2018'07.19 (Thu)

悪意あるソフトに御注意ください!

先月くらいからでしょうか、「悪意あるソフト」を間違ってダウンロード・インストールしてしまい困っている人が増えています。

パソコンメーカーに電話をしたり、ウィルスソフトの会社に電話をしてサポートを頼むと、今かなり混んでいるということや、高額な金額を言われて困っている方もいらっしゃいます。

その一つがSlim Cleaner Plus

パソコンの動作が高速になると書いてあるソフトで、これをインストールしてしまうとパソコンを起動するたびに大量のエラーを表示します。

あまりにもたくさんのエラーがありこれらを対処するためにお金を請求をしたり個人情報を盗むというものです。

対応してくれるのなら・・・とインストールしても処理速度が高速化することはなく逆にスピードが遅くなったりします。

何故かセットでダウンロードしている人が多いのですが

Driver Updateというソフトも一緒にインストールしてしまっている人が多いですね。

割と単純にコントロールパネル⇒プログラム⇒プログラムのアンインストールでソフト名をクリックしてアンインストールすることが可能だったりするのですが、中にはこのアンインストールが全く使えないというものがあります。

昨日午後の生徒さんから依頼されたソフトは、「Smart PC care」というウィルス対策のソフトを買わせようとする同じようなものです。


アンインストールという機能が使えないということであれば、プログラム自体をドライブの中から探し出して削除していくしかありません。
その生徒さんのパソコンにはやはりDriver Updateも入っていました。
こちらもアンインストールができない状態でした。

間違っても画面の中に出てくる電話の問い合わせには電話をしないように気を付けてください。
電話サポートといってパソコンの遠隔ソフトを使ってサポートすると高額の金額を請求されたりします。

絶対に電話をしてはいけないことを覚えておいてください。

さて、これらのソフトはどうやってインストールされてしまうのでしょうか?

これは、使用者の方がやはり間違った広告 間違ったボタンをクリックしてしまっているんですよね。

騙されやすい広告ボタンがあります。

クリックする前によく確認をすることが必要ですね。

実は同じようにこのソフトを入れて削除を頼まれたのは、このクラスで二人目でした。
1人目のときは、割と簡単に削除できました。

5月6月 シニアマスタークラスやインターネットセキュリティ講座の生徒さんもインストールをされて困っていらっしゃる方がいらっしゃいました。私が削除をした件数 すでに10件を超えています。



スポンサーサイト
06:36  |  セキュリティ  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2018'06.30 (Sat)

メールの本文にあるリンクURLに気を付けて!

中高年のためのインターネットセキュリティ講座 1日で学ぶセキュリティ講座などで。

いえいえその他の講座でも口すっぱく、生徒さんに話をしていることがあります。

楽天やamazon 銀行などからのメールに注意!

カード決済後の連絡などネットで買い物をすると色々と連絡がメールで届きます。

しかしこの頃そのメールが偽造メールということがとても多いのです。

私のところに届くもので最も多いのが楽天のメール 続いてamazonメール

最初に気が付いたのが、私はEdyを使っていないのに使ったというメールが届いたこと。

問題は、不明な点があれば下記URLに連絡をなどという文言。

楽天やamazonの買い物の履歴を確認するときは、必ず各公式HPからログインをすることが大事です。

絶対にメールから確認に行かないことが大事です。

また正式なメールとそうじゃないメールは送信されているアドレスが違いますのできちんとタイトルに惑わされることなく確認することが必要です。
よーく見るとアドレスがおかしかったり、自分のカード情報が違ったりします。

本物とそっくりに作成してありますが、おかしなところがあります。

慌てずにじっくりとメールの中身を確認をすること。そして本物かそうでないかを確認できるようにすること。

安易にメールの中のURLをクリックしないこと。

確認のためにはここをクリックとか 今すぐ確認とか 不明な時はここをクリックなどという言葉に騙されないようにしてください。



07:47  |  セキュリティ  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2018'05.25 (Fri)

迷惑メールじゃなくて迷惑ソフト

先日ご紹介したWindowsPC修理の画面を思わずプチっとクリックしたという生徒さんがいらっしゃいました。

正確には、2名 ある生徒さんとまた別の生徒さんの奥様

具体的な迷惑ソフトの名前を書くと「AutoFixerPro2018」というソフト。


AutoFixer Pro 2018 でスキャンが行われると、システムに大量の問題があると警告する診断結果を提示するそうです。
(私は見ていないからね、お話を聞くと・・・)


危険な状態にあるかのような雰囲気にしてから、検出した問題を解決できるとする AutoFixer Pro 2018 の有償版を今すぐ購入して決済するよう促すという手法とのことです。
何度も何度もしつこく画面に出てくるとのこと。

これは違う生徒さんから聞いた話、AutoFixer Pro 2018 のウィンドウ画面には、金髪美女のオペレータ写真と電話番号で 『24/7ライブサポート PC無料診断を下記の連絡先で要求してと電話番号が書いてあるとのこと。
0120で始まるフリーダイヤルのためにかけてみると・・・深刻なトラブルになってる 電話サポート詐欺 の被害に巻き込まれるのだそうです。

もう絶対に絶対にそもそもの画面でダウンロードをしてはいけないということ。

ダウンロードしてしまったら一刻も早くアンインストールすること。

Auto 〇〇 2018というソフトは似たような名前ていくつもあるようです。

削除の入り口は、コントロールパネルのプログラムアンインストールから その他 すべてのメニューの中にソフトが見えるようだったらそこからアンインストール もし通知領域にそのソフトの存在が確認できるようだったら右クリックして削除を行ってください。

迷惑メールではないためにセキュリティソフトでは捕まえられずにそのままパソコンにインストールするという迷惑ソフトの話です。



マイクロソフトのロゴの正しい形を覚えておいてください。
似ているけど全く違うログを使って誘導したり、マカフィーを名乗ってまるであなたのパソコンのトラブルを見つけたかのように誘導するものなどもあります。

そして時間を区切らせて早くしないとトラブルがひどくなると急かされるようなものもあります。

以前、パソコンから音が鳴りだして思わず電話をした・・・という生徒さんがいましたが、電話をかけると片言の日本語をしゃべる外人だったりします。
遠隔操作をするのでURLをクリックしろとか、最初に5万円払えとか、言い出します。

絶対に電話はしてはいけませんよ。


20:54  |  セキュリティ  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2018'05.24 (Thu)

Windows10修理の画面注意!

マカフィーを装った「windows10PC修理」という画面が勝手出てきたことはありませんか?


注意!


Windows エラーをスキャンし、特定するためにPC修理ユーティリティーをダウンロード Windows 10.
あなたのPCをアップデートして潜在的な脅威を除去:
・ワン・クリックであなたのPC のWindows エラーをスキャン
・ウイルスを取り除き、生じたダメージを修理
・あなたのPCからすべてのマルウェアを除去
なんてことが書いてあります。

マカフィーのようなマイクロソフトのような・・・。

絶対にこの画面でダウンロードという文字をクリックしてはいけませんよ。

勝手に広告を表示させるマル・アドウェアとよばれるものです。
これ自体はウィルスではないので、検索してもひっかりません。

アドウェアは脅威には分類されないものの、迷惑な存在で放置していると脅威に発展してしまうリスクがあります

まずは、とにかくダウンロードをしないこと。
もし最悪思わずやってしまった人は・・・。

あなたは、ブラウザは何を使っていますか?

IE Google Chrome Edge 色々だと思いますが、それらのブラウザの設定個人設定をいったん削除するといいですね。

そして、例えばGoogle Chromeの場合は、Chrome クリーンアップ ツールを使って、パソコンにインストールされている不審なプログラムを検索し削除したりします。

参考 https://support.google.com/chrome/answer/2765944?visit_id=1-636627090422101143-972304009&p=chrome_cleanup_tool&rd=2


定期的に私はやっています。

クリーンアップ


設定⇒詳細設定⇒クリーンアップ

IEはインターネットオプションを Edgeは詳細設定の中で履歴やキャッシュの削除のところにパスワードやCookieなどの削除ができるようになっています。

いったん削除すると改めて設定が必要ですけど、それは仕方ないですね。

ネットの世界も偽装とか詐欺とか、気を付けなくてはいけないことがいっぱいですね。

でも上手に楽しく使うために自己防衛することは大事なことです。

とにかく確実に正しいサイトかそうではないか、判断できるようになることが大事ですね。




07:09  |  セキュリティ  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2018'05.17 (Thu)

件名に請求書  ご注意を!

この頃、請求書の送付を装ったメールがとても増えています。

去年ぐらいからじわじわと広がりやたらと今月に入って増えたような気がします。

お仕事をされていない方は、請求書なんて送ってくるわけない・・・いったい何の請求書?と思ってしまう人も

逆にお仕事をされている方は、頻繁にメールに同じような請求書が送られてくることもあるので思わず開いてしまって・・・という人も。

身に覚えがない 知らない人からの請求書は速攻捨ててください。

金融機関関連情報が窃取される。
インターネットバンキングの不正送金などの犯罪被害にあうおそれがある。
リンクによってフィッシングサイトに誘導され、クレジットカード情報等の情報が窃取されるなどにより、不正使用の被害にあうおそれがある。

等の被害が出ています。↓ (マウスを近づけてね。リンクしています)

日本サイバー犯罪対策センターの記事を一読しておいてください

「お世話になります」

「確認よろしくお願いいたします」「月曜日に支払いして下さい」などといかにも知り合いのような文章が伴っています。

警視庁犯罪抑制対策本部からも注意勧告が出ています。

Twitterにて

とにかく添付ファイルを開かないようにしてください。

ウィルスソフトで対処できない場合もあります。

マクロが内蔵されたエクセルファイルを開くと自動でマルウェアをダウンロードして実行しようとするということです。

知人が、思わず開いてしまい、慌ててネットワーク回線を切ったとのこと。瞬間ウィルスバスターが動いたようだ・・・ということでした。

ウィルスバスターが正常に動いたのであれば、その時に駆除できているはずなので問題はありません。

その後ウィルスソフトでスキャンを行い駆除、今のところ特に変化はないとのこと。

ウィルスソフトは、絶対に必要ですね。



07:09  |  セキュリティ  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT