fc2ブログ
   
02
1
2
3
5
6
7
10
11
12
14
15
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
   

昔懐かしい音楽をYoutubeで

この1週間でかなり紅葉が進んだとか。今朝のニュースで日光の紅葉の様子が流れていました。

お出かけが楽しくなりますね。

なんてニュースを聞きながらうっかりして前の記事を消してしまった(笑)

さて、本日9月10月の写真テーマを掲載しています。

本当は10月の最後の週が締め切りになるのですが、来週から作品展を開催するため、25日はその準備でいそがしくテーマのことを取り上げる時間がないということで1週間繰り上げて締め切りました。

生徒さんは大変だったかな?

「朝 morning」のテーマ なかなか難しかったようです。

テーマのとらえ方が人によって様々ですね。

生徒の部屋テーマ に掲載をしていますので、過去の写真も合わせて御覧になってください。(生徒の部屋テーマの文字をクリック)

そして次のテーマも発表しています。

「神社・仏閣」今までとは全く違うテーマです。

これもいろんなとらえ方ができますね。

さて、谷村新司さんが亡くなったとのこと。

その日の晩Youtubeではアリスや谷村さんの音楽が流れているサイトでは追悼するコメントがいっぱい書かれていました。

昔の曲を聴いてみるととてもゆっくりした曲調

群青 終止符 いい日旅立ち 帰らざる日々 Youtubeで検索して聞いてみる

歌詞を検索して見てみる 秋の夜長 昭和にもどってみるのもいいかもしれませんね。

アップテンポのチャンピオンや冬の稲妻 それでも今の音楽よりどこかテンポが遅い感じがしますね。

生徒さんにiPhoneに音楽を取り込むやり方を教えてほしいと頼まれています。

今はネットからダウンロードするまたはネット上で音楽を定額で聴き放題何という時代ですが、昔の音楽をiPhoneに取り込んでお散歩のときに聞いたり運転の時に聞いたりするのもいいですね。

講座で昔のCDの音楽を取り込むこともやりたいと思います。

東寺のライトアップ

スポンサーサイト



秋の夜長・クラシックコンサート

昨日は、サントリーホールでクラシックコンサートを楽しんできました。

サントリーホール

コロナ禍我慢をしていたコンサート 解禁になり本当にうれしいですね。

今回はARK CLASSICS 
9月29日から10月8日まで 都市文化を楽しむライフスタイルを提案するアークヒルズとSuntoryホールが音楽をより多くの方に身近に楽しんでもらうことを目的に開催されている音楽祭
サントリーホールの前の広場でワインやビールを飲みながら大スクリーンで素晴らしい音響で世界最高峰の音楽を楽しめるという何とも楽しい企画
私は残念ながら夜のコンサートのみしか楽しめませんでしたが、近くに住んでいたら毎日のように通いたい空間ができていました。
(まだ今からでも行けますよ)

10月1日は

10月1日コンサートリスト

三浦文彰さんのヴァイオリンと指揮 辻井伸行さんと清水和音さんのピアノ う~ん秋の夜長 クラシックコンサートにやっと来られた~と楽しむことができました。

辻井さんのピアノ、一度生で聴きたいと思っていたのでうれしかったですね。

実は12時の公演では、辻井さんのショパンスペシャルがあり即興曲1番から4番までの演奏がありました。
私が行ったコンサートでは、プログラム上シューマンのピアノ協奏曲イ短調だけだったので、1曲だけかなと思ったのですがちゃんとアンコールにも答えてくださってワーグナーエルザの大聖堂への行列を演奏してくださいました。
清水和音さんのピアノも素敵でした。彼のアンコールは皆がよく知っているショパンのポロネーズでした。

2時間40分越えのコンサート

たっぷりと楽しめました。会場には杖をついた歩くのもままならないような高齢者の方もたくさんいらしていました。
素晴らしいですね。
いくつになっても音楽を楽しめるというのはいいなと思いました。

本当は毎日通いたい・・・。(^^♪

クラシックコンサートの代わり?蜜蜂と遠雷

ここ数年、クラシックコンサートに行くことができていません。

で、本日予定されていた講座が休みになったため、「蜜蜂と遠雷」を見に行ってきました。

この映画は、〈直木賞〉(第156回)と〈本屋大賞〉(2017年)のW受賞を果たした恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」。

映画化は不可能だろうと言われたものがどのようなものになっているのか、興味があり見たいと思っていました。

母の死により長らくピアノが弾けなくなっていた栄伝亜夜に松岡茉優さん。

楽器店勤務でごく普通の家庭人として暮らしながら、コンクールの年齢制限ギリギリチャレンジとなった高島明石に松坂桃季さん。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトールに森崎ウィンさん。

そして、養蜂家の父と共に各地を転々とし、家にピアノがないにもかかわらず天賦の才能を発揮する風間塵に鈴鹿央士さん。
彼は、広瀬すずが出ていたドラマのエキストラの中のひとりで、広瀬すずがスカウトした男の子だということを聞いていました。

不自然にならないように俳優の人たちも練習はしたでしょうが、実際はそれらの音楽を奏でる人たちがいったい誰なのか?

河村尚子さん、福間洸太朗さん、金子三勇士さん、藤田真央さんという世界で活躍する日本最高峰のピアニストたちが集結し、亜夜、明石、マサル、塵、それぞれのキャラクターに沿った演奏をしているとのことでした。


そして、物語のキーとなるオリジナル楽曲「春と修羅」を作曲したのは、ロンドンを拠点に国際舞台で活躍している藤倉大さんという方。

そしてこの藤倉大さんが小説の中に登場する架空の曲「春と修羅」を現実の曲にするにあたって、彼のインタビューを見たのですが、それがまた素晴らしかったですね。

小説の中に出てくる「春と修羅」に関する言葉を全部取り出して、(彼はデジタル書籍で読んでいた)写真を撮影。
それを曲の中に全部取り込んで作ったとのこと。
音楽コンクールの課題曲としての要因もきちんと取り込んであるものでした。

今ではこの曲の楽譜まで購入することができるようになっています。


 「春と修羅」にはカデンツァがあり、コンテスタント4人それぞれの独自の音楽の世界が表現されています。

カデンツァは、自由に即興的な演奏の部分になるのですが、これがまた楽しかったですね。

この映画を作っていく行程を見てみたいと思いました。

どうやってこんなに自然な感じで俳優たちが実際に演奏しているように見せられているのか・・・興味がありますね。

批評は様々ですね。

私は、映画で音楽が楽しめたといった感じでよかったです。

間もなく終わってしまうため、ぎりぎり間に合ってよかったといった感じでした。

第8回トライフルコンサート 楽しんできました

昨日は午前中は個人レッスン 午後は生徒さんからご紹介いただいたコンサートに出かけてきました。

第8回トライフルコンサート Free Style さいたま市北区プラザノース1階ホールでの開催

トライフルコンサート


障がいのある人と共に楽しむトライフルコンサートということで2010 年から開催、今年で第 8 回目とのこと。
音楽を聴きたい、聴かせたい、誰でもが楽しめるコンサートというのがコンセプト。

会場はさほど広くはありませんでしたが、一番前の席は車いすの方たちでご年配の方たちが多くいらっしゃっていました。
障害があってもなくても楽しめるコンサート。

一部は Brass Breeze 金管五重奏 進行を担当した古土井さん。とても明るくてお話も上手でした。
皆さん好青年といった感じで、選曲もよく会場にいる老若男女 障害がある人もそうでない人も楽しめるものになっていました。

さっきfacebookも見てきたのですが、まだ結成されて間もないということもあるのでしょうが、あまり充実はしていませんでしたね。

レインボーブリッジをバックにサングラスをかけてダークな感じの写真をカバー写真にされていましたが、まったくそういうのとは正反対って感じでしたね(^_-)-☆

二部は賛美音

オリジナル曲だというTANZANITEは、どこかで聴いたことがあるような気がしました。

お時間になり、二部が始まる導入の部分もまだ席につききれていない車いすの方や介助の方たちを追い立てる感じにはならず、自然に音楽が始まりよかったですね。

フルート・ピアノ・パーカッションのアコースティック・トリオによるコンテンポラリー・ポップス。
3人のベースとなっているクラシック音楽の響きに、ジャズの即興性・柔軟性を融合した新しいスタイルとのこと。

主旋律に重ね合わせる荻原松美さんのパーカッションはとても素敵でした。

ピッコロの音色は問題がないのですが、フルートの音色はどうしてもピアノ パーカッションよりも弱く、もっとマイクを上手に使うといいのにと思いました。
牧田さんがアレンジをされているという曲、童謡なども楽しかったですね。
アンサンブルは時としてバラバラに感じてしまうこともありますが、とても素敵でした。

このところ忙しくて、コンサートにも出かけられていませんでしたのでとても癒しの時間になりました。

障害がある方が、一生懸命声を出したり、音楽に合わせて体を動かしたり、楽しそうでした。

賛美音のホームページを見ていてひとつ得た情報

タンザナイトは12月の誕生石でもあるんですって。

https://sanbion.jimdo.com/2017/10/31/tanzanite/

ターコイズが有名ですよね。私は12月生まれ。 4月の誕生石ダイヤモンドと比べてターコイズはなんて地味でしょ!
なんて思っていましたが、タンザナイトもあるとはしりませんでした。

やっぱり音楽はいいですね。

う~ん、今年ももう半年過ぎています。後半 やっぱりコンサートへのお出かけ。予定にいれようかな・・・。

汐留で「アラジン」

劇団四季が好きで、今までもマンマミーヤ ライオンキング オペラ座の怪人などを見てきているのですが、今日は汐留にある劇団四季「海」で開催中の「アラジン」を見てきました。

このアラジンは、とても評判が良くてチケットも半年以上先のものしか取れない状態です。

カレッタ汐留

確かに、評判通り素晴らしいものでした。 う~ん、もう一度見てもいいな!と思えるほど。

今からだと12月くらいのチケットしか取れないと思います。

大人も子供も楽しめるとても素敵なものでした。空飛ぶ絨毯、 どのように操作されているのか???と思えるような演出

ランプの精のジ―ニがとても素晴らしかったですね。

是非機会がありましたら皆様もご覧ください。

スカイラウンジのところからスマホで浜離宮恩賜公園を撮影したり築地のほうを撮影したり、宮崎駿さん作の大きな時計を撮影したりしてきました。

浜離宮恩賜公園

築地

大きな時計
今日は暑かったですね。


プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴30年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる