パソコン講師 峯岸直子のブログです。パソコンの話・遊びの話・友達の話を書いています。

先週の土曜日父からメールが届きました。

自宅のパソコンに迷惑メールがいっぱいくるから何とかしてくれ、ということと来年の年賀状のデザインをよろしく・・・というお願メールでした。

早速夜電話をして、父のパソコンを遠隔操作し、迷惑メールを受信拒否するような設定にしました。

あちこちから迷惑メールがきているわけではなく同じところから何十通もきているという感じだったためにドメイン拒否をすれば大丈夫といった感じでした。

年賀状・・・父上、いくらなんでもまだ早くありません?(笑)・・・まだ10月半ばだよ~ん。

たしかにお時間がたっぷりある父は、年末は年賀状作成がひとつのお仕事になっています。

だいたい11月中には表書きはすべて終わっていて、私が裏面を作成したデザインを送ってあげるのを待っています。

いくつかのパターンを作ってあげて、その中から気に入ったものを若干アレンジして使っています。

多分私が送ってあげられるのは12月になってからかな???

まぁ、何度かの催促があるはずです。

迷惑メールは、本当に邪魔ですね。でも削除しているだけでは、なくなりません。

これは根気よく受信拒否やルールを作成して削除、またプロバイダーのホームページでブラックリストに登録をしていかなくてはいけません。

一番簡単で効果的なのはメールアドレスを変更をすることですが、あちこちに登録をしている人は、なかなか難しいですね。

今回のセキュリティ講座でも自分のプロバイダのホームページを見ることを宿題にしたりしました。

お金を払って使っているプロバイダなのにサポート内容をご存じない方が多いですね。

プロバイダーには、絶対に削除してほしくないホワイトリスト(プロバイダによって名称は異なります)と絶対に削除してほしいブラックリストに迷惑メールのドメインの登録などができたりします。

ドメインというのは@マークの右側のこと。

必ず、ご自分で設定を確認をしてもらいたいところですね。

Gメールでも設定がありますよ。

Gメール迷惑メールブロック



sonetだとこんな感じで用意されています。
無料でやってくれますので一度自分のプロバイダにログインをして確認をしてみるといいですね。

無料でやってくれます

迷惑メールを削除する前にメールアドレスをメモ帳などにコピーをしてとっておきます。
それをブラックリストに登録していくというやり方です。

そうそう、メルマガなんかの登録をしていてそれが送られてきているものも迷惑メールと思っている人もいますよね。
きちんとしたルートのもの 発信元がきちんとしたものは、自分で解除することも必要です。

いちどメールアドレスが迷惑メールを送り付けるところに登録されると次から次へとアカウントやドメインを変更して送ってこられたりもします。めげずに対処していくしかないですね。

う~ん、来年は戌年か~。ワンちゃんだとかわいい年賀状が作れそうですね。

えっと11月中には父に送ってあげたいと思います。(^_-)-☆

スポンサーサイト
2017.10.17 / Top↑
今日のニュースリリースを見てびっくり。

「Wi-Fiの暗号化に使われるWPA2プロトコルに脆弱性があり、攻撃を受ける可能性があることが明らかとなった。」というのです。

現在開催している、「中高年のためのインターネットセキュリティ講座」 先週の金曜日にwifiの暗号化の話をしたばかり。

無料wifiで気を付けることとして、暗号化されていないnoneのものやすぐに解読されてしまうWEPには接続しないこと。
WPA2であれば…という話をしたばかりでした。


なんてこった・・・じゃあ、どうすればいいの?ということになるが、今回の話はすぐに私たちが危険にさらされるということではないけれど、脆弱性が見つかったということは、現段階では最も優れていると思われていた暗号化も安全ではないことがわかった・・・ということ。
気を付けなくてはいけないということです。

詳細は下記URLの記事を読んでくださいね。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1086255.html

無料のwifiはとても便利。でも危険なものもあるということ。

本当に心配な人は、私のように自分でポケットwifiを持ち歩くということになってきます。
そしてパスワードなどは定期的に変更をして、管理をすることが大事です。

次回の講座ではこのことについてもちょっと触れたいと思っています。

スマホの普及率は60歳以上の人達の場合5年前の6倍 48.2%の人たちが所有をしているのだそうです。

通信料の問題は、格安スマホが出てきてくれてかなり安く使える・・・という人もいますが、国民生活センターが公開した格安スマホのトラブルは、結構たくさんあります。


問い合わせ先が電話窓口しかなく、つながりにくい

修理期間中の代替機の貸し出しサービスがなく、スマートフォンが1カ月間利用できない

メールアドレスの提供がなく、別会社のメールアドレスで送ったが、相手にメールが届かなかった

などなど

国民生活センターでは、格安スマホに関するトラブルを避けるために、5つのアドバイスを送っています。
•自分の現在の利用状況を把握した上で、ホームページやパンフレット等で格安スマホ会社が提供しているサービスを確認することが大事ですね。


•今まで使っていたスマートフォン等の端末を引き続き使えるかどうか確認すること。

•中古端末を購入する場合、「ネットワーク利用制限」対象の端末ではないか確認すること。

•格安スマホ会社の回線を利用するための手続きと、利用開始日を確認すること。使い始めていないのにいきなり利用開始になって料金がかかるってことがあるようです。

•トラブルになった場合は、最寄りの消費生活センター等に相談すること。

格安スマホの会社は、MVMOと言って、自社では携帯電話の回線等を持っていません。

回線を持っているドコモやKDDI、ソフトバンクなどのキャリアから回線を借りて、サービスを提供しています。

安いということには理由があること、それらの理由をきちんと理解して使うことが大事ですね。

セキュリティのこともきちんと理解し、正しく使うことが大事ですね。

次から次へと目まぐるしく新しい情報新しい機種が出てきます。私も勉強をしながら、役に立つ情報が発信できればと思っています。

iPhoneを購入して2年。次の機種をどうしようか・・・悩んでいる私です。


2017.10.16 / Top↑
セキュリティの面で、Webメールを使うことはとても意味があります。

設定も簡単でどこからでも簡単にメールができます。

マイクロソフトアカウントでOutlook.comを使用できる。

ところが、Outlookメールを使うと添付ファイルが相手に届かないなどというトラブルがあるという生徒さんがいました。

調べてみるとマイクロソフトのブログ記事にこのことが取り上げられていました。

参考に読んでください。
https://blogs.technet.microsoft.com/outlooksupportjp/2014/06/06/outlook/


Outlookトラブル

なかなか書いてあることが難しくて、ではどうしたらいいの?というところがあると思います。
でもきちんと読んでくださいね。

別のサイトではレジストリを触るということが書いてあります。

送信側も受信側もOutlookを使えば受信できるようですが、相手の方にそれを強要することはできませんね。
色々な環境で使っている方もいらっしゃるようですので、ひとつの参考として下記のサイトも見てみてください。

ちなみにこれはご紹介だけで私は実際にやってみていませんので、自己責任で作業は行ってください。

株式会社とげおネット http://togeonet.co.jp/post-6931

とげおネット


2017.10.15 / Top↑
facebookのサークルスクエアに下記のような連絡がありました。

皆さんもこちらから入ってください。

掲示板


ログインのアドレスは

https://www.c-sqr.jp/loginform.php

今までのID パスワードを入れて入れます。
2017.10.13 / Top↑
いきがい愛の会 K様より第18回作品展のお知らせというハガキをいただきました。

お時間がある方はお出かけしてみてはどうでしょうか?
作品展

会員の皆様で使用している掲示板のサーバーがダウンしている様子。

Twitterに下記のようなお知らせがありましたがので、もう少々待っていましょう。

データがなくなったわけではないようですので。

お知らせ

iPhone iPadの皆さん、またアップデートがありましたよ。

11.03のバージョンになっています。

アップデートをしておいてください。
2017.10.12 / Top↑