FC2ブログ

iPhone中級講座

iPhone6の人から最新機種の人まで、色々なバージョンの機種の人を対象に中級講座を行っています。

普通に使っているし・・・と思っている方もそんな機能知らなかった。

もっと早く教えてくれればいいのに・・・などという感想をいただいています。

設定の仕方ひとつ 機能を追加したり設定を変えたりすることで使い勝手が変わります。

20日の未明にiOSも13になりましたね。

今回のアップデートは色々と変わりました。

写真の編集も傾きの補正もできるようになり便利になりました。

ショートカットのフォルダもできました。ダークモードが登場しました。

iPhoneを探せもオフラインでも探してもらえるように変更されました。

そんな新しい機能の話などもしたいと思っています。

ただし、これらのアップデートの前にはやはりバックアップの確認が必要ですね。

バックアップをしておけば、とりあえず何か問題が起きた時にそこまで戻ることができます。

iPhoneも6の人たちがバッテリーがもたなくなったり時々固まるなどという症状が出てきていますね。

やはり5年を超えてくるとそろそろ替え時といった感じでしょうか。

キャリアの2年縛りや解約時の違約金も変わりましたね。

キャッシュレス決済の還元などを進めるためにも政府はスマホをもっと使いやすくしていかなくては、というのがあるようです。

自分が契約しているキャリアのサービスを各自しっかりと確認をしてくださいね。

iOS13の新しい機能・・・参考ページhttps://www.apple.com/jp/ios/ios-13/features/

こっちのほうがわかりやすいかも   https://www.buzzfeed.com/jp/yuikashima/ios13



スポンサーサイト



5Gの世界

昨日のサークルで、5Gの話をするにあたって、スマホを見てもらって「今は4Gですが・・・」と話をすると

一番前の生徒さんの顔が「???」

「先生私3Gなんですけど・・・」とのこと。

iPhoneが古い? なぜ? なぜなぜなぜ?私だけ・・・。 すると私も3Gという人が・・・。

なんとなんとなんと。4Gを使っていないとは。

2001年に登場した第3世代 3G そして現在は第4世代通信システム LTEとかWiMAX

3Gと4Gの一番の違いは通信速度です。4G(LTE)は75Mbps~100Mbps

設定で確認 モバイル通信で オプション で早速使えるように設定を変更しました。


5Gの通信速度は最大20Gbpsとなります。

理論値では、現在主流となっている4Gの100倍近い速度の通信が可能とされています。

例えば、2時間の映画を、たった3秒でダウンロードできるとのことです。

これからはIOTの時代です。家電などがすべてインターネットにつながる時代になっていきます。

スピードは重要な問題になります。

全国で一斉スタートするというわけにはいかないようで、2020年では最もひつようなところから2022年までに徐々に広がっていくということになっているようです。

総務省の5Gに関するデータは、一度見ておいてください。



東京は間違いなくオリンピックに向けて使用可能となります。
関東に住んでいる私達は、それを実感する日も近いという感じですね。

せっかく速いスピードの通信を手に入れることができるのですから、大いに活用できることが大事ですね。

じゃあ、5Gを使うために何か準備が必要かというとまだ何もしなくても大丈夫です。

ただ世の中的に生体認証システムが至る所で必要になり、自分の顔や指紋で個人認証ができれば、色々な「モノ」がインターネットにつながる時代になりますのであちこちで自分に関する情報を得ることができるようになり、簡単に検索できるようになります。

スマホを持ち歩かない時代になっていくという予想もでています。

駅で停車駅が書いてあるパネルがあります。

例えば、そのパネルに向かって〇〇まで行きたいんだけど何分かかるの?と話しかければその場で表示をしてくれる・・・とか
〇〇まで帰りたいんだけどどんなルートがある?
とスマホではなくてベンチに話しかけると表示をしてくれるとか・・・あちことにロボットがいる感じです。

スマホが登場してかなり普及をしてきましたが、これは4Gが登場してから加速したと言われています。

子供の頃にスマホを持って歩くなんて思ってみませんでしたよね。これからどんな世界が待っているのか。

長生きしなくてはいけませんね。

年を取ってベッドサイトには当たり前に介護をしてくれるロボットがいるかもしれません。

抱きかかえてくれてお風呂に入れてくれたり、お料理を作ってくれると嬉しいですね。








iPhone中級講座テキスト完成

9月10日から3日間iPhoneの中級講座を担当します。

そうそう、新しいiPhoneの発表がこの時期にありそうだとニュースで上がっていました。日本は発表があって10日目くらいに発売されるらしい・・・とのこと。

今度はカメラが3つになりますね。4Kビデオに対応してHDDも大容量になってきています。

ちょっと横道にそれましたが・・・。

去年基礎講座があったため今年はなく、中級講座のみが開催されることに。

一部の初心者から基礎講座が初級講座がどうしてないの?という問いあわせがあったとのこと。

そりょそうですよね(笑)

毎年のようにスマホを購入する人が増えてはじめてつかう人が増えているんですものね。

iPhoneの場合、自分でiPhoneが欲しいと言わないとスマホショップではAndroidスマホを勧められるとのこと。

店員さんのペースにのせられると「シニアの方は」「メールと電話とLINEだけでいいのであれば」と「らくらくホン」を進められたり安いスマホを勧められたりするそうです。

さて、中級講座ですが、基礎の部分からしっかりやります。

iPhoneの講座で便利なのは、機種が違っても全員同じように講義ができること。
設定の出し方 メニュー構成が同じですので説明がしやすいですね。

ただ意外とWeb検索が上手にできない方がいらっしゃいますね。

Safariで検索をちゃんとできていますか? 
お気に入りやブックマークの違いってちゃんとわかっていますか?

文字の入力 単語登録 パスワードの保存 大事な出来事をどういう風に記録をしておきますか?

スマホって電話 メール LINEだけではないですよね。

基本的なことは入力に関してはしっかりやります。キーボードの切り替え 文字の入力 範囲指定 コピー&ペーストを自分のものにしてもらいます。

中級講座というと難しいことを勉強するみたいですが、そうではありません。

電車の乗り換え案内 下車駅の階段はどこにあるの?乗り換えをスムーズにするには?

地図はどうやって活用したらいいの?

なんていう便利に使うことを講義をしようと思っています。何よりも皆さんが疑問に思っていることやわからないことの質問に全部応えていこうと思っています。


やっとテキストも出来上がり印刷に。

そしてまた次のテキスト作りを始めなくては・・・。

おいていかれたジジババ

昨日の午後 ある生徒さんからの相談がありました。

お出かけをしていて、ある駅で「〇〇線に人が立ち入ったために運転を見合わせています」という放送が入ったそうです。

その瞬間、若い人は一斉に階段を駆け下りどこかへ。

「ホームに残ったのは、どうしていいかわからないジジババだった」とのこと。

スマホを持っているけど、こういうときはどうしたらいいのか?

ということでした。

思わず笑ってしまったのですが、現実的にそうなったら、「えっ?どうしたらいいの?」って思いますよね。
私も同じです。

生徒さんは、こういう時にどうやって帰ったらいいか教えてほしい・・・とのことでした。

確かにね。

そこで、スマホに入れているアプリを確認。

乗り換え案内などのアプリは、インストールされていましたが、きちんとログインをして使っていませんでした。
自分が使っている駅や沿線情報などの記録がされていませんでした。

乗り換え案内などのアプリは、ただインストールしてその場その場で検索するだけでは力を発揮しきれていません。

ちゃんとメールアドレスなどを登録してログインして使うことが大事です。

これはパソコンのブラウザなどでも同じですね。

Google検索するには、Google Chromeのブラウザを使用する。そしてちゃんとログインして使うことが大事です。

そして、自分が使っている駅や路線を登録します。すると遅延情報やトラブル時にはすぐに連絡が来るようになります。

常に現在の時間が初期値になっていますので、今の情報を得ることができます。

もちろん時間を入れて検索をすることもできます。

Yahoo!乗換案内アプリでは、検索したルート中に運行情報がある場合には”赤い表示”にして注意喚起をするようにしています。検索結果の詳細画面に移るとどの路線に運行情報があるか見ることができます。

運行情報は主に下記のような情報が出ます。
運転見合わせ  列車遅延  運転状況  工事を伴う運転変更
これらが出ているときは
再検索をすると迂回ルートの検索をしてくれます。


もちろん、路線が1本しかない駅の場合はどうしようもありませんね。

よく電車が止まって、振替輸送というのがありますが、これは自分の路線についてしっかり調べておく必要があります。

一般的にsuicaでも定期券のみしか対象にならなかったりします。


きっぷあれこれ JR東日本

JR東日本のホームページなども見ておくことが大事です。

例 列車が運行不能になった場合、Suicaでの他鉄道会社への振替輸送はご利用いただけません。ただし、「Suica定期券」で定期券区間内をご利用になる場合のみ、振替輸送のお取扱いをいたします。 と書いてあったりします。

トラブルになった時に、乗っている人全員対象にならない場合などもあるということです。

ではその場合どうしたらよいのか?自分が都内から帰ってくるにあたってどのルートで帰ってくることが可能なのか、あらかじめ調べておく必要があります。また振替を使う場合、suicaをタッチしないほうがよい、と書かれたところもあったりします。



知らなかった! ではなくて、何でも自分で調べて「知っておく」ことが大事ですね。

そのためにパソコンやスマホを大いに活用してほしいと思います。

二段階認証を有効に!

7payのトラブルはショックですね。

こういうことがあると誰でも使いたくない!と思ってしまいます。
秋にインターネットとセキュリティの講座の担当をしますが、毎年取り扱う内容が変わっています。

昔は、電子メールとインターネットといった感じでしたが、今はスマホの話をかなりたくさん入れていくことになります。

特にこの電子決済についてはみんなが興味があるところだと思います。

その中で今回のようにIDとパスワードが流出してしまったら・・・。


よく複雑なパスワードに設定をしている、長いパスワードにしておけば・・・といいますが流出してしまえばそんなのは関係ありません。

有効だと言われるのが二段階認証です。

二段階認証とは、色々なWeb上のサービスなどにログインする際、ID・パスワードの他に、メールやSMS(ショートメッセージサービス)で送られてくるコードを入力するという、利用者認証を2回に分けて行う方法のことです。

スマホは、キャリアメール プロバイダーメール Webメールなどパソコンと同じように受信することができます。

また電話番号で送られてくるSMSメール。

これらのメールをまずスマホで使えるようにしておくことが大事ですね。自分で画面を切り替えてコードの確認をしたりメールの確認ができるようにしておくことが大事です。


電子マネーに関することは、必ず二段階認証を使用する設定にしておくことは大事なことですね。


ただ、この二段階認証も完璧ではありません。

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が公開している「インターネットの安全・安心ハンドブック」というのがあります。

https://www.nisc.go.jp/security-site/files/handbook-all.pdf


この中に「二段階認証を破る中間者攻撃」というのもあります。

特にこれはネットバンキングを使っている人は気をつける必要があります。

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴25年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム