FC2ブログ

スマホで確認をしてみましょう!

マイマップの作成はできましたか?

地図の上にレイヤーが重なってルートを表示してくれたり行きたいポイントを追加することができます。

では、今度はスマホで見る方法です。

スマホはパソコンと同じですので、インターネットに接続してGoogleMapにアクセスしてそこでログインをしていればパソコンと同じように見ることができます。

それだと面倒だという人はアプリをダウンロードしてインストールしてください。

プレイストアでMy Mapsというアプリを検索してインストールしてください。
自分のgmailでログインしていることを確認してください。

mymap

画面左側にあるメニューを出すためにスワイプしてパソコンで作った「月島散策」を選択します。

するとスマホで自分で作ったマイマップが確認できます。

これで、出先で確認ができますね。

スマホの画面

次回はスマホでのマップの活用のし方をご紹介しますね。

スポンサーサイト

Google Mapにデータをインポート

私が作った月島のデータはちょっといい加減ですが、皆さんは行きたいところの名所 お店などの住所をきちんと調べてみてくださいね。

それらの住所をEXCELで保存したものを使います。

では、ログインたGoogleマップを開いてください。
画面の右上に自分の名前が出ていますか?
画面左からメニューをクリックしてください。
そしてマイマップをクリックします。

マイマップ1

鉛筆の形をした作成ボタンをクリックします。

マイマップ2

無題の地図と書かれたところをクリックして自分で名前を付けてください。

マイマップ3

私は月島に行きたいので「月島散策」と名前を付けます。説明は各自好きに付けてください。
マイマップ4

無題のレイヤの下にインポートという文字があります。(レイヤーに名前を付けてもいいです)
そこをクリックして、住所を記録したEXCELまたはcsvのデータをインポートしてください。
マイマップ5

目印を配置する列の選択でnameとaddressの両方にチェックを入れます。

マイマップ6

マーカーのタイトルはnameのみにチェックを入れます。

マイマップ7

読み込んでます・・・と表示されます。

マイマップ8

住所に合わせてバルーンがたったのがわかります。

マイマップ9

バルーンの上でクリックするとEXCELDEA列に書いた名称とB列に書いた住所が表示されます。

マイマップ10
このバルーンはもともとの地図の上にレイヤーとしてバルーンの表示が載った感じになっています。

次々と必要なデータをレイヤーで足していくことができます。

例えば、歩いて行く順番を決めて月島駅から目的地を追加してルートを表示してみたいと思います。

ルートレイヤーの追加をします。

マイマップ11

距離を測ることもできます。上のほうにあるメジャーをクリックすると距離が測れます。
たとえはG地点勝鬨橋からH地点築地市場までは、569mです。

このようにルートを決めて歩く距離を出していくことができます。

どうですか?このマイマップはスマホでもログインをしていれば同じものを見ることができます。

実際に歩くときは、ちゃんとどこで曲がってと誘導してくれます。



マイマップ12

今日はここまで!

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

▲ top