのアプリで、自分のマイチャンネルのmusicに保存した動画や音楽を再生することができます。

オフラインで動画をダウンロードして楽しむこともできます。まぁ有料の部分もあったりしますけどね。

自分は動画をアップロードしない・・・と思って関係ない と思っている人もいると思いますが、今回の講座の半分は、まずは世界中の人が配信しているYouTune動画を楽しむこと。

好きな音楽 素敵な動画を 無料で楽しむにはどうしたらいいのか?っていうことから講座はスタートします。

ただやってはいけないこともあります。

他人の動画や素材を許可なく使用することは禁止されています。

最近ではテレビなどで放送されたアニメ・ドラマ・番組をYouTubeで許可なく配信することが問題となっています。

これらは著作権に引っ掛かる行為であり、決して許される事ではありません。


ただし、他のユーザーがアップロードしている動画(違法コンテンツ除く)を、SNSやブログで共有する分には問題ありません。

共有は、チャンネルを共有 動画を共有 といった使い方をします。

チャンネルを共有というのは Youtubeで公開されている動画サイトのURLをコピーをしてお友達に教えてあげれば、これでチャンネルを共有したことになります。

動画を共有は、動画が再生される画面に共有というボタンがあります。

そして共有の仕方はメールで共有をしたりSNSで共有したり、ホームページやブログに埋め込みをすることによって沢山の人に見てもらえるようにすることができます。こういうのが動画を共有と言います。

どうです?

お勉強することはいっぱいですね?!(笑)

今は小学生中学生がテレビよりもYoutubeのほうが面白いと言っている時代です。

YouTubeは、好きなアーティストの音楽を聴いたり、ラジオ体操の動き 盆踊りの動きの確認 話題のダンスの確認などができる便利なSNSです。




2019年02月06日 (水) | 編集 |
昨日は、公益財団法人いきいき埼玉主催講座(埼玉県県民活動総合センター)「シニアのためのマイパソコン&マイスマホで学ぶSNS講座」3回目の講座を担当してきました。

そして今、都内のあるところで、仕事としてやはり「SNS」を使用したいという人たち向けの講座を担当しています。

個人の場合は、交流の場 コミュニケーションの場として使用されます。

法人の場合は、ホームページへの誘導の手段として、多くの人の目に触れやすいインスタグラムやTwitterをきっかけにして販促につなげるように利用したりします。

SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、人と人とのつながりを支援するインターネット上のサービスの場といった感じなのですが、その種類は豊富です。

皆さんがご存知なのは、facebook instagram Twitter Youtube tiktok  LINE ハングアウト などではないでしょうか。

SNSは、同じ趣味や同じ志を持つ人たちが交流するのにはとても役立つものです。

生徒さんの中にもボランティア活動をしていらっしゃる方もいて、2020年の東京オリンピックのボランティアにも応募しようと思っていらっしゃる方がいます。

私の友達も参加すると言っています。私も誘われているのですが、到底日程が合いません。

長期にわたって拘束されるために無理です。

しかしボランティアに応募したいと言っている人たちに今から東京オリンピックに活用できるように ボランティア活動に役立つようにスマホ SNSのことを教えています。
もしボランティアに採用されたならば、ボランティア目線で東京オリンピックをレポートすることもできます。

同じボランティア仲間と交流を図ることにも大いに活用ができます。

海外の人にも見てもらえるように作ることもできます。

現在Twitterについて3回講義をしましたが、1:1で相手とDMで交流することができます。

なんだかワクワクしますよね。

SNSを上手に活用していくと世界が広がっていきます。

なかなか情報を発信することが苦手かもしれませんが、気軽に興味があること 好きなことを紹介するだけでもいいのです。

特にTwitterは140文字制限があります。ハッシュタグ#を含めてこの文字数ですから、限られた言葉の中で上手に書くことは頭の訓練にもなります。
脳トレとしても有効だと思いますね。

名刺にTwitterのアカウント @itkurashiや@naokoazumino だけを相手に教えれば検索をしてくれて簡単に交流が始まります。
そのためにはわかりやすいアカウントにしておくということも大事ですね。