fc2ブログ
   
02
1
2
3
5
6
7
10
11
12
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
   

Windows10にもCopilotの入り口が表示

Windows11には、23H2にバージョンがアップされた際にCopilotのアイコンがタスクバーに表示されるようになりました。

サイドバーが常にMicrosoftEdgeで表示されるようになり、いつでも気軽に画面の右端で質問ができるようになりました。


Windows10では、ブラウザでURLにアクセスをして・・・ということでしたが、Windowosw0でもタスクバーの検索の窓の中にCopilotのアイコンが表示されるようになりました。

Windows10copilot

Windows10をお使いの方は確認をしてくださいね。


残念ながらサイドバーの表示はされませんが、出てきた画面からCopilotにアクセスできるようになりました。

Windows10Copilotアクセス

気軽に質問ができるようになりました。

そしてここ数日BardがGeminiに名前を変えて日本語にも対応して私たちが使いやすくなったニュースが出ましたね。
これまでグーグルの生成AIによるチャットサービスは「Bard」という名称で提供試験運用されてきました。
私もずっと使ってきていましたが、今回のアプリ提供を機に「Gemini」へ変更されました。

先日の桶川の講座でも今後は「Gemini」という言葉が出てくるので注目しておいてください、と話をしました。

毎日AIのニュースを聞かない日はないですね。

NHKのクローズアップ現代では、医療現場でのAIを使っての診断補助のことなどが出てきました。

医者は専門外については、その診断に不安があったり間違って診断することもあるということでたくさんの事例を覚えこませたAIを使って問診票から考えられる病名をいくつか挙げてもらう そして最終的には医者が判断 なんていうことが紹介されていました。

大いにこういうことには使ってほしいですね。長時間並んで診察は1分程度なんていうのではなく、待ち時間中に詳しくAIに聞き取ってもらって、検査が必要な人は検査をしてもらい短時間で正確な診断をしてもらうようになるといいなと思います。
病院の入り口 HPにAI診断採用って書いてあるといいですよね。

これからの検索は今までの検索エンジンを使う方法ではなくCopolotやGeminiを使うことが主流になってきます。

そのことによって詐欺のサイトに誘導されないようになると思います。

自分が質問したことに対して1:1で答えてくれますからね。

ただし、それは間違った答えがでるかもしれない、疑うことも大事。

したがってちょっと質問の仕方を変えたり、視点を変えて質問するということ またその答えが正しいかどうかを検証することをこれからは教えていかなくてはいけないかなと思っています。

そしてOffice製品を使っていてもヘルプから自動的にBingにつながるようになっていたりします。

わからないことは積極的にヘルプ→Copilotを使っていくといった感じです。

このあたりをわかりやすく説明することが大事になってきますね。


スポンサーサイト



こんどはBARDは使ってみましょう

皆さんのところにもGoogleBARDからの連絡がきましたか?

日本語に対応したよ、と先日連絡がきました。

画像検索などが簡単にできます。

この分野はGoogoleレンズですでに確認済みだと思います。

この鳥は何?と質問をしてみました。
写真をアップロードして回答を得ました。
明らかにわかる鳥だと大丈夫でしたが、カシラダカという鳥をアップロードしてみると「スズメ」という回答でした。
まだまだだなぁ~って感じはしましたね。
2024020301.png

次にChatGPTやCopilotと同じように絵本を書いて・・・と指示をしてみました。

絵本を500文字以内で書いてください。
登場人物は、なおちゃんという女の子とお野菜のお話です。
お野菜を食べることが大事だということを子どもにわかるように書いてください。
わかりやすく楽しい物語にしてください。

すると
500文字というのは無視されましたが、ちょっと面白構成のお話が出来上がりました。

なおちゃんとげんきなお野菜たち
1. 畑のなかま

「わーい!今日は畑に行くんだ!」

なおちゃんは、お気に入りの赤い長靴をはいて、畑へ向かいました。

畑には、たくさんの緑のお野菜が太陽に向かって元気いっぱいに育っていました。

「こんにちは!」

なおちゃんが挨拶すると、お野菜たちも「こんにちは!」と返事をしてくれました。

「今日は、どんなお野菜を収穫しようかな?」

なおちゃんは、きゅうり、トマト、ピーマン、なす、どれもおいしそうで迷ってしまいます。

2. お野菜たちの歌

「ねぇねぇ、なおちゃん、私たちの歌を聞いて!」

きゅうりが声をかけました。

「♪げんきになりたいなら お野菜を食べてね♪」

お野菜たちは、歌いながら踊り始めました。

「♪トマトはビタミンCがいっぱい 風邪予防にいいんだよ♪」

トマトは、真っ赤な顔で歌いました。

「♪ピーマンはビタミンAがいっぱい 目によいんだよ♪」

ピーマンは、緑色の体で歌いました。

「♪なすは食物繊維がいっぱい おなかをきれいにするんだよ♪」

なすは、紫色の体で歌いました。

3. おいしいごちそう

なおちゃんは、お野菜たちの歌を聞いて、お野菜を食べることの大切さを知りました。

「ありがとう!みんなの歌、とっても楽しかったよ!」

なおちゃんは、収穫したお野菜を家に持ち帰り、お母さんと一緒に料理をしました。

きゅうりとトマトは、サラダに。ピーマンと肉は、炒め物に。なすは、揚げ物にしました。

テーブルに並んだ、色とりどりの料理は、どれもおいしそう!

なおちゃんは、お野菜たちをパクパク食べました。

「うーん、おいしい!お野菜って、こんなに味が濃くておいしいんだね!」

なおちゃんは、お野菜の美味しさを初めて知りました。

4. げんきななおちゃん

次の日、なおちゃんは、いつもより早起きして、公園で元気に遊びました。

お野菜の力で、なおちゃんは、もっと元気に、もっと笑顔になりました。

「これからも、たくさんお野菜を食べるぞ!」

なおちゃんは、お空に向かって宣言しました。

5. おわりに

お野菜は、私たちにとって大切な食べ物です。

お野菜を食べて、元気に、笑顔で過ごしましょう!


ちょっと今までとは違った感じでした。

またこの場所はどこ?という質問をしてみました。
写真には、フルーツティーが写っています。
これは山梨の八ヶ岳倶楽部の有名なティーとビーフシチューなのですがわかりませんでした。
しかしその写真を分析することはできていました。

ここはどこ?

ChatGPTとCopilotとBard いろいろと使ってみたいと思います。

*****
話は違いますが昨日生徒さんからコバトン健康マイレージがいったん終了されて、新しくナビタイムのALKOOというアプリに相乗りされたということを聞きました。

私もインストールしてみようと思ってAppleストアへ。

ALKOO by NAviTIMEを見つけてインストールしてください。

インストールするとコバトンALKOO専用ページに移動することができます。

毎日歩いてポイントを貯めていけるものです。私は仕事の関係で毎日はちょっと歩くのは難しいですが、お休みの日にポイントを稼ぎたいと思っています。

皆さんも健康のために始められては?

iPhoneのヘルスケアのカウントが反映されるようですね。


Google BARD使えるように!

これからの検索はAIを使って・・・ということで6月23日から始まるIT暮らし塾主催「Windows11講座」でご紹介をしようと思っていますが、その中での1つにGoogle BARDがまだ試用といった感じですがスタートしています。

参考:IT暮らし塾主催講座 http://www.itkurashi.com/kouza.html

Google BARD https://bard.google.com/?hl=ja

現在チャットGPTに関してはスマホでもWebサイトを見るといった感じなのですが、アメリカではアプリが出てきたとのこと。

Bingはすでにアプリがありますね。また拡張機能としてGoogleに入れることも可能になっています。

この頃は、まずAIを使うことに対して注意からはじまったりします。

AIの回答を鵜呑みにしてはいけない といった感じです。

今、生徒さんたちとChatGPTを使って、人間はシチュエーションの設定だけをしてあとはAIに物語を作ってもらう という遊びをしちえます。そしてそれらの物語にあった挿絵を 画像生成AIで作ったりもしています。

全く同じシチュエーションでChatGPTと GoogleのBARDに物語をつくってもらったのですが、面白かったのはChatGPTの方が面白かったですね。
つまりちょっと予想できない内容にできあがる という感じでした。

BARDはいたって普通な感じ。つまり常識的に作っている感じでした。

またAIの使い方としては、チャット機能と検索機能とを上手に使い分けながら両方を利用していくということが大事かと思います。

最新のEdgeのブラウザにはBingが入っていますが、画面右側にあるサイドバーからCHATGPTを追加することも可能です。

Bingとしてではなく本家ChatGPTをすぐに呼び出し使うことができるようになります。

新しいツールが色々と出てきていますので、それらを上手に使いこなしていくことがだいじですね。

Edgeサイドバー

さて、昨日生徒さんたちの間で話題になっていたこと。

車検をうけたら車検証がデジタル化になっていた ということ。

車検証自体は紙幣くらいの大きさになり、内容はスマホに入れたアプリで見るようになっているとのことでした。

おぉ~ここもデジタル化なのですね。

車検証閲覧アプリ https://www.denshishakensho-portal.mlit.go.jp/business/application/


宅急便の領収書も宅急便をスマホで送るを利用するとPDFファイルでダウンロードできるようになっています。

もうスマホを持っていないと本当にどうしようもありませんね。あぁただ車検証参照アプリはパソコン版とスマートフォン版があるようですね。


SDGsでどこも紙減らしに取り組んでいますからね、そうなるとデジタルデータを利用することになります。

クレームの文章をチャットGPTで作成

昨日ある会社の社員さんが、トラブルになっている事案があり、そのトラブルの原因になっているメーカーにクレームを入れることに対して最初は電話で話をしていたのですが、ほかの人にもわかるように文書で提出してほしいと言われていました。

さて、話すといっぱい不満をぶつけていればよかったのですが、感情的なことを文章にしてしまうと誤解を与えてしまったりします。

文章にするということは、なぜそのようなトラブルが発生したのか 何が問題なのか などということをきちんと整理し誰にでもわかるようにしなくてはいけません。

そこで、チャットGPTの利用を提案してみました。

はじめてチャットGPTを使う方に入力の仕方を教えたのですが、どうしても検索をするように単語で入力しようとします。

そうではない。AIに依頼するときは、人にお願いするように短い文章でわかりやすく依頼する必要があること。

何がポイントなのかを明確に書くことが必要だということを話しました。

するとあっという間に文章を作成。

ちょっとおかしな部分もありましたが、的確に何が問題で、どのようにこのトラブルに対して動いてほしいかを文章にしてくれました。

会社としてAIを使うことはどうなのか?という議論もでましたが、個人名や会社の大事なデータなどは記載しない。

あくまでも文章の一例を参考するための道具としてAIを利用するのは何も問題がないと思います。

今までもネット上から参考になる文章を探したりしていた人も多いと思います。

その部分をAIに作ってもらう。

Googleにも拡張機能としてAIを組み込むものがいっぱいでてきています。
https://chrome.google.com/webstore/detail/chatgpt-%C2%BB-summarize-every/cbgecfllfhmmnknmamkejadjmnmpfjmp/related?hl=ja

これらは、Youtubeの動画やWebをAIにより要約してくれるというものです。
単語によっては精度に疑念はありますが、概要を掴むレベルでは劇的に活用できます。

時間を有意義に使うためには、いろんな道具を使う 使えるようになることが大事です。



AIを利用したTV番組

昨日、何気なくテレビをつけていたら、AIを使ったテレビ番組が放映されていました。

質問があり、それに対してどのような答えを出すか比較するもので、いろんな人の回答と合わせてAIではどのような答えを道びくか?というものでした。
はっきりした答えがないものを答えさせるというもの。

「面白い」と思いました。

このところチャットGPTについて毎日のようにニュースになっていますね。

良いことも悪いことも

新聞の一面を飾ったりもしています。

何もわからない 使ったこともないのに 「怖いもの」と拒否をする方がいます。

国によっては使ってはいけない 開発を止めろ なんてことも聞こえてきます。

よくわからないものに対する恐怖 不安 から そのようなことが出てくるのだと思います。

昨日生徒さんたちとの話の中でも「生徒さんたちのまわりに あれは怖いものだから」と受け入れられない人がいるとのこと。

正しく勉強していくことが大事なのですが、自分が直接触れなくても嫌でもこれからの社会、AIを使ったものは増えていきます。

5月5日 テレ東で、「AI(人工知能)技術は私たちにとって「救世主」か、それとも「怪物」か!」
アメリカと中国の熾烈な開発競争のなかで「令和」のニッポン勢は意外にも!?AIと人間の未来像を求め、感情認識AIや世界初のAI公園など、3ヵ国の技術開発を徹底取材。そして・・・「将来、人類はAIに“征服”されるのか?」最新のAIロボットに聞く。 という番組が放映されるとのこと。興味がある方は見て見るといいですね。

テレビ番組の企画にもAIは活用されています。
フジテレビでは、AI-TVという番組があるようです。“AI-CD β”の導き出した企画コンセプトを元に、若手芸人たちが考えた企画VTRを作成するとのこと。面白い映像を作り出すことができるのか!?“AI-CD β”による企画コンセプトから、彼らが新ネタを作り披露する というもの。どうでしょうね?!


アイリスオーヤマの液晶テレビは、人工知能(AI)機能を搭載されていて番組に合わせて最適な画質と音質に自動調整する「AIオート機能4Kチューナー内蔵液晶テレビ」があるとのこと。

家電にはいろんな形でAIが活用されています。

アレクサなどのAIスピーカー  障害物をよけて掃除をしてくれる掃除機  冷蔵庫や電子レンジは食材からメニューを提案してくれたりします。
洗濯ものの汚れから洗い方を変えてくれる洗濯機など 
まだこれは欲しい というところまでではありませんが、先に紹介したテレビなどは、シニアにとって見えづらい画面を見やすくしてくれたり、聞こえやすいように音声を調整できるようになればこんな便利なことはないのではないでしょうか?

AIなんて と拒否をしていた人も「見やすい 聞こえやすい」といったテレビがあれば絶対にそちらのほうがいいということになると思います。

チャットGPTについては、私は生徒さんたちに 質問に対して出てきた回答について鵜呑みにするのではなく、それが正しいかどうかは自分で確認をする必要性を話しています。

まぁ私の周りにいる生徒さんたちは、ITリテラシーが高い人が多いので、進化する色々な動きに対してワクワク感があるといってくれます。
面白がって楽しんで学んでいければと思っています。

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴30年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる