FC2ブログ


ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。

  Windowsのアップデートによって

Windows10になり、大型アップデートがあり、ビルドの数字が表しているように細かい修正が行われています。

何が変わったのか?よくなったのか?なかなかわかりづらいところがありますね。

あれ?表示が変わったとか、Windowsアプリのメニューがちょっと変わったなどということがあります。

現在最新は1903になっていますが、2019年4月2日、Windows 10のバージョン1809で2度目の累積アップデートで、MicrosoftはWindows 10における外部記憶メディアの取り外しに関するポリシーが変更されたということです。

どういうことか?というと、これまでUSBフラッシュメモリなどをパソコンから取り外す際に「ハードウェアの安全な取り外し」作業を行ってきましたが、アクセスをしていなければいきなり抜いても問題がないとのことです。

こういうのは大きく変わった点だと言えますね。

バージョン1809以降に適用される新しいポリシーによると、Windows 10には「Quick removal(クイック取り外し)」という機能が存在しており、積極的にファイルを書き込んでいない限り、いつでも外部記憶メディアを取り外しすることができるようになっているとのことです。

MicrosoftによるWindowsサポートページによると、この機能はバージョン1809以降はすべての接続ドライブでデフォルト設定されることになるそうです。

またWindowsのアップデートのタイミングでOffice製品のアップデートも行われたりします。

以前もブログでご紹介をしたように令和表示に関してはWindowsのアップデートで行われましたが、そもそもOSで管理している時間がすべてのOfficeのアプリに関係をしてきています。

EXCELに時間計算などもWindowsが大きく関与しているためきちんとアップデートしておかなくてはいけませんね。

またOfficeのアップデートで最近使ったファイルが消えてしまったとかピン留めが外れてしまったという方がいらっしゃいます。
特にこれは会社やネットワーク上の共有フォルダーを参照しているファイルに関して表示がなくなってしまったという報告があります。

マイクロソフトはそれらの原因についての表記をしていませんが、実際にそういうトラブル?があり困ったという相談などもネット上で見かけたりしています。

ファイルをどこから開いてどこに保存をしているかがきちんと把握できていればいいのですが、通常の作業が「最近使用したファイル」とかタスクバーのジャンプリストからばかり起動している人は、ファイルを探せなくなったりします。

基本は、ファイルはきちんとその保存場所を把握しておくことが大事です。

スポンサーサイト

  ブラウザで開くかアプリで開くか

皆さんは、パソコンでブラウザは何をお使いでしょうか?

と講座で質問をすると「ブラウザって?」と迷われる方がいます。

「私はYahoo」と答えられる方がいらっしゃいますが、Yahooはブラウザではなくてあくまでもホームページのひとつであり、検索エンジンです。

★検索エンジン・・・言葉を入力してわからないことを検索することができるサイト

ブラウザは、インターネット見るためのアプリです。

昔からWindowsで使われていたのがInternet Explorer 今はMicrosoft Edgeがメインで使われるブラウザであり、Google Chromeはダウンロードして使います。
スマホではiPhoneの方などはSafariを使ったりします。

今、「シニアのためのマイスマホマイパソコンで学ぶSNS講座」を担当していますが、Twitterのサイトを開く開き方が2つあります。
ブラウザからTwitterのサイトに移動をして開く開き方とアプリでの開き方です。

生徒さんご自身が、ブラウザで開いているのか?アプリで開いているのか?わからない方がいらっしゃるため混乱される場合があります。

ブラウザで開く場合は、あくまでもホームページの一部として開くためURLのバーが上に見えたりお気に入りの登録ができたりします。

ブラウザで開く

一方Twitterのアプリで開くとアドレスバーやお気に入りバーなどはありません。
これはスマホのアプリと同じで使ったら閉じます。

同じ画面でが何で開くかによって異なります。

アプリで開く

Windows8からWindowsパソコンはスマホと同じようにWindowsストアでアプリをダウンロードできるようになりました。

つまりスマホと同じ感覚で使うことができるようになっています。これはWindowsPhoneというスマホやタブレットと同じOSの形にしたためにパソコンでも同じように使うようになっています。

そして、htmlファイルを開くブラウザの指定などは「既定のアプリ」というところで指定をしますが、それ以外にもWeb用アプリの設定も必要になっています。

興味がある方は自分のパソコンのパソコンの設定をご覧になってください。歯車のマークです。
その中のアプリを開きます。そこに既定のアプリというところとWeb用アプリというところがあります。

既定のアプリは、PDFファイルをAdobe Rezderを使うとかhtmlはどのブラウザで開くかを決めておくということです。

既定のアプリ

そしてもうひとつ もしTwitterを開くときにブラウザで開かずにアプリで開いてしまうという方は、アプリがWebサイトに関連付けられている場合があります。その場合はオフにしておく必要があります。

Web用アプリ

何で開いているかによって画面が違うということ。

どうして違うのか、理解をしておく必要があります。そして自分で設定を変更する必要があります。

生徒さん達の話では、ご自分が使っているパソコンの設定がWindowsのアップデートのタイミングで変わってしまったという方が多いですね。
Twitterの場合、ブラウザで開く方を基本的に使いたい方はアプリをアンインストールするというのが簡単だということもあります。

  アップデート 再度トライして正常に!

前回 Windows10のアップデートがトラブった話を書きましたが、一応そのままではどうしようもないので、ちょっと色々と触って,1903にアップデートを完了させ、画面も元に戻せました。

パソコンの環境は人それぞれなので一概に言えないのが難しいところですね。

すんなりいくひともいるでしょうし、違うトラブルが出る人もいるでしょうね。

大事なことはバックアップは必ずとったうえで自己責任でアップデートすることですね。

今回の私のトラブルは、自分のアカウントで起動しなくなった、アカウントでサインインしても違うデスクトップを作ってしまう現象が起きてしまった、というところにありました。

私は、違うアカウントをいったん作って元のアカウントを削除しようかな、と思ったのですが、この違うアカウントを作成したことにより元のアカウントが正常に動き出した、ということがありました。

ユーザープロファイルが読み込めない という現象は、
ログオンしようとする際にウイルス対策ソフトウェアがコンピューターをスキャンしている場合など、Windows でユーザー プロファイルが正常に読み取られないことがあるとのこと。

単にアップデートだけのトラブルかどうか、不明な点もあるようです。

自分のユーザー プロファイルを修正したりデータを新しいアカウントにコピーしたりするには、管理者アカウントにログインできる必要があります。 問題を解決する前に、管理者のアクセス許可を持つ別のアカウントを使用して Windows にログオンするか、セーフ モードで再起動してビルトイン Administrator アカウントでログインします。

最悪の場合は セーフ モードで起動して復元しようかと思ったのですが、管理者権限のある別のアカウントを作成して元のアカウントを管理しようとしたら、うまくいくようになりました。

えっ?
なんのこっちゃ?って。難しいですね。

まぁ一応今回のトラブルは解決した報告ってことですね。まだアップデートしていないマシンが何台かありますので、順次試していってみたいと思っています。

現在のバージョンビルドはこんな感じですね。

1903ビルド

  1903にアップデートしたらやっぱりトラブった

生徒さんの中には、すでにWindows10を「1903]にアップデートしてしまったという方もいらっしゃいます。

「概ね問題はなかったけれど自動再生の設定などが変わってしまった」
「私のブログを見ていなかった」
「アップデートしちゃった」「自動再生が変わってしまった」
「デスクトップにあったファイルがなくなってしまった」「うまく起動できない」という相談も受けています。

う〜ん、あまり大きなトラブルはないということですが、私のDELLのノートパソコンにもアップデートのお知らせがきていますし、ちょっとやってみますかぁ〜、とリスク覚悟で1903にアップデートしました。

結果を先に言うと・・はははははは、「ユーザープロファイルがなくなって1度目はPINコードを受け付けなくなり、再起動するたびに新しいデスクトップ画面を作るという変な現象が起きました。

まぁもしデスクトップが違ってもCドライブ上には前のファイルがありますし、なんとかなるかといった感じだったのですが、やはりおかしなところが色々あります。

やっぱりおかしくなったぁ〜!!!!!(笑)

この現象は生徒さんにパソコンで出るとまずいことになります。

やっぱり「1903」のアップデートの案内が来ていてもまだやらないほうがいいかなと思います。

細かい修正は行われていて、さらに更新とセキュリティで回復する場合がある・・・とか トラブルの原因を送ってくれ とかマイクロソフトも情報を集めている感じです。

さぁどうしようかな。と思ったのですが、やはりこのままではどうしようもないのでシステムの復元をすることにしました。


私の場合は、バックアップを取ったうえで行っているということ。いざとなれば復元をしたり最悪はリカバリーができると思ってリスクを承知でやってみましたが、皆さんは絶対に安全だというところまで待った方がいいですね。

昨晩から今朝にかけての私のトライでした。

このブログを見ているいい子は、決してマネをしてはいけません!(^_-)-☆

  Windows1903アップデートについて

5月の下旬に1903が配布されるために1809にアップデートはしておきましょう、という話をしました。

しかし1903は、手動ではアップデートしないでください。

ちょっと不具合が出ていますので、まだアップデートが発表されたばかりのこの時期に手動でアップデートをするのは避けておきましょう。

ネット上には不具合の報告や注意が出ています。

いくつかリンクをしておきますので、見ておいてください。


https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1187555.html


https://www.softantenna.com/wp/windows/microsoft-add-known-issues-to-windows-10-may-2019-update/

https://enjoypclife.net/2019/05/24/windows-10-may-2019-update-bug-information-summary/

もしフリーズをしやすくなったと感じた人は、前のバージョンに戻すこともできます。

とにかく今回は、ちょっと待っておきましょうね。

さて、iPhoneも新しい情報があがってきましたね。

i
音楽や動画を購入・管理するソフト バックアップなどもできていた「iTunes」を機能ごとに分離させて3つにすることを正式に発表しました。

 はミュージック、Podcasts、Tvの3つのアプリへと分かれます。

ミュージックアプリはこれまで「iTunes」で提供されてきた音楽機能をすべて引き継ぐとのことですから、特に問題はないようです。

 ただ、残念なお知らせとしてはiOS 12をサポートする機種のうち、「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と「iPod touch(第6世代)」はiOS 13のサポート対象外となりました。

つまりアップデートができないということになります。

皆さんもニュース記事はしっかりチェックしてくださいね。

ちゃんと調べることが大事です。アップデートの場合は、特に問題がないかどうか調べてから行うようにしましょうね。

それから、講座でよく話すのですがマイクロソフトサポートとネット上で書かれていてもマイクロソフトとは全く関係ないサイトだったりします。
URLにMicrosoftという英文字のURLが入っていないところは違いますからね。
困ったからと言ってアクセスしないようにしてくださいね。
途中でカード番号を入れなくてはいけないような画面が出てきたら「これは怪しい」と思ってくださいね。

騙されないでくださいね。

 | HOME |  次のページ»

プロフィール


Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。


最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



リンク


このブログをリンクに追加する


月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる