FC2ブログ

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Windows7 IE Windowsl Live Mailは使わないで

皆さんもご存知のように今年1月にWindows 7のサポートが終わりました。

Windows 7を使っている人は、起動するたびにサポートが終了している旨が画面に出てきていると思います。

しかしWindows10にアップグレードして安心している人が中に入っているブラウザInternet Explorerをまだ使っている方やメールソフトWindowsLiveメールを使っている人がまだいます。

これらのソフトを使うこともマイクロソフト自体が危険だと言って警告をだしています。

で、講座などでもMicrosoftEdgeやGoogleChromeを使うことを話してきていますが、ただ検索の際にこのブラウザを起動すればいいというわけではありません。

根本的にホームページのファイル htmlや htmlの拡張子を持つものURLなどのリンク等をクリックしたときに自動で起動してくるブラウザの設定を変更する必要があります。

既定のプログラムの変更です。

えっ?何それ?難しいと思われる方は、画像ファイルだとわかりますね?

jpegの拡張子は写真などについている拡張子です。画像ファイルをWクリックしたときに何のアプリで開くのか?
ペイントだったりフォトだったりフォギャラリーだったりしますよね。
これは自分のパソコンの中に入っているアプリを自分でどのアプリを既定にするのかというのを決めています。
ネットで開くブラウザも自分で設定をしなくてはいけないということです。
検索のときにはMicrosoftEdgeにしていても既定のプログラムがIEのままの人がとても多いですね。

そこでその設定を確認していきます。

Windows10の設定を開きます。
どのカテゴリーに入っているかわからないときは、上の検索のところで「既定のプログラム」と入力してください。

既定のプログラム

ファイルの種類ごとに既定のプログラムを選択していきます。

拡張子.htm .htmlを探してください。
そこのブラウザが何になっているか確認してください。
もしIEのままになっていたら、アイコンをクリックして他のプログラムを選択します。
GoogleChromeやEdgeを選択してください。

MicrosoftEdge

他のブラウザを選択

ついでにjpegなどの拡張子などについても確認をしてみてください。

サポートを受けていないアプリを使うことは危険です。

WindowsLiveメールもただ使わなければいいのではなく、アカウントの削除をしてください。
中身を空っぽにしておくことです。
自動的に受信をしないようにしておいてください。

ご自宅にいる時間が長くなっている今、色々なことを見直すチャンスだと思い作業をしてみてくださいね。

スポンサーサイト



Windows7サポート終了になりましたよ

昨日から「Windows10上級講座」がスタートしました。

そして1月14日付でWindows7のサポート終了になりましたね。

2009年から10年以上も使われ続けたOS お疲れ様といった感じですね。


OSの役割って、なかなか理解するのが難しいのですが、ある程度パソコンやスマホを使っていくとその役割がわかるようになってきます。

別に14日を過ぎたから何か使えなくなる といったことはありません。

ただ、脆弱性が見つかってもWindows7に対するサポートがないということ。

新しいアプリをインストールができなくなるということ。

プリンターなど新しい機種を購入してもドライバーが対応していないために使えない などといったことが出てきます。

メールなどはWebメールを使うのであれば問題ありませんが、必ず他の人の迷惑にならないようにメールソフトからアドレス帳などは取り出しておいてほしいですね。

自分だけが納得して使うことは全く構いませんが、くれぐれも他人に迷惑をかけないように ウィルスをばらまく加害者にならないようにしてほしいと思います。

Windows10というOSも2015年に発売されているOSです。すでに5年目になっています。
バージョンアップ ビルドの更新が無料ででき、常に最新になっているか確認していくといいですね。

新しい機能が追加されたり、逆に消えていく機能もあります。

まだまだ使ったことがない機能があるのではありませんか?

皆さんも新機能などに注目していただければと思います。

さて、Windows10講座ではファイル フォルダーを共有したりOneNoteを共有したりして勉強しています。

随時生徒さん達からの書き込みを確認しています。

この講座期間中、ちょっと忙しくなっています。

今週末には「 就職・再就職応援EXCEL講座」を担当します。

最低限身につけておいてほしいEXCEL機能 仕事にEXCELを使うときに注意をすることなど単純な機能紹介だけではなく今どんなことに気をつけて仕事をしなくてはいけないか、といったことも話せればいいなと思っています。

タイトルは県活の担当者の人が決めるのですが、応援講座ですからね。応援できるような話ができればと思っています。


セットアップ時の注意

あとわずかでWindows7のサポートが終了します。

この時期にパソコンを買い替えたいと思っていらっしゃる方も多いと思います。

購入後、セットアップを電気やさんに頼むとそれなりにお金をとられます。

何とか自分でセットアップをしてみようと思う方、作業自体は全く難しくありませんのでチャレンジしていただいて問題はありません。

しかしちょっと気をつけてほしいことがあります。

セットアップの途中でこんな画面が出てきたら・・・。

この画面に注意

普通だと、あぁOneDriveを使うようにしたいからそのまま次へ  といく感じになると思いますが、私は画面左下の黄色く囲んだ部分
このPCにのみファイルを保存するを選択することをお勧めします。


Windows 10 のセットアップ時に、ファイルを OneDrive に保存する利点について説明する [OneDrive でファイルをバックアップ] 画面が表示されます。

(2019 年7月より前は、画面に [OneDrive でファイルを保護​​] と表示されていました)。

[次へ] をクリックすると、OneDrive が既定の保存場所に設定されます。 [この PC にのみファイルを保存する] オプションをクリックすると、ご使用の PC が既定の保存場所に設定されます。

最初の契約では5GBしかドライブを使用することができませんのですぐに容量がいっぱいになってしまいます。

自分のパソコンにファイルを保存していると思っていたら、実はOneDrive上に保存がされていて、オフラインでファイルが見つからないというトラブル?(自分で設定をしているのですが、トラブルに感じてしまいます)を生徒さん達から何度も相談されることがあります。

最初が肝心。セットアップをご自分でする方はよく画面に書いてあることを確認をして、設定を行ってください。

また購入時のアドバイス。

これから先のパソコンは、以前のようにOffice製品がインストールされているモデル というより月々支払いまたは年払いをして使用をするOffice365の形になっていきます。

もうソフトは電気屋さんで買う時代ではなくネットからダウンロードをする形になっています。

買い切りタイプなのか、あとで月払い 年払いでソフトを購入しなくてはいけないのか、確認をしておくことが必要です。

自分で何事もやって見ることは大事なことですね。パソコンを購入するときは、勉強をするチャンスです。

シッカリと調べてセットアップもチャレンジしてください。

Windowsの検索上手に使ってますか?

Windowsの検索ボックスにキーワードを入力すると、パソコンの中のファイル以外にWebの検索結果も表示されます。

虫眼鏡のマークがついた検索結果はWeb上のものであることがわかります。

ここにはアプリ Webページ パソコンの中のファイル 電子メールといったものが対象になっています。

まず、皆さんはこの検索のところがWindows10の1903から変更になっていることに気が付いていますか?

検索のところをクリックしてみると下記のような画面が出ます。

検索1

パソコンの中だけを検索したいときはドキュメントをクリックします。
ただし、初期設定のままだとライブラリとデスクトップにあるファイルだけになるためにパソコン全体の中に対して検索をしたいときは設定を変える必要があります。
例えば「公園」という名前が付くファイルを探してみます。
ドキュメントをクリックすると検索結果はWebのものはありません。

公園 と検索


右上の 「・・・」をクリックします。

・・・をクリック

検索設定をクリックします。

Windowsの検索をクリック⇒拡張をクリックします。

拡張

OneDriveの中のファイルも検索をしてくれるようになります。

Windows上級講座では、このような機能を勉強していきます。(来年開催)

上手に検索ができるようになるといいですね。

Windows7のサポート終了にあたって

先日生徒さんから、自分の友達にWindows7の人がいるんだけど、サポート終了後も使い続けるようなのだけれど、どうすればいいですか?という質問をいただきました。

Windows7を使っている人からの相談ではなく、周りのお友達から相談ということ。

Windows7を現在も使い続けている人は、どうしてそんな質問がでてくるのか、ちょっと考えてほしいと思います。

「自分さえ使えればよい」というのではなく、その使い方を間違えると周りの人の迷惑になるということをしっかりと考えてほしいと思います。

パソコンは高価なもので、壊れてもいないのに買い替えるということには抵抗があるかもしれません。

であるならば、Windows7で使い続けるためにはどのようにすればいいのか、使っている本人がしっかり勉強をしてほしいと思います。
どのようにすれば使い続けられるか、ということをポイントに話をしたいと思います。

まず、Windows7のサポートは来年の1月で終了となります。それまではきちんとアップデートをしておいてください。
単純にパソコンの機能だけを使う ネットもメールもしない人は、ネット回線を切って使う分には使い続けていくことは可能です。

いやいやネットも見たいという人はブラウザの規定がIEになっていると思いますが、これをやめてください。

IEは、マイクロソフト自身が使用をやめるように勧告しているほどのブラウザです。

参考までに 自分で検索をして調べてみてくださいs。 マイクロソフト IE 使わない などという言葉を入力をして検索をすればニュースがいっぱい出てきます。

GoogleChromeなどは単独でアップデートをしていきますので、使っても大丈夫です。
またメールソフトを古いWindowsLiveメールなどを使っている方はGoogleのgmailなどに変更をしてWebメールを中心に使用するようにしてください。

ウィルスソフトを入れておくことは当たり前のことです。

Windows7を使っている人にトラブルが起きてもそれは自分自身の問題ですので仕方がありません。

しかし、他人に迷惑をかけるのは違いますね。

お金がかからず、すぐに準備ができることを書きました。私もWindows7は好きなOSでしたし使いやすかったと思います。

サポートが終わったので使えないのではありません。

使えるようにすればよいのです。自分でできなければ周りの人に相談をしてください。

お友達は、あなたがWindows7を何も対応せずに使っていることを迷惑に思っています。

そのことをしっかりと意識をして勉強をしてください。

ちょっと厳しい口調で書かせてもらいました。

ウィルスが感染する経路を断つこと。
IEを使わない。ブラウザはGoogleChromeなどに変更 既定のプログラムを変更してください。
無料メールソフトを使わない。Webメールに移行をしてください。来年1月までにこれらのことを実行してください。

で、お友達にWindows7を使用しているけれどもきちんと危なくないように人の迷惑にならないように対策をしていることをアピールしてください。

でないと、お友達があなたからのメールをブロックしなくてはいけなくなってしまいますよ。


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE