fc2ブログ
   
02
1
2
3
5
6
7
10
11
12
14
15
17
18
19
20
22
23
26
27
29
   

ビジネスクラスでフライト・・・?!

ちょっくらビジネスクラスで海外へ・・・なんちゃって。

ビジネスクラス1
実は急遽福岡に行く用事ができ月曜日に始発便で福岡へ
そして火曜日の夕方東京へ戻ってきました。
皆さんもご存知のように月曜日火曜日は関東はすごい強風にみまわれましたよね。

火曜日に早めに空港に行くと欠航になるかもしれない。羽田に降りられない場合は成田か関西空港に降りることが条件になると電光掲示板に出ていました。
そして約1時間の遅延。
17時の飛行機が17時55分ごろになるとのこと。
もしこの飛行機で成田だの関空におりることになったら、火曜日中に帰ってくるのが大変になると考えて、1本でも早い便に乗り換えようとJALのカウンターへ。
幸い空席があり1時間早い便に変更ができました。

遅延が起きているわけですから1時間早い便に乗れて定刻の時間と同じになります。(15時55分発が16時55分になっていました)
つまり帰ってこようと思った時間17時が16時55分になったわけで時間的には予定通りとなりました。

いつもでしたら早割といって安い運賃で乗るのですが、急でしたので正規の値段といった感じでした。
そして、私は時々エコノミーでなくクラスJというクラスのシートを値段があまり変わらないときは予約したりします。
で、航空便を変更する際に同じクラス クラスJ→クラスJになりました。

普段のクラスJはヘッドホンが違う シート大きく足の部分をあげられるなんて言う程度なのですが、変更した便は国際便でクラスJは御覧のようにビジネスクラスのSKYSUITEというものでした。

シート2024

5時間以内くらいで行ける海外でしたらエコノミーでもいいかなと思いますが、8時間を超えると結構しんどく感じます。
かなり昔ですがカナダに行った際に手荷物も機内に持ち込んで足元に置いたために足も伸ばせず、8時間以上座っていなくてはいけなくて結構大変だった記憶があります。

送られてくる旅行会社のパンフレットを見ながら海外旅行でファーストクラス・ビジネスクラスを見ると+100万円近くとるところもあります。
はぁ~とため息

ファーストクラス いやいやせめてビジネスクラスの乗ってみたいと思っていたので、思いがけない出来事に私は、あちこち触ってみたくて・・・。(笑)

リモコンは使えませんでした

シートがが自由自在フラットにも

シートはフラットになって眠れます。私はフラットにはしませんでしたが色々形を変えてみました(笑)
残念ながら国際線仕様を国内線にしているためいつも見ている映画やニュースなどは見られませんでした。
つまりヘッドホンをつけてリモコンを触ることができませんでした。
残念。
飲み物のサービスも同じなのですが、せめて気分を出すためにスープをお願いしてテーブルも出してもらいました。
CAの方にテーブルを出しますか?と言われてお願いをして頼んだのです。
ディスプレイまでの距離が遠いと思いませんか?
個室を与えられているわけですからね。

神様、まさかこれで我慢してもう経験したでしょ!ってことではありませんよね。なんて思ったりしました。

フライトは、とても順調で無事羽田に到着してくれました。
成田に着いた場合、どうやって帰ろう 関空なんかに卸されたら新幹線?と心配していましたがなんとか帰ってこられました。

普段からファーストクラスビジネスクラスをお使いの方には笑っちゃうネタですね。

スープで我慢
スポンサーサイト



写真展のご案内

今年もこの時期がきたのね、といった感じです。

生徒さんから写真展のご案内をいただきました。

まず 第38回 私がみつけた「埼玉の自然」フォトコンテスト
2024年2月14日水曜日~2月18日
10時から17時30分まで 最終日は15時まで
会場はさいたま市プラザノース展示室

第38回埼玉の自然

第20回全日本写真連盟ネーチャーフォト支部 支部写真展
2024年2月27日火曜日~3月3日日曜日まで
10時~17時まで
会場 埼玉県近代美術館一般展示室4

第20回支部写真展

お時間がある方はお出かけくださいね。

写真は人の写真を見ることも大事ですね。埼玉の自然フォトコンテストは、埼玉県にこんなところがあるんだぁ~なんていうこともわかりお出かけのヒントになったりします。

昨日は春一番が吹きました。夜中も風もひどかったですね。花粉症も始まりました。

私は寒い「冬」好きなので、早く春がくるのは実はあまりうれしくありません。

可愛いお花の撮影ができることだけが楽しみですが、時期がよめないのが辛いですね。

さて話はかわってWindows12のうわさがちらほら出てきています。

今年6月ごろに発売されるかも・・・とのこと。日本では夏ごろでしょうか。

ここまでWindows10を頑張って使ってきた人は、夏まで待つ方がいいかもしれませんね。

えっWindows11を購入したばかりなのに・・・という方もいらっしゃると思いますが、欲しいときがベストポイントです。

まだWindows11が12にアップデートできるかどうかは、発表されていません。

Microsoftのニュースに注目ですね。

チョット実家へ

チョット急用ができて実家に戻っていました。

月曜日から水曜日まで。水曜日は午前の講座をZoomでやらせてもらいました。

講義が終わり水曜日の午後の便で戻ってきました。

実家で父の書棚を見てびっくりしたことが。

野鳥の世界という雑誌を閉じたバインダーがありました。

野鳥の世界

デアゴスティーニ 「週刊 野鳥の世界」を綴じたバインダーでした。

一時テレビでよくコマーシャルをしていたこのシリーズを覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は父から野鳥に興味があるという話は聞いたことがありませんでした。

母に聞くと、父が興味があり定期的に取り寄せていたとのこと。

2011年頃の雑誌です。

そのころは私は全く野鳥に興味などありませんでしたからね。

父が生きていたら、今ならいっぱい話ができたのにと思ったりしました。

帰りの飛行機はB767 ちょっと小さな飛行機のため映画や音楽を聴くことができませんでした。

幸い窓際の席が取れたのでずっと雲海を見ながらのフライトでした。

富士山は全景を見ることができませんでした。雲海の中に頭がちょこっと出ているのをわかりますか?

富士山が見えますか?

雲海の中に富士山

そして夕景に

夕焼け20240207

そのうち父の野鳥図鑑をこちらに持ってこようと思っています(^^♪

AIの進化!興味を持つことが大事!

2022年11月にChatGPTが公開されて2023年はChatGPTを中心にAIのニュースが集中しました。

Microsoftが、Windows11のアップデートで2023H2を提供するとともにAI機能が追加されてCopilotという名前で統一されCopolit in Windowsが私たちのとても身近なものになりました。

スマホではbingというアプリをインストール(iPhone)して、気軽に音声入力できるようになりました。

先日の生徒さんも1週間ChatGPTとCopilotを使って、その特徴について何となく理解してきたとのこと。

文章を作るのだったらChatGPTの方が、出来上がった文章が読みやすい。Copilotのほうはあちこちからもってきた文章を組み合わせた感が残る感じがしたとのこと。

私も同じような感想をもっています。

ChatGPTは2021年9月までのデータしか持ち合わせていないために今の情報に対応されていません。

そしてCopilotには、チャットと作成と分析情報の3つの使い分けができます。
Copilotチャット作成分析情報


また会話のスタイルも より創造的に よりバランスよく より厳密に と同じ内容でも選択ができるようになっています。

Windowsのアップデートで追加された機能などは説明があるのですが、多くの人がなんだか邪魔だなと感じたりほとんど読んでいない人がいます。

こういうところで何が新しくなったのか、ちゃんと説明してくれているんですけどね。

Windowsアップデートにて2024012902

AIについても何ができるか書いてくれています

AI機能について2024012906

Copilotは、ChatGPTのバージョンよりも一歩進んだGPT4.0を無料で使える唯一のアプリです。
進化していっているのが使っているとよくわかるものです。
使ってみるとその便利さがわかってきます。

そしてちょっと出遅れた感があるGoogleのBARDもぜひ使ってみてください。試験運用などと書かれていますが使えます。
特にGoogleが得意なマップ機能やGoogleレンズ機能などが生きているなと感じる検索はほかのAIよりも優れているなと感じることができます。

ChatGPT CopilotとBARDは使用されている言語モデルが異なります。

BARDは、現在の情報についても対応しています。

そしてもっともっと今後注目されるであろうAIがGeminiです。

ぜひ「Gemini」をAIで調べてみてください。GPT-4を上回るパフォーマンスを持つと言われるものです。まだ身近なものになっていませんが、今後使えるようになると色々と面白いことができるかなと思っています。


まぁ上のようにマイクロソフトのアップデートで画面に表示されてもわからない というのを私が解説することが多いんですけどね。

今は変化の時。ちょっと興味を持ってニュースなどに注目しておきましょうね。

ITの世界は、ワクワク

先日ある人から「ITの新しいことをどうやって勉強しているのですか?」という質問をされました。

「単純にネットで調べて使ってみて勉強しています」「知らないことがわかるのはワクワクしますよね」というと

普通はそれができないんですよ。と言われました。

ワクワクするまでいかなくて、「どうせわからない」と思ってしまうとのこと。


昔々Windowsが巷に出始めた頃は、本を買い集めて情報を収集するしかありませんでした。

DOS時代、外付けの周辺機器をパソコンに認識させるには、今のように簡単にドライバーを入れることはできませんでした。

ひとつひとつ調べていく、間違えると使えないという状態でした。

私が最初に受験をした表計算の試験は、メニューを全部覚えなくてはいけなくてそれを全部書かせられるという質問もありました。
しかし、Windowsが出てきてパソコン通信からインターネットになって私たちは情報の多くをネットで得ることができるようになりました。

これは本当に素晴らしいことで、自宅にいてわからないことは検索をすればかなりの情報を得ることができます。

本気で調べるということが大事ですが、AIの勉強をしようと思えば、徹底的にそれらの情報を集めるということができます。

2022年11月にChatGPTが公開され、2023年は多くの人がその便利さを体感しました。

最初は画面は固まるしイマイチだったりしました。画像生成AIも変な合成されて気持ち悪いほど。それも1年の間に進化をしてきました。
調べてみる 使ってみる 試してみる 失敗はいっぱいしますが新しいことを勉強することはワクワクすることです。

調べることが大変だった時代を知っているから今の時代のすばらしさがわかるのかもしれませんね。

ITの世界は、この30年の間でもとてもたくさん変化してきました。

次々に新しいものが出てきました。今から30年前にこんなに全員がスマホを持ち生活をしているなんて想像できませんでしたからね。

先日の桶川市での講座でもパソコンでのAI講座をしている中で、ちょっと余裕が出てきたかな、というタイミングでちらっと「スマホを持っていらっしゃる方はアプリでもできます」というと、全員の方が待ってましたとばかりにスマホを取り出されました。

受講生は20歳代から80歳代まで。 30年前にこんな光景が想像できませんでした。

皆さん目を輝かせて「AI講座」を楽しんでいらっしゃいました。

誰でもワクワクすることを求めていますよね。楽しいこと新しい世界に興味津々です。

だからこの世界のことを続けていられるのだと思います。

ただね、写真の世界 今は画像編集加工アプリをつかっていますが、今はAIで白黒写真をカラーにしたり解像度が低く粗い写真を簡単に綺麗にできるようになってきています。

アプリを使ってやる意味があるのか?という方向に向かっている感じがします。

カメラ本体にもAI機能が搭載され、被写体を追随したり被写体の目をとらえたり手振れ補正ができたりできるようになっています。

フィルムカメラからデジタルカメラへ そしてAI搭載され誰でもが同じような写真が撮れるのは????

スマホで撮影すると誰でもが、実際よりも青い空が撮れたり夜景が綺麗に撮れるようになっています。

苦労して撮影して苦労して編集して・・・・という楽しみは 今後は違ってくるかもしれませんね。

いいような悪いような、時代の進化での変化で変わっていくものもしっかりと見て行く必要がありますね。

プロフィール

Nao

Author:Nao
ご一緒にお茶をどうぞ・・・

パソコン講師歴30年を過ぎました!パソコン スマホ タブレットを楽しくみなさんに使ってほしい!生徒さんからの質問に応えたり、便利な方法をご紹介したり・・・その他どうでもいいことも書き綴っています。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる