fc2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2022/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
金融機関を名乗る迷惑メール宅配業者を名乗るショートメールに注意
私のIT暮らし塾 infoに届く迷惑メールの一部です。

ありとあらゆるカード会社の名前を語って迷惑メールが届きます。
これはinfoを狙って送られてくる迷惑メールです。

spamメール2022
個人あてではここまでではないでしょうが、、まぁよくぞここまでありとあらゆるカード会社 金融会社の名前を語って送ってくるわ と思うくらい次から次へと送ってきます。

これらのメールはとにかく捨てるしかありません。

反応してはいけません。メールに書いてある 解除するためには・・・などの言葉に誘導されてはいけません。

自分に関係がないものであれば削除ができるのに自分が契約しているカード会社や金融会社の名前が表示されていると反応する方がいらっしゃいます。
絶対にダメです。

もし気になるのであれば、自分が持っているカードの裏に書かれている問い合わせの電話番号に電話をかけてください。

メールの中に書かれた電話番号にかけてはいけません。

もしネットで確認をしたいのであれば公式ホームページからの問い合わせをしてください。

また、生徒さんからよく聞かれるのですが、ショートメールで送られてきた 宅配に関するお知らせ。

お留守でしたので持ち帰りました・・・というショートメールが届くと反応してしまう方がいます。

ヤマト運輸や佐川急便 日本郵便はショートメールで連絡はしてきません。

まずよくショートメールを見てください。どこの宅配業者なのか名乗ってもいないと思います。

そこにある電話に思わずかけてしまった・・・という人もいます。

これも絶対にダメです。ショートメールもすぐに捨ててください。

メールはゴミ箱に入れたらゴミ箱も空っぽにしてください。

大事に取っておく人がいますが、そんなのは保存しておく必要はありません。

ここで整理をしておきましょう。

何度も今までもお話をしてきていることです。

金融機関やカード会社からのメールには十分に気を付けること。
内容の確認をするためにはメールの中のリンクをクリックしないでください。
公式ホームページからログインをしてマイページなどで確認をしてください。

普段から公式ホームページを見るようにしておくといいですね。

ショートメールで送られてきた宅配業者のメッセージは、削除してください。
迷惑メールか否かを確認するときは、そこに書かれている電話番号などをネットで検索してみてください。
おかしな番号は、ネット上に表示されていたりします。

詐欺メールに騙されないように気を付けてください。

スポンサーサイト



セキュリティソフトについて
先日生徒さんからロシア製カスペルスキーについてのご質問をいただきました。

ニュースでカスペルスキーを使い続けられないことを見たのだけど・・・ということ。

ウクライナの戦争はいろんなところに影響が出てきていますね。

今朝のニュースでもNTTもカスペルスキーとの契約を停止することを発表しました。

私も講座の中で無料で使えるセキュリティソフトとして優秀だったカスペルスキーを生徒さんたちにとりあえずインストールするソフトとしてお勧めしたことがあります。


ネットではロシア製セキュリティカスペルスキーの危険性といったニュースもたくさんでています。

ニュースの真実はわかりません。

今はフェイクニュースもいっぱいです。 使うかどうかは個々の判断に委ねられると思います。

カスペルスキーの会社自体は中立であることなどを発信していますが、どうしてもロシア政府と密接な関係があるとされているためアメリカでは完全に使用禁止状態になっています。


個人レベルでは問題ないのでは?と考える方もいらっしゃると思います。

私がアドバイスできるのは、いらぬ心配をしたくない、ということであれば自分のセキュリティソフトを見直してみてもいいのではないですかということです。

私もちょうど4月がセキュリティソフト更新でした。

自分のパソコン スマホは自分でしっかりと安全を確保できるようにしてくださいね。

さて、今日は快晴のようです。

お洗濯日和ですね。朝からしっかり大物を洗濯して干したまま出かけても大丈夫のようです。

定期的にセキュリティの話
9月30日 NTTdocomoに関すること

NTTドコモは2日、利用者のスマートフォンにドコモを名乗るショートメッセージサービス(SMS)が届き、暗証番号を入力することで、不正にギフトカードなどが購入されるフィッシング詐欺の被害が発生したと発表されました。

被害は約1200人で計約1億円に上る。ドコモが全額を補償するとのこと。

 ドコモによると、SMSに記載されたURLをクリックして「NTTセキュリティ」などの名称のアプリを取得すると、ネットワーク暗証番号を入力するよう求められたとのこと。

 この暗証番号を何者かが悪用しアプリ販売の「アップストア」で使えるギフトカードなどが不正に購入されたというのです。

そしてこれは私の所に来た詐欺メール

詐欺メール


こういうわけがわからないメールがきたら会社の名前や文面をネットで検索をしてください。

ここで出てくるVJA株式会社
これを検索すると

検索結果にもう詐欺だということがわかる内容のものがヒットしました。

検索結果詐欺

毎回注意をしていますが、絶対にメールの中のURLをクリックをしないこと。

もし自分が持っているカード会社などの場合は、きちんとそのカード会社のホームページからアクセスをしてください。

amazonや楽天や銀行なども詐欺にその名前が使われています。

NTTのように暗証番号を入れるだなんて絶対だめです。

気を付けてくださいね。
セキュリティソフトちゃんと設定してる?
昨日生徒さんから質問がありました。

お友達がブラウザの画面の右下に「マカフィーの画面がちょこちょこ出てくる」

けれどもどうしたらよいか? 

これは偽物?

確かにちょっと怪しい感じはしますが、まずはきちんとパソコンの中を調べる必要があります。

自分が使っているセキュリティソフトは何なのか?
例えばウィルスバスターをインストールしているのにマカフィーの画面が出てくるのはおかしいですね。
しかし、もしかするとパソコンを購入したときにすでに入っていたセキュリティソフトをそのままに別のセキュリティソフトを入れた場合などは、こういう表示がでることもあります。

自分でパソコンの中に二重にセキュリティソフトが入っていないかどうか?きちんと確認をすること。
もしインストールされたままであればそれをきちんと削除する必要があります。
そして自分が使っているソフトがパソコンをきちんと保護しているのかどうか確認する必要があります。

一般的に皆さんがパソコンに使用するセキュリティソフトで多いのが

マカフィー
ウィルスバスター
ノートンアンチウィルス

といったところが多いと思います。

ここで生徒さんから「そもそもセキュリティソフトがインストールされているかどうかどうやって確かめるのですか?」という質問をいただきました。

では、そこをまず見ていきたいと思います。

Windows10の設定⇒更新とセキュリティをクリックしてください。

更新とセキュリティ


Windowsセキュリティをクリックします。
どうです?私みたいに保護されます と緑になっていますか?
有効になっていないとか黄色のマークがついたりしていませんか?

Windowsセキュリティ

この画面はスタート画面からいきなり入ることも可能です。

スタートボタンをクリックしてWのグループを表示します。
そこにWindowsセキュリティをクリックします。
スタート画面からの表示の仕方

セキュリティソフトはインストールされているだけではだめです。
きちんと設定が有効になっているか確認が必要です。

Windowsセキュリティを開く ボタンをクリックします。
セキュリティの概要の画面で「ウィルスと脅威の防止」 をクリックします。



保護をクリック
セキュリティソフトの名前が確認できます。

セキュリティソフトの確認
私の場合はマカフィーを使っていますので、ソフトの名前が確認できます。

きちんと確認する場合は、アプリを開くをクリックしてください。
すると自分のセキュリティソフトが起動することができます。

アプリを開く

2つのソフトが入っていた場合などは、このアプリで開かないと自分のセキュリティソフトが確認できない場合もあります。

そこは気を付けてください。

まずは自分が契約しているソフトがきちんとお仕事をしているかどうか確認をしてください。

ソフトの確認はスタート画面の一覧の中からも探すことができますが、削除をしたい場合は

設定⇒アプリ⇒アプリのアンインストール


アプリのアンインスト―ル


またはコントロールパネルの場合は⇒カテゴリ表示にして プログラムのアンインストールをクリックします。
そこからソフトを見つけてアンインストールを行ってください。

コントロールパネルアンインストール

自分が使っているセキュリティソフトが何かわかっていること。
そのセキュリティソフトがきちんとパソコンを保護してくれている設定にしておくこと。
いつが更新日なのか確認をしておくこと。
これは最低限パソコンを使っているうえでわかっている必要があります。

これがわかっていれば自分に関係ないものが表示されたら、「これはおかしい」と自分で判断ができるはずです。

最初の画面を改めてみてみましょう。

保護されていませんのでここをクリックしてくださいというのがあります。

ここ というのがもし偽物だったら違うサイトに誘導されてしまう原因になります。

きちんとパソコンの設定画面で設定されていればこのような画面は本物では出てきません。
設定されていない場合は、本物でもこういう警告の画面は出てきます。

画面に何か出てくる!というのではなく、何と書いてあるのか?
この画面はなぜ出てきたのか?自分が使っているソフトの画面なのか否か?
これは自分で判断が必要です。

各自しっかりと確認をしてくださいね。
Windows Defenderを過信しないで!
Windows10には、Windows Defenderというセキュリティソフトが最初から入っています。

そして、パソコンを始めた人に対して、時々先輩たち(ちょっと先に始めた人たち)から、「わざわざセキュリティソフトを購入しなくてもこれで十分だよ」なんてことを言われて有料のセキュリティソフトをインストールしていない人がいます。

この先輩たちは、何の根拠をもってこのような助言をしているのか?

もちろん最低限のセキュリティ機能を持っていることは確かです。

しかしそのユーザーがどのようなパソコンの使い方をするのか?しているのか?ということがわからずに「セキュリティソフトをインストールしなくてもいいよ」とは言わないでほしいと思います。

先日、ある方のパソコントラブルを拝見する機会がありました。

ネット上のトラブルで、YouTubeを見ていると突然トラブルの画面が出てきて、電話をかけさせる文言が画面に出てきています。

このトラブルをかろうじてWindows Defenderが防御した様子は見られました。

しかし、しっかりと防御したわけではなく、結果的にはレジストリの書き換えをされてしまっていました。

レジストリとは、Window に使われている全ての設定がデータベース化されているところです。

レジストリが書き換えられるとパソコン初心者の人ではどうしようもなくなります。


Windows Defenderは、最低限の機能は持ち合わせているもののこれだけ日々変わるネット環境に対応はしていっていません。

特にYouTubeなどをやっている人は、きちんと有料のウィルスソフトをインストールしておくことをお勧めします。

有料のセキュリティソフトを入れていてもパソコンの扱い方を間違うとウィルスにやられてしまうことがあります。

ネットには色々な落とし穴があります。

無料のアプリをダウンロード使用するときなど、自分がダウンロードしたいアプリではなく違うものをダウンロードさせようとするアイコンがあったり文字があったりします。

本当に自分がダウンロード使用しているソフトのダウンロードボタンか初心者は判断が難しかったりします。

私が多く見かけるのが「WinZIP」というアプリをダウンロードしている方。

Windowsにはエクスプローラ機能で最初からZIPにする機能があります。わざわざWinZIPアプリをインストールする必要はありません。

それを間違ってインストールしてしまったという方がとても多いこと多いこと。

そしてパソコンを起動したときにこのソフトのアップデートだの自動起動された画面だのが出ている人がいます。

すぐにアンインストールすることをお勧めします。

パソコンもスマホも同じですが、しっかりとセキュリティソフトを入れておくこと。そして何をやってはいけないか、こういう場合はどうすればいいかという最低限の勉強は必要になります。

安全で安心してネットを楽しむ パソコンやスマホを楽しむために注意をしてほしいですね。




プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴30年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる