FC2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

吉見町さくら堤公園

本日、生徒さん達が所属しているフォトクラブにお邪魔させてもらって撮影会にお出かけ予定だったのですが、新型コロナウィルスの影響で中止になってしまいました。

私が行ったことがない場所でしたので、楽しみにしていたのですが、残念。

でもそこで諦めないのが わ た し(*^^)v

1人でも行ってみようと思って、いつものように朝一番に飛び出していきました。

先日ブログでもご紹介したように下見に一度行っているのでスムーズに現地に到着。

なんと 駐車場に車が1台でした(笑)

えっ?何時に行ったかって?現地に8時過ぎに到着。今日は北風が冷たく寒くて寒くて。

日曜日など25度くらいまで気温が上がり暑くて仕方がなかったので、気温差が厳しく今日は震えあがりました。

生徒さん達も数名10時頃にくるかも・・・ということでしたので、LINEで「厚着してこないとダメだよ!今日は寒いよ!」と連絡。

私は、ひとりでさくら堤を風をよけて西側をぐるりと歩いてみました。

桜はまだ満開ではなくいつものことですが、花が少ないと木の幹の黒さが目立ってしまい難しい撮影でした。

風はビュンビュン吹いていましたからね。風邪をひいてしまいそうな感じでしたので早めに退散。

お散歩にはいいところ

でもお散歩にはいいところですよ。
誰もいないし・・・コロナウィルスの心配もありません。ゆっくり桜と菜の花を楽しめます。

木曜日金曜日あたりがいいかもしれませんね。

人がいない 自転車の人だけ
寒くて人がいないので、たまに通る自転車の人を狙って撮影しちゃったりしました。
遠目の写真を掲載しておきます。

東面?南面?のほうがやはりお花は開いていましたね。


東面のほうが開いています

遊歩道があるほうがちょっと色が悪い感じ でも桜の木がいっぱいでしょ。素敵なところですよね。

西面
滞在時間は短く・・・。今日はすぐに帰ってきてしまいました。

桜の花


スポンサーサイト



雪割草LOVE

先日、城山カタクリの里で、雪割草の写真を撮影していると、横を通り過ぎる人たちが色々な会話をしていきました。

数名のグループがいると、だいたいひとりやふたり やたらと語る人がいます。

その人がいうことを 「へぇ〜そぉ〜っ」て聞いているまわりの人達。

面白いのが、結構その会話がいい加減だということ。

紫色の雪割草を撮影していると、「これが節分草よ」という声が・・・。

「へぇ〜これが節分草なの?」とまわりのひとが。

「うそうそうそ」なんて思いながらも当然黙って聞いていました。

実は雪割草って1つのお花だけの名前ではありません。

雪割草=ミスミソウという方もいらっしゃいますが、実は、雪割草はオオミスミソウ、ミスミソウ、スハマソウ、ケスハマソウの4つを総称する際に使われる呼び方だそうです。

雪割草の葉っぱは三角形のような形をしています。そこから、「ミスミソウ(三角草)」とも呼ばれます。
従ってお花が似ていても葉っぱが違うとミスミソウではなく違う花だったりします。

三角の葉っぱ


また「ユキワリソウ」とカナカナで表記される場合、サクラソウ科のユキワリソウのことを指していて一方、「雪割草」と漢字で表す場合は、キンポウゲ科の雪割草のことを指します。
その日の気分で漢字にしたりカタカナにしてはいけないのです(>_<)

このお花はなんでしょう?

どうです?葉っぱが三角ではないですよね。

雪割いちげ


これは「キクサキイチゲ」と言います。お花は同じなのですがやはり葉っぱが違うのが「雪割いちげ」とか「あずまいちげ」という花もあります。



どうです?勉強になりました?(笑)

なかなか埃をかぶっていない綺麗な雪割草を撮影するのは大変。

雪割草20

雪割草21

雪割草22


雪割草23

雪割草 城山

城山カタクリの里 雪割草

雪割という名前は総称で使われています。みんな違う顔をしています。

漢字なのかカタカナなのか。そんなことも気にしながら撮影をするといいですね。

柵があるところでは望遠でしか撮影ができませんが、比較的近くで撮影で来そうなときはマクロレンズも持って行くといいですね。
ピクニックシートは、必須アイテムです。

城山カタクリの里 2020年

今日は、まず24日に行く予定になっていた桜堤公園の桜がどうなっているか朝一番に見に行ってきました。

桜堤公園

まだちょっと早い感じでしたね。
あと数日かかると思いますね。今日暖かでしたので1日で随分咲き進んだのではないかと思います。

一番さいているところをパチリ

ツグミ?がいました。

つぐみ

そして、去年も出かけた神奈川のカタクリの里に出かけてきました。

色々なお花の写真を楽しんでいただければと思います。(クリックして大きな画面で見てください)
カタクリの花がいっせいに咲いていました。
カタクリの花

去年に比べてちょっと小ぶりのカタクリの花でした
今年は去年に比べて小さい

カタクリの花と雪割草
カタクリの花と雪割草

赤と白のカタクリの花

私は、本当は雪割草をここに見に来ています。
雪割草

カタクリと仲良しの雪割草
カタクリと仲良し

雪割草も満開

オカメ桜
オカメ桜

すもも
すもも

ハナモモ
ハナモモ

桃の花を多重露光で撮影 赤とピンクと白の桃の花を重ねました。

多重露光

帰りにやはり去年行った慈眼寺の枝垂れ桜を見に行きました。
樹齢260年 
もうかなり枝垂れ桜は散り始めていますね。夕方なのでちょっと色が悪いですね。雲がかなり出てきています。

枝垂れ桜


等々力渓谷⇒久品仏⇒自由が丘

11月のサークル花の撮影会 等々力渓谷に行ってきました。

朝はかなり冷え込んだのですが、日中はぽかぽか。

午後はお天気が下り坂と予報では出ていましたが、1日中いいお天気でした。

大宮から電車で1時間半ほどかかります。

東京23区内で唯一の渓谷である等々力渓谷は、東京都の名勝に指定されていて、よくテレビの中継などがはいるところです。

都内にこんなところがあるなんて・・・。素敵!

近くに住んでいらっしゃる方が羨ましい・・・そんなところです。

最寄の東急大井町線 等々力駅から3分程。
あっという間に入り口に到着。

ゴルフ橋のたもとに「等々力渓谷公園入口」の看板と階段が見えてきます。

そこを降りると谷沢川に沿って遊歩道があります。

ゴルフ橋は、真っ赤な色で印象的。

今回、サークルのメンバーにはお出かけの写真を提出してもらうことになっていますので、なるべく重ならないような写真を掲載しておこうと思います。

ゴルフ橋

ここでは、水面に映ったゴルフ橋を結構撮影しました。

ちょっと歩くとカモが。
ここにずっといるようですね。

谷沢川は、あちこちに湧水がでているとのこと。お水が透き通っていてカモが足を動かしている様子まで見えました。
足を動かすと水紋が

お水が綺麗です

夏みたい

秋はイロハモミジが紅く色づき・・・ということでしたが、残念ながら紅葉はどこ?といった感じ。
秋とは思えない感じの風景が続くのですが、少しでも秋を見つけようと必死です(笑)

紅葉はなし

一枚の赤く色づいた葉っぱを見つけました。
太陽の光がキラキラ 水紋が面白くて撮影しました。

秋を見つけて

今年は猛暑と台風でどこも紅葉する前に葉っぱが落ちてしまったり、時期が遅かったり。
不動尊に上がるところのお茶屋さんの話では、例年は銀杏がとても綺麗で素敵なんだけど・・・今年はダメですね。
と話されていました。
落ち葉は落ち葉で絵にはなるのですが・・・。屋根の上にたまっている落ち葉の量がすごいですね。
お茶屋


階段上から

お昼は、等々力渓谷をネットで検索すると出てくる一番近くのイタリアンレストラン「OTTO」で。

その後、まだ時間が早いということで、大井線の駅「九品仏」へ。

九品仏(くほんぶつ)ってなかなか読めないですよね。

九品仏浄真寺(じょうしんじ)は浄土宗の寺で、こちらも駅にとっても近くて、便利。

京都の紅葉に負けないくらい・・・というところらしいのですが12月に入らないともみじの紅葉は楽しめない感じ。ちょっと残念でした。
しかし、大イチョウは素晴らしかったです。
ここはお勧めのお寺です。

九品仏浄真寺
写生をされている方が多かったですね。
絵を描いている方多かった

絵を描いている方がもう少し上を向いていてくれるといいのに・・・眠っているのか絵を描いているのかわからないのがちょっと残念でした。これってこっちの勝手ですね(>_<)
写生をされている方を表から裏から撮影しました。
銀杏は見ごろ



銀杏が素敵

お寺の裏です


色が綺麗

都内でもまだまだ知らないところがいっぱい。素敵なところがいっぱいです。

等々力渓谷 九品仏浄真寺お勧めです。

そうですね、12月頭がおすすめでしょうか?

でも今年は・・・。どうでしょうね?

最後は自由が丘駅でおりてちょっとウロウロ。

ナボナで有名な亀谷万年堂甘味処でお茶をして帰ってきました。

高尾山半日コース

今日はサークルの活動日、先日の積乱雲の写真の話題が・・・。

積乱雲が・・・雷が鳴りだしたら怖くて家に入るのに先生は出かけてる・・・(笑)と言われました。

まぁ自分がいるところの上が真っ黒になりヒョウなどが降りだしたら私だって家の中に入りますが、面白い雲を見つけたりしたらカメラを持って喜んで走り回ります(*^^)v

で、またまたお出かけネタ。


先日森林公園でひまわりを撮影しに行ったのですが、青空とひまわりの写真を見た生徒さんからは、とても爽やかな日に見えた・・・とのこと。
撮影者の私は、熱射病になりかけたので、平地へのお出かけはやめて、少し標高が高いところに行ってみようと高尾山まで行ってきました。

高尾山は、何度か行ったことがあるのですが、時間がありませんし暑いのでリフトで途中まで登りました。

高尾山の登山口は高速道路から降りてすぐなので行きやすいですね。

親子連れの方などが多かったですね。

高尾山入り口
私はリフトが大好きです。
子供の頃遊園地に設置してあるリフトが大好きで、もちろんスキー場のリフトも好き。
これに乗れるだけでウキウキしちゃいます。高所恐怖症の人は厳しいでしょうね。
その方はケーブルカーもあります。

リフト大好き
ケーブルカーの駅のほうが上のほうにありますので、あまり歩きたくない方はケーブルカーのほうがいいかな。

それでもやっぱり山ですからね。
男坂の階段と女坂
どちらかを上らなくてはいけません。
なだらかな女坂

男坂


薬王院

蓮の花がまだ咲いていました
蓮の花が

本堂
山伏の皆さんが・・・。
山伏
各僧侶から「天狗の落とし文」をいただきました。
ひとりひとり違う内容になっていて、100種類ほどあるそうです。
私は6枚いただきました。一部ご紹介

天狗の落とし文

高尾山にはさる園と野草園があります。
暑くてここにはあまりいませんでしたが・・・。
足をあげてご挨拶
猿がご挨拶
野草園もこの時期は何もありませんでした。
とりかぶと1輪だけ残っていたレンゲショウマ キレンゲショウマといった感じ
とりかぶと

1輪だけ残ったレンゲショウマ

野草園1

野草園2

野草園3

野草園5
キレンゲショウマ きちんとお花は開かないのかな???
きちんと開いていない

キレンゲショウマ

高尾山はあまり標高が高くないために涼しくありませんでしたね。それでも日影で風が吹けば下界よりはほんの少しマシ。

もみじも多いのでやはり、秋がお勧めですね。大汗でびしょびしょになりました。

紅葉の時期にまた出かけたいと思います。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE